2009年06月14日

福々亭@伊東

湯河原旅行の帰路、カボさんとS谷さんが伊東駅前の「福々亭」に行かれると伺って、是非にと御願いして連れて行って頂く。 4年前から湯河原に来る度に皆さんから、其の美味さを吹き込まれて居たのだが、伺うチャンスを逸して居た。 今回も湯河原に集合する前に御所様、FILE さんら多くのラーメンフリークの皆さんが詣でていらっしゃる。
快適なドライブ、小一時間で到着。 駅前の駐車場に駐めても1分掛らない程に駅に近い。 3名の方が御待ちのシャッター事情だが、帰る頃には10人以上の方が店先に屯す?状況に為って居た。 カボさんと小生が、醤油の「○特」、S谷さんは塩の「○特」。 暖簾には佐野実さんの御璽が有るので、支那そば屋さん系列なのだろう。 そう云えば、御主人の白衣は佐野さんスタイルだ。 其の御主人の麺上げは独特のスタイルだ。 平笊で華麗に掬っては、長くて太い菜箸で、コンコンと叩くのだ。 効果の程は判らないが、中々面白い御作法では有る。 平笊だから、と云う訳では無いのだろうが、一度に調理するのは3人前迄なのかも知れない。 丁寧な作業では有るが、最初のターンで入店すると待ち長い。 「○特」と云うのは、要するに具全部乗せみたいな物で、2種類のチャーシュウ、雲呑、味玉が入る。 だから、見掛けは盛沢山。 でも、何処かの店の様に何でも彼でも、と云う印象は無い。 スープはジェントルな旨味がタップリ溶け込んだ優しい味だ。 支那そば屋さんの味と云う感じは強く無い。 穏やかだが確り濃くも持たせたと云った風情で、成程、非常に美味なスープだ。 麺はツルっとした抵抗感の少ない自家製麺。 中太のストレート麺を少しだけ柔らか目に茹でる処が、御主人の拘りの様で、「麺かため」は出来ないとメニューに明記されて居る。 確かにこのスープの味わいには、固目の麺はしっくり来ないだろうとは思う。 麺自体の風味等には余り特徴が出て居ないが、スープと見合って居る。 スープ主役と申し上げても良いだろう。
カボさんも仰って居たが、雲呑の喰感が良い。 サイズも然る事乍、ツルっとして居て少しゼリー状の被膜に包まれた様な印象が有り、味わいも非常に宜しい。 此方も自家製なんだろうなぁ。 チャーシュウは前述した様に2種類で、肩ロースとバラ肉。 何方も其成に良く仕上がって居るが、チャーシュウだけで云うなら上位の店は少なくないだろう。 メンマは脇役に徹して居て、取り立てて特徴が無い。 味玉に関しては小生は苦手なので、コメントする資格を有して居ない。
全体としてとても美味しいラーメンに間違いは無い。 でも、亦、この一杯の為に伊東迄来るかと云うと難しい。 伊豆へのドライブの途中、湯河原からの一足延ばしてのドライブなら、是非、寄りたいと思うだろう。 如何にも綺麗で透明感の高い塩の作品もS谷さんに御願いして、フォトテイクさせて頂いた。
帰路の途中、カボさん、S谷さんに無理に付き合って頂いたのが、例の「箱根峠の御天気カメラ」が設置されて居る駐車場。 で、3人で控え目に?映って見ました。 次回は、もっとアップで、ね。 すっかり御二人の御世話に為って仕舞い、楽しい楽しいドライブを満喫。
Baku


