2009年06月27日

虎の食卓@岩本町

この御店も FILE さんのブログで知った。 前日にオープンした「がんこ」の新店。 「池袋がんこ直営店」の貼紙が有るが、がんこ初心者としては難しい話は良く判らない。 開店から3日間はスペシャルのみの提饗だそうで、毎日内容が違う。 だから、3日間通い通す(日本語は難しい)人も少なくないとか。
JRの高架下に並ぶ店のひとつで、「山形屋の左側面」と云う FILE さんの表現通りの場所に有る。 オフィスからは徒歩20分の距離で、業務都合で13時過ぎに到着。 丁度、フルシートで少しだけ外で待ってカウンターに着く。 奥のカクンターにはハルヲさん、御隣には達人っぽい女性の方。 ラヲタと云うよりラプロみたいな玄人の雰囲気を漂わせて居る。 どうも、有名業界人らしい(笑)。 「写真、撮らせて頂きます!」、バシャ!! す、凄い…迫力で有る。
開店2日目のこの日は烏骨鶏、牛すねの醤油ベースのスープだ。 スペシャルだからなのだと思うが、作品にはスープのしょっぱさ(其程では無いが)以外に「がんこ」を思わせる要素は少ない。 濃厚な鶏醤油スープは、確かにしょっぱさが美味さのコアに為って居るのだが、煮干や動物系の味わいも充分に感じられる。 煮干は臭いものでは無いので、気には為らないが、其れなりに香る。 此れも一番、小生のがんこイメージから離れて居る部分だ。
麺は中太迄は行かないやや太いストレート麺で、此れもがんこの黄色い細縮麺とは全然違う。 今回の麺は、とても香ばしい風味がする。 焦がした小麦で作った粉を混ぜたのではないかと思う程だ。 飽きるかも知れないが、好きなテイストだ。 チャーシュウは脂身が多いものの、見掛け以上に柔らかいタイプで、味付け自体には其程の特徴が無い。 一方で、メンマは色も味も濃い。 このスープなのだから、薄味では無意味なのだが、此処迄濃厚なメンマは初めてかも。 薬味の葱は斜にスライスした白葱だが、やや晒しが不足して居るように感じて仕舞った。 麺量は中盛がデフォルトで、大盛が50円増し。 がんこらしく、コッテリとアッサリが選べるが、コッテリに加える背脂の量はハンパじゃない。 勿論、小生はアッサリを御願いしたが、此方には背脂は無し。
狭い店内(2階席も有る)は暑い。 今から此れでは先が思い遣られる。 もうひとつ気に為ったのは、調理時間が長い事。 御隣のプロ姉さんが喰べ終えて出て行かれても、未だ次の一杯が出て来ない(4杯同時調理)のは、改善されるべきかと思う。
店主殿のふとした所作や掛声が、末広町の八代目のオヤジさんに似て居るのが、一番のがんこらしさ?。 翌日はスペシャル最終日で、「悪魔ラーメン」だそうで有る。 何度も噂を耳にした作品名。 ハルヲさんは「明日も来ます」と去って行かれたが、FILE さん初め、がんこシンパが集結する事だろう。 小生はスペシャル期間が終わってから、ノーマルな作品がどれ程「がんこ」なのかを確かめて見たい。
Baku


posted by claris1 at 01:06| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帝王賞@大井競馬場

2009年もこの日が遣って来た。
最近は競馬からすっかり足を洗った感の有る父娘で有るが、帝王賞と東京大賞典の時は大井競馬場に足を運ぶ。 馬友氏が、何時も苦労して我々の指定席も取って呉れるからだ。 もう少し早く、出来れば開聞時刻に到着したかったのだが、珍しく仕事熱心で、更にはひるがおでユウタの顔を見て行った(昼喰をスキップして、時間を節約して居たのにね)ので、もう16時30分に為ろうかと云うタイミング。 娘はドタキャンこそ避けられたが、当初は1Rからと云って居たのに到着したのは、更に2時間半遅れ。 この日はメインRと最終Rが勝負レースだったので、まぁ、其れも良いだろう(余計な銭失いもしなかった?)。
帝王賞が本命・対抗で決まるだろうと云うのは、皆さんの予想と同じだが、貧民ベッティングでは、この馬券を買っても仕方が無い。 其処で3着に人気薄の馬が来る事を期待して、9通りの3連単で勝負。 1,2番人気の2頭に依るマッチレースは中々見応えが有ったが、最後は武豊騎手の馬が地力に勝った。 で、一番来て欲しくない3番人気が3着に入ってしまい、結局、1800円のプラスにしか為らなかった… まぁ、そんなモンだな、世の中って奴は。
表彰式のプレゼンターは、アントニオ猪木さん、ダーっ。
Baku
posted by claris1 at 00:54| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

ひるがお@東京ラーメンストリート

1週間前にオープンした東京駅八重洲地下街の東京ラーメンストリート。 六厘舎は2時間待ちとか云う話も伝わって来て居り、とても足が向かない。 だが、この日は15時過ぎと云う可笑しな時刻に遣って来た。 こんな時刻でも六厘舎は1時間半待ちとスタッフが叫んで?居る。 一方で、むつみ屋には行列が無い。 明ら様な人気の差が有る。 小生が選んだ店は「ひるがお」。 行列は10人で15分待ちとの事。 此処は追加店舗では無く、新宿店が移転して来たと云うから力が入って居るのだろう。 其の新宿の御店には、ユウタが修行して居た時期が有り、訪ねて行ったら、社員旅行とかで臨時休業だった残念な思い出が有る。 当然、其れから一度も伺って居ないので、今回が「初ひるがお」。 店内ではこの日だけのヘルプだそうだが、ゼロのユウタ店長もキビキビと動いて居る。 装いが一人だけゼロ仕様だが、なんと麺上げ担当のキーパーソンとして腕を奮って居る。 案内された席が丁度、彼の目の前で具に活躍の様を見て居たのだが、何時の間にかプロの風格が(少しだけ)漂う様に見えた。 手際も良いし、アクションに切れを感じる。 其れにしても重労働だな… 常に10人から20人の行列が維持されて居ると云う事は、常に造り続けて居ると云う状況だ。 細い割には筋肉が目立つ二の腕が、少々逞しく見えた。
頂いたのは基本の塩ラーメン、700円。 本店は昼営業のみで塩専門、と云う位は小生でも知って居たが、確か新宿の時は醤油も有ったと聞いて居る。 だが、此処は「塩専門」で「ひるがおは塩だけ」と判り易く為った。 透明感の高いクリアなスープは、味わいもスッキリして居て、中々上品なベースのスープだ。 だが、評判店だけ有って、旨味が充分に溶け出して居て、インパクトと云うか塩らしからぬコクが有る。 白髪葱の上の黄土色のパウダーは、魚粉だろうか。 スープの煮干度は低いと云う訳では無い。 当世、一般受けするだろうレベルに維持されて居るのだが、 小生的には、もう少し控えて貰ってもハッピーだ。 このパウダーが魚介風味を更に高めて居るのかしらん? チャーシュウは、ホロホロタイプだが少し厚みが有り、独特の喰感とテイストだ。 中華料理屋さんのスープに浮いて居るような薬草風味?が漂う。 好きな人には大受しそうだ。 他には岩海苔とメンマ。 スープのテイストとのマッチングを良く検討して造られた印象で、流石に「塩専門」と謳うだけの事は有る。 麺は面白い。 知って居る人には、ひるがおのアイデンティティーとして認知されて居るのだろう。 断面が矩形で有る。 其れも縦横比の大きい長方形で、其れに依る喰感は嫋やかだが、ツルツルと云う印象では無い。 少しだけ「喰べる」イメージが湧く。 いや、喰べるは当然なのだが… 風味の良い麺で、味わって頂く気分。
トータルとして、この一杯には「流石」を感じる。 大量連続調理(一体何杯出るんだろう?)で、この味を維持出来るのは、調理方法と云う別なノウハウが有るのだろう。 小生が伺ったせたが屋グループの御店は此れで3軒目に為るが、此迄で一番小生に合った作品だった。 ユウタが居なくても、オフィスに近いし、亦、来て仕舞いそうだ。 でも、昼休みの混雑は凄そうだなぁ。
Baku
posted by claris1 at 23:39| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の渦 其の225