posted by claris1 at 23:18| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

今日のめじろ 其の477

年に一度のめじろツアーも4回目を数える。
そんな前夜に代々木本店に集うのはコアなメンバーばかり。 奥の院の I 御所様を筆頭に皆さんが顔を揃える。 オヤジさんは翌夜の為に?体力温存と云う次第で欠席。
壱岐っ娘の摘みは、Mさんが差し入れて呉れたメンマ。 カボさんやS谷さんに御付き合い頂いて、グラスが重なるが、主麺は「焦がし葱ら〜めん」。 久し振りにノーマルな一杯。 醤油をコアにしたやや濃い口のスープの味わいが、以前よりも少しシンプルに為った様な気がしないでも無い。 麺は相変わらず良い印象だが、此方も少し加水率が高まった様にも感じられる。 ツルっぽさが増したのね。 川崎よりもややクオリティが心配な穂先メンマだが、御所様はメンコメンマの復活を御希望されて居らした。
さ、翌日の為に皆さん、早い撤収です。
Baku
posted by claris1 at 00:47| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西尾中華そば 其の22

金メジに伺うには少し早い時刻。 んじゃ、西尾さんの顔を見て行こうと、山手線を駒込で途中下車。 梅雨入り3日目は上天気。 湿度はまぁまぁだが、気温其の物が高くて、夕日にさえ当たりたくない。 汗を掻かぬベースで、前回とは打って変わってのんびりと昔乍の商店街を通り抜ける。
西日が差し込む西尾中華そばの店内は少し暑い。 厨房はもっとだろうから、夏に向かっての試練? この日は戸口を背にしたカウンターに着いて、西尾さんから軽井沢の「クーカルラーメン祭」等、色々と御話を伺い乍ビールを一杯。
あのブログにフォトが掲載されて居た秘密の?一杯、つけ麺が出来ると仰るので、有り難く頂戴する。 西尾さんが仰るには、「鴨南蛮風で豚」との事。 初口に少しの酸味も感じたが、魚介由来かしらん。 飲み進む内に印象が変わって来る。 スープには豚の薄肉が浮き、葱も同居。 だが、見掛け以上にこの温かい醤油ベースのスープは単純では無い。 複雑でもスッキリ。 つけ麺のスープだから濃い目の味付けだが、比較的サッパリと云う巧みな味わいだ。 中華そばの甘さをベースにしたスープと違って、醤油っぽさもそこそこに出して有る。 麺は中華そばと同じあの玉蜀黍麺だが、意外につけ麺にもマッチする。 この細さなのだから祭りが心配に為るのだが、其処は経験豊富な西尾さん、ササッと造り乍、水切りの程合いが巧みで、細くてネッチィ麺の1玉半を固まる事無く盛り付けた。 この辺りが流石なんでしょうね。 勿論、直喰いもして見たが、この玉蜀黍麺の素質、クオリティは充分に感じ取れた。 成程、こう云う素性の味がするんだ… 一杯、一杯、拵える今の手順だとスープ割りを提饗するのが大変かな? 小生は割る事をせずに生(き)で頂いたが、少し時間を置いて落ち着いたスープは、更に旨味が昇華する印象だ。 此処の処、西尾さんの賄いは此との事で、随分とインプルーブしての登場と云う次第。 此は御薦めですね。 スープも冷たい、冷やしつけ麺も期待して仕舞うなぁ…
Baku
posted by claris1 at 00:13| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