何だかかんだかと慌ただしく、20時を廻ってからオフィスを出る。
当初の予定は久し振りの「夜の東十条」だったのだが、too late 。 で、湘南ライナーに掛け込んで、藤沢で下車、本鵠沼へ着いたのは、21時半頃だった。 店内を覗き込むとほぼ満席に見える。 躊躇して居る内に新たな御客様が入店されて… どうも判断が悪い。 この日はツイて居ないのかも知れない。 携帯箸は失くすし、ネクタイをラーメンの丼に浸し、ネクタイに付いたスープがズボンの恥ずかしい部分を汚すし… あー、最低だ。 翌日の帝王賞の為に悪運を吐き出したと理解しようっと。
怪しい行動の後、御客様が帰られて席が開いたのを確認して扉を開ける。 火曜日は常連さんの多い曜日では有るのだが、この夜は特にフルキャスト状態。 皆さんと御話出来るのは楽しい時間だ。 やっぱり、来て良かった。 ビールを一杯頂いた後は、太平楽。 新しいボトルを出して頂いて、パコパコと… いかん、何か喰べないと。 少し酔っ払って、「何か、適当に…」等と叫んで仕舞った。 で、蓮芽の梅酢漬と鶏唐(「今週、揚物は初めてですか?」)が目の前に。 流石に小生の嗜好を良〜く御存知と云う訳だ。 此亦、嬉しく頂くが、このスッキリ爽やかな蓮芽梅酢は、気分迄もサッパリとさせて呉れる梅雨時にピッタリの一皿。 鶏唐は文句無しに美味い。 大根卸を絡めて頂くと最高だ。 実はこの日、西尾さんの山賊焼を喰して居たのだが、あれは「焼き」と云う事なので、揚げて有った事は秘密。
常連の皆さんはシャッターで来られたので、22時を過ぎると引き上げられる。 当方は、と云えば、オーダーストップのタイミングに鵠沼枝豆を頂いてから、タクシーを呼んで頂く。
いやぁ、最初に無肴でピッチを上げた所為か、翌朝はチト頭痛が… あれ、麺喰した記憶が無いのは何故?
Baku
posted by claris1 at 00:25| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

西尾中華そば 其の26

この日は西尾さんが信州鶏の山賊揚(山賊焼が正しいそうだが、実際には「揚げる」との事)を造られると伺って、駒込に向かう。 先日頂いて、とても美味しかった事を覚えて居る。 今回も期待を抱えて霜降商店街へ。
この日は32度の気温予想で、真夏を思わせる陽気で湿度も高い。 そんな気候を理由にビールを御願いして仕舞う。 そして中華そばに山賊焼だ。 砂肝も頂いて仕舞い、すっかりリラックスモード。 この日の山賊焼はスープには浮かべないで、別皿で饗される。 前回のトライアルで少し油が出過ぎたから、と西尾さんが仰る。 腿肉と胸肉、西尾さんは前者がベターと仰るが、両方とも美味しい。 実は今回の鶏は、あの信州農場では無いのだそうだが、長野鶏で有る事には変わらない。 やっぱり、素材が良いと腕も活きると云う事かな。
中華そばは何時もと変わらず、良い滋味に溢れて居る。 この独特の香りの一杯が良いよなぁ… そう思って下さるジモッチーも沢山いらっしゃる様で、差し入れが有ったり、隣の店に出前?をしたり、もう此処で10年も営業して居るかの様だ。 西尾さんは料理ばかりで無く、人脈を作り上げるのも得手とされて居る。 小生には出来ない事だ…
最後に常連のHさんが持って来られたと云う玉蜀黍のウィスキーに似たアルコールを少し舐めさせて頂く。 中華そばの玉蜀黍麺にピッタリ…かどうかは判らないが、旨い酒で有る。 この日は、ビール、砂肝、山賊焼、玉蜀黍ウィスキーに中華そばと豪華な喰事。 其れを埋める様なアンラッキネスは、携帯箸を紛失して仕舞い、アヤカ箸を渦以外で初めて取り出す。 亦、高い位置のティッシュペーパーを取ろうとして、ネクタイがスープに…、更に其れがズボンを叩いて… 奥さんに叱られそうだ。
Baku
posted by claris1 at 23:48| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凪@渋谷 其の180

この日は江東区のオフィスで上がり。 月曜日だし、NCSは御休みだ。 で、連日の夏詣。 開口一番、「昨日、駒込にも行かれたでしょう!」。 未だブログにも上げて無いのに良く知ってるね。 この日は凪の会議だったらしく、其の重要課題として小生の動向が報告されたらしい。 凪の会議も国家レベルに為った証で有る。(笑)
扨、既に尋常では無い暑さの厨房には、夏さん。 ホールをMさんが担当。 其のMさんにサントリービールを御願いする。 摘みには、キャベチャーと餃子。 キャベツタップリのキャベチャーは、タレやチャーシュウの旨味がキャベツの甘さに絡んで、とても良い感じだ。 凪餃子は最早云う迄も無く、モチィ〜と云う喰感が味以上?に嬉しい。 Mさんに「中々」をロックで御願いする。 中々が他の焼酎と同じプライスで頂けるのも、最近、小生が此迄以上のペースで凪@渋谷に御伺いする理由のひとつだ。 流石に焼きラーメンは無理だと御腹が訴える。 で、モヤシラーメン… 直前に交わしたメールで、Mさんが痛風アラートを送って来て呉れて居たのだったのに… でも、美味。 濃厚さが本の少し抑えられて居る様で、小生は寧ろ歓迎。 改めて思ったのは、麺の細さだ。 以前にも増して細い。 濃厚(この日はそうでも無かったが)豚骨に極細麺と云うのが、最近の凪スタイルだ。 此だけ細いと濃厚スープに埋もれて仕舞わないかと少し心配に為る。
翌朝も早いので、最終のライナーに間に合う様に新南口に急ぐ。 ヤレヤレ、間に合った…
不思議な事に携帯箸のフォトを何気無く1枚、2枚と撮った。 こんな事は初めてなのだが… 翌日にこの箸を紛失して仕舞い、このフォトが遺影と為って仕舞った。
Baku
posted by claris1 at 00:49| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

今日のめじろ 其の481

前夜に祐貴社長からメールが入り、是非、本店に来て欲しいとの事。 リクエストに従って、代々木に向かう。 この日は社長自らが仕込等を担当され、先日の川崎店の時と同様に自信が有る様子だ。 頂いたのは、勿論、焦がし葱ら〜めん。 小生が一番判る一杯。
確かにスープは此迄よりは濃く為った。 勿論、ただ濃く為っただけでは無く、輪郭がはっきりしたと云うか、全体に引き締まった印象だ。 川崎店とは麺が違うので、其の所為かどうかは判らないが、麺と絡めると先日の川崎店のスープよりは、少し大人しい印象に為る。 祐貴社長に依れば、川崎店の方が少し濃かったとの事。 小生程度のレベルでは、濃く為れば深みも増したと表現して仕舞う事が多い。 前回や今回の様に祐貴社長に力を込めて、さぁどうだ、と迫られると、此方の未熟さが露呈して仕舞う。 この作品は、鶏の風味と豚のテイストのバランスも良い。 此以上鶏風味を強めると、マイルドに為り過ぎて仕舞うとの事。 難しいモンで有る。 チャーシュウは肩ロースの素材の良さが引き出されて居て、スープに浮かべる限りは、充分に美味しいと感じられる。 メンマは前回から以前の幅広タイプに戻ったが、此方も非常に好みだ。 焦がし葱も香ばしさが良く出て居るし、オイリー過ぎる事も無い。
確かに改善ポイントを幾つも感じる。 元々、めじろのスープは穏やかな中に確りしたコアな旨味が有ると云う、洗練された味わいだった。 だから、小生の様な未熟者には都度の違いを判別するのが難しいケースも有る。 特に深みとか複雑味とか為って来ると、人に依って印象も様々だろう。 そんな難しい喰物を相手に仕事をして行くのは、本当に大変だ。 3回生まれ変わっても、小生には無理だな。 次回も亦、楽しみにして伺おう。
Baku
posted by claris1 at 23:53| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西尾中華そば 其の25