今日のめじろ 其の476

川崎のめじろ、伺うのは何時以来だろう。 すっかり、祐貴社長にも御無沙汰して仕舞って居た。 階段を下って製麺室を覗き込むと粉に塗れて、祐貴社長が奮闘して居る。 小生が手を振ると忙しい中、手を止めて外へ出て来て呉れる。 この日の厨房は、Kさん、Aさんに、シニアのI さんも… 御無沙汰しました。 其れにホールにはMちゃんと賑やかだ。 勿論、客席も繁盛して居り、遂には100%の満席に! 此は忙しいなぁ。 ピークを少し外れた時刻だったと云うのに、この勢いは凄い。
御渡しした喰券は「冷やし中華」。 本店で一度頂いた切りだ。 KさんとAさんのタッグで調理して頂いた。 こんなに御客様が増えるとは思わなかったのだが、手数の掛かる作品を御願いして申し訳ない気分だ。
扨、饗された作品にはスライスされた玉子焼き、ミニトマトや胡瓜が配らわれて居り、見掛けは冷やし中華そっくり…って、其れをオーダーして居るので、当然だが(笑)。 でも、テイストにあの酢は居ない。 マイルドな胡麻の風味を基調にしたスープに浸された麺。 両者のマッチングが非常に良い。 特に社長謹製の麺は、適当な腰に嫋やかさも有り、ツルっとした喰感も楽しめて優れた麺に為って居た。 見た目を楽しんだら、全麺的にスープに和えて仕舞うのが更に美味しく頂けるノウハウだ。 特筆したいのは、焦がし葱。 パッサリ揚がって居るし、香ばしさが特上。 そして、適切にカットされたこのサイズが好みだ。 本店の焦がし葱は、小生には少し大きいのだ。 更に一部で不評な(笑)、穂先メンマも小生は好きだし。 但し、もう少し柔らかいと穂先メンマの特徴をもっと楽しめるだろう。 うん、大いにエンジョイさせて頂いた。 祐貴社長に依れば、来週には更にクオリティの上がった作品を提饗出来るとの事。 其れは益々、楽しみな事だ。
Baku
posted by claris1 at 23:31| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

ぽっぽっ屋@小伝馬町 16回目

梅雨入り後の初雨が止んだのか、止んで無いのか、微妙な霧雨の中を小伝馬町に向けて歩く。
急に蒸し暑く為った様に思えるのは、気の所為だろうか? このテイストを喰べたいと思う時は、近くの「元二郎」では無くて、少し足を延ばしても、ぽっぽっ屋迄行きたく為る。 何の追加も変更もせずにノーマルなラーメン、730円を御願いする。 此処もスープの味がブレ無い事には定評が有るのだが、この日のスープは心持ち甘いかな。 普段よりも更に野菜の甘味が凝縮されて居る様に感じた。 亦、醤油の味も濃いかな… 詰まり、何時もよりももっと濃厚な印象。 でも、だからと云って、其れが美味しく無い理由には為らなかったので、まぁ、良いか… 大量の蘖の下に隠れて居る麺は、あの極太縮麺。 やや粉っぽいばかりの小麦粉風味が、好きだ。 相変わらず木耳は御負程度で、凪@渋谷の10%にも満たない量だ。 スープに浮かぶ背脂にビビって、残ったスープは蓮華で2掬だけに留める。
Baku
posted by claris1 at 23:27| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凪@新宿 其の177

渋谷の坂を下った処で未だ19時。
ディナー迄未だ2時間もインターバルが有るので、この夜、五所川原から休暇を挟んで、新宿店に復帰したバンタムさんの顔を見て行く事にした。 凪梯子と云うのも、初めての経験。 折角なら初めて尽くしで、副都心線に乗って新宿3丁目に向かう。 渋谷駅から飯能行なんて、新鮮な感じがする。 もう直ぐ横浜中華街から飯能迄が直通で結ばれるのかしらん?
花園神社の境内を抜けて、ゴールデン街の御店の前へ。 何だか電飾が増えて居る様で、派手な印象に為ったが、急階段の上は更に大賑わい。 其の御蔭でS谷さんでは無く、若い女性の御隣の席に。 御嬢さんには御迷惑だったろうけれど… ムタさんとバンタムさんの御二人のオペレーション。 生田氏は五所川原の残務処理?に行って居るとか。 屹度、前島さんの御手伝いだな。 バンタムさんに久し振りの御挨拶と五所川原へ伺わなかった不義理を詫びて、ビールを1杯、2杯。 娘の噂話等を伺い、楽しく過ごして居ると、や、ヤバイ…21時が迫り、慌てて失礼して来る。 ムタさんの御摘みだけで、煮干ラーメンは、この夜もパス。 御免なさい!
Baku
posted by claris1 at 00:36| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凪@渋谷 其の176