夏さんと別れて、渋谷の坂を下る。 そう云えば、この日の西尾中華そばは、夜は御休みだった筈、等と考えて居ると、西尾さんの顔も見たく為って、山手線の外回り電車に乗って仕舞った。 相変わらずの篠突雨の中を霜降商店街へ向けて歩く。 駒込駅からの道にもすっかり慣れて、何処に何の御店が有るのかも頭に入った。 もう、15時近いので、流石のNCSも前客1と云う状況だ。 西尾さんも漸く一息付いたタイミングだった様で、そんな時にこんな客?が着いて仕舞った。
此処の処、つけ麺ばかり頂い居たので、この日はノーマルな中華そばを頂く。 あの西尾さんのスープ… 少し香草風味を感じる醤油スープは、甘さは随分控え目に為って来た。 玉蜀黍麺に甘い味が忍んで居るので、このスープとの相性がとても良いのだが、スープの甘さを控える事で、スープの隠し味的な甘味が適度に引き出されると云う巧みな印象に為った。 このスープは中々、ツウな造りに為って居る。 何れにせよ、複雑な味わいを親しみ易くアレンジした処が、西尾さんの腕と云う訳だ。 夏さんの鶏白湯を頂いた後なので、流石にスープの完飲は難しかったのだが、「西尾中華そば」はやっぱり一流の作品と再認識した次第だ。
夏さんと西尾さんの連荘は何だか楽しい。 あ、生田氏…は、娘に任せて置くか、な。(笑)
Baku
posted by claris1 at 00:37| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

凪@渋谷 其の179

明方迄、渦の芳実オーナーやMさん御夫妻、常連の方々の宴の末席に… 楽しい時間だったが、寝たのは夏至の早い朝がすっかり明け切った頃。 尤も梅雨らしい本降りの雨で、清々しいと云う天気じゃない。 当方も呑み続け、喰い続けたので、体調も清しい訳でも無い。 前日は歯医者からこの宴会?迄忙しいスケジュールだったので、日曜日はのんびりしたい。 こうして車窓から眺めれば、雨も亦、趣が有る。 雨の日を好きに為れれば、憂鬱がひとつ減ると云われるが、此れ位なら小生の様な凡人にも出来るかも知れない。 そんな他愛も無い事を考え乍、渋谷に向かう。 土曜日に西尾さんの顔を見たのだから、日曜日は夏さんだ。 前日の夜にはスペシャルな鶏白湯が饗された筈で、伺えなかったのは残念至極。
傘を片手に FILE 坂を上り、カミニートの看板の下へ。 厨房には、夏さんのデカイ躯体がモゾモゾと蠢くのが見える。 少し待って、開店。 最初の御客さんの小生から、早くも世界一の夏さんのサントリービールで乾杯。 丁寧に一手間、二手間掛けた夏さんのビールのクリーミーな泡は、燦燦斗の奥様のビールに勝るとも劣らない美味さがタップリ。
カウンターのPCをチェックすると相変わらず、IEの調子が悪い様なので、Chrome を其儘にして置く。 辛蘖を摘まんで居ると、夏さんが木耳を差し入れて下さる。 此れは、塩加減が適切で美味。 んで、中々も御願いして仕舞う。 今朝、何時迄呑んで居たんだっけ? Mさんや麺友のマリーさんからのメールが飛び交うが、小生が既に凪@渋谷に居る事を伝えて呆れられる。
扨、前夜にスペシャルで提饗した、鶏白湯のスープが未だ残って居るとの事で、是非にと御願いして造って頂く。 チャーシュウは、豚に為って仕舞いますが…と、夏さん。 勿論、I never mind. です。 この鶏白湯のスープは、非常に穏やかなテイストに為って居る。 元々、白湯スープは強烈な味わいには為らないのだが、其れにしても静かで良い味わいだ、 穏やかとか静かと云うのは、何かが足りないと云う意味合いでは無い。 此れで充分な味わいだが、濃さで訴えると云う手法を採用しなかったと云う意味だ。 何度も繰り返して恐縮だが、小生はあの旧凪豚骨のライトなテイストが大好きだったのだが、この鶏白湯のスープには其の片鱗が伺える。 小生の好みにとてもピッタリ来るのだ。 もう御一人、常連の方に提饗されて居たが、其の方も絶賛されて居らした。 このスープだと、麺の極細さが際立つ。 確かにもう少し太い切歯を使っても良いとは思うが、此儘でもスープとの絡みも良くて、文句の無い出来だ。 もう直ぐ、鶏ベース?のスープのつけ麺も始まる様なので、此亦、期待が持てる作品が登場するのだろう。
Baku
posted by claris1 at 23:07| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の渦 其の224

燦々斗で御所様達に別れを告げて、赤羽から湘南新宿ラインで藤沢へ。 御所様から伺った前夜の渦の印象を芳実オーナーに御伝えしなくては為らない。
この夜は、Mさんのカクテルナイト。 恒例で小田急線で奥様と待ち合わせ。 少しダイヤが乱れて居て予定より1本早く、詰まり普段よりは2本早い電車に乗る事が出来た。 勿論、開店30分前のシャッターポールだったのだが、御所様にアドバイス頂いた様に、開店15分前に席数以上の御客様が行列する。 前夜の金曜日もこんな状況だったそうだ。 開店少し前に来られた常連の何人かの方は、諦めて帰られる羽目にも… 渦の回転の悪さは今に始まった事じゃないのだが、雑誌等の記事を読んで夜にラーメンを喰べに来られた方は、予想外の事に吃驚される。 しかし、「夜は御待ち頂く時間が長く為りがちです」とアナウンスする訳にも行かないだろうから、難しい処だ。
最初にMさんのカクテルを2杯。 マルガリータとラストキッス… 後者も「未だ頂く訳には行かない」等とごねる事無く頂戴した。 鵠沼産の枝豆は、農家の方の御名前迄特定出来るそうで、地産地消を奨励。 燦々斗でビールを2杯頂いたので、この日はセラーから、コート・デュ・ローヌのカーブ・サン・ピエールを取り出す。 皆さんが超忙しいので、小生が抜栓する事を御許し頂く。 摘みは「鵠沼味噌ポーク」。 前夜に御所様が堪能された「ハーブロースト」が切れて居て、3種盛は出来なかったのだが、この味噌ポークも非常に美味しい。 味噌の味わいが適切なのだが、ワインをもう少し重たいものにしたい処だ。 其のボトルを空けた処で、オーダーストップの時刻。 御疲様です… この夜は、渦では麺をパスして仕舞った。
其の後、誘われる儘に皆さんとスナックへ。 途中、意識が途切れ乍、午前3時迄、皆さんの御邪魔をする事に… 流石に老人は眠いワイ。 更に宴は続いた様で、皆さん、元気ねぇ!
Baku
posted by claris1 at 00:37| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。