この夜のディナーは、欧州ばりに21時スタートとの事。
其迄、オフィスで待つのも能が無い話なので、比較的早い時刻に渋谷の坂を上る。 先日は車で伺ったのでビールも飲まずに帰り、消化不良気味だった。 (否、消化は良かったのかも…) で、この日は、少しゆっくりしようかと云う意気込。 未だ御客様が少ない時間帯でも有り、夏さんが相手をして下さるのを良い事に、世界一のサントリービールで乾杯。 Mさん差し入れのピリ辛蘖を肴に中々をリクエスト。 凪で中々が呑めるのは、本当に嬉しいな。 一品物を少なくしてラーメン主体の営業形態にしてから、余り焼酎を呑む人は多く無いのかも知れない。 グラスを2杯空にした処で、Mさんに造って頂いたのは、「モヤシラーメン」。 最近は、此れが多いのだが(尿酸値検査が怖い)、どうにも止められない。 前回のメニューリフレッシュから、博多豚骨一本に為ったのだが、「濃厚」と謳うだけ有って可也の手応え、舌応え。 偶にはライトな凪豚骨が偲ばれるが、博多豚骨スープでも豚の嫌味が無いので、其の点は安心だ。 以前は久留米麺をエンジョイし、自家製麺に変わってからも、この麺は宜しい感じだ。 もう少しパキッとした感じが久留米麺の様に出せれば、云う事は無い。 西尾中華そばのネッチィ麺と対極を為すって事だ。 相変わらず、蘖だけで無く木耳も不断に乗って居るのが嬉しい。 このキコキコした口当たりは嫌いじゃ無い。 このサイズの木耳は、最近では他で見掛けない。 扨 余り呑み過ぎない内に坂を下るとするのが得策だ。
Baku
posted by claris1 at 00:15| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

燦燦斗@東十条 其の40

渦の翌日は燦燦斗、のパターンで東十條に向かう。
到頭、東京も梅雨入りしたと云うニュースが伝わって来た。 未だ雨は降り出しては居ないが、鬱陶しい季節に行列は嫌だとタイミングを計って遣って来た。 暖簾を潜って、思わず「こんな日も有るんですねぇ…」と云って仕舞ったが、前客1、後客も4名。 こんなにゆっくりとした営業の燦燦斗は、2年振り位だ。 小生が頂く順番としては、つけ麺の回なのだが、前夜の渦での早いピッチの太平楽が災いして、少し御腹が凭れ気味。 で、この週もラーメンを頂く事にする。 前回は少し濃度の低さを感じないでも無かったのだが、この日はパーフェクト。 実に旨い。 気を付けて居ても、スープをドンドン消費して仕舞う。 こんなに飲むと、喰後の黒烏龍茶が必須。 魚介豚骨はもう燦燦斗でしか頂かなく為って仕舞ったが、其れが当然の様に小生の好みの味わいだし、スープの喰感、否、飲感で有る。 節の香りと太くて歯応え、喉越しともタップリの麺。 此を頂きに足を運ぶので有る。 いや、満足、満足。
Baku
posted by claris1 at 23:26| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のワイン 其の290

ヴィラ プッチーニ
VILLA PUCCINI IGT Toscana 2006
雑誌に掲載されたばかりの渦に少し早目に伺おうとオフィスを出て来たのだが、流石に早過ぎるかと余計な買い物に精を出す。 この1本も誠に不必要な買い物だったと後悔仕切だ。 随分、考えて選んだのだが、安物買いの銭失いと云う残念な結果に…
大体、インポーターのラベルに「スーパー トスカーナ」なんて謳って有る場合は要注意なのだが、ろくにチェックもせずにレジへ運んで仕舞った。 サンジョヴェーゼ90%で残りがメルロー。 そうそう、可笑しなテイストには為らない筈なんだが… そう思って想い出す所為か、妙に明るいカラーでブーケは弱かった。 そして、消毒液の様な香りが微妙に伝わって来て、果実香を損ねる。 そして、口に含むと思わず顔を顰めたく為る程に薬品臭がする。 嗽薬? 劣化して居るとかブショネとか云う印象では無いと思うのだが、こう云うエスニック(思いっきり良く表現して)なテイストなんだろうか。 殆どテイスティングだけで止めて仕舞った。
ネットでの売り文句の中に「特徴的な香り」と云うフレーズが有るが、此れかいな… ワインスペクター誌のベストバリューとか云って居るしなぁ。 其れに一般ユーザーのネットでの評判に此程の酷評は無い。 別なヴィンテージでもう一度チェックして見たいな…
Baku
posted by claris1 at 01:16| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の渦 其の223

普段よりも1本早い小田急で本鵠沼に到着。 この日に発売された「横浜 Walker」にエラく大きく、イケメンに掲載されて居たので、沢山の読者が集まるのではないかと案じたからだ。 其の甲斐有って、シャッターポールだったが、何時もの電車で来たら、4番手だった、な。 初めて来られたと云うラーメン好きの御兄さんに確り営業活動(笑)をしつつ、開店時刻を待つ。
この日は飲みたいワインをぶら提げて来たので、奥のカウンターを占めたかった、と云う事情も有る。 でも、1杯目にはビールを御願いして、喉をクリアにした処で、R子さんに抜栓を御願いする。 だが、このボトルは失敗。 嗽薬の様で小生は苦手のタイプ。 2杯で諦めて、太平楽に切り替えて仕舞った。 折角、ハーブローストポークを頼んでコラボを楽しもうと思ったのに、がっかりだ。 いや、ポークの方は何時も以上に美味い。 黒胡椒が適切に効いて居て、実に素敵で、其れだけに悔しさも募る。 まぁ、そんな事も有るさ… 気を取り直して、あの蓮芽(と呼ぶ物の実は「芽」では無く、幼い「根」らしい)の梅酢漬を頂く。 予想した様に太平楽とはバッチリの相性の良さだ。 本当はワインの友に為る筈だった、ボイルドウィンナーも御願いして有った。 ウィンナーひとつにしても、芳実オーナーは丁寧に茹でて呉れる。 弾けさせては台無しなので、プリプリパンパンで提饗される。 いや、ウィンナーがこんなに美味いとは再発見で有った。 何故、あのワインは… いや、もう止めよう。 怒りに任せて? 太平楽のピッチが速かったかな。 最後の一杯は胃の腑に落とし込む事を断念して、主麺を御願いした。 何を御願いしたかと云うと、「湘南シーサイドクーラー」。 「横浜 Walker」で発表した夏のスペシャル。 当然、この日からの提饗なのだが、既に昼の営業で饗されて居たので、初杯では無かったのが残念かも。 雑誌にもコメントされて居たが、コンセプトは「地産地消」。 湘南の喰材を日々の仕入れでアレンジするそうだ。 雑誌のフォトは赤大根だったが、この日は新玉葱(シャキシャキで血液サラサラ)と胡瓜が配われて居る。 薬味の葱に岩海苔が加わる。 チャーシュウは十八番の鶏。 そう、冷やしの作品なので有る。 其れが「クーラー」の所以。 スープと麺は基本的に醤油の冷やしらぁ麺をベースにして居るので、美味さは折り紙付きだ。 そう思って口にするので、通常版の冷やしよりも更に清涼感が増した様で、人気メニューに為りそうだ。
地元の喰材は野菜に限らず、地魚や豆乳迄、広範囲に扱うので、和えそばやつけ麺に為ったりもするそうだ。 此れで楽しみも亦、広範囲に為ろう。 ワインのガッカリを充分に埋めて呉れた、渦作品の面々(麺々)で有った。
Baku
posted by claris1 at 00:46| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。