2009年06月30日

西尾中華そば 其の29

火曜の夜は、奥さんの習事がスケジュールされて居るので、大体、渦等地元で過ごす事が多い。 だが、この週は渦は夏休みなのだ。 其処で東西線、南北線を乗り継いで、駒込の西尾さんの処へ転がり込む。 この夜はクーカル用の野菜タップリの前菜を試作するとも伺って居たからでも有る。 18時前と云うタイミングに霜降商店街に到着。 今にも泣き出しそうな曇天だが、未だ々明るい。
先ずはビールを頂戴して、待望のクーカル用試作前菜、「ラタトゥイユ」(舌を噛みそうだし、覚えられない)を頂戴する。 真中にやや粗くマッシュしたポテト、其下に本体の「ラタトゥイユ」(野菜の煮込)が有る。 トマトとガーリックで煮込んだ玉葱と…えっと…。 周りの綺麗なライトグリーンのソースは、枝豆だそうだ。 茹でてミキシングして、此方にも玉葱やガーリック等を軽く使って、風味を出して居るのかな。 此等のコラボレーションがとても良くて、御作法には程遠いが、混ぜて仕舞っても美味しく頂けるだろう。 「あ、忘れた」と、西尾さん。 オリーブオイルを添える筈だったそうだ。
7月からの予定だった「ざる中華」が、何故か水無月晦日のこの日から始まって居た。 もう7月だと思って造られた西尾さん、もう7月だと思って喰べに来られた、S谷さん(笑)。 主麺は折角なので、この「1日勘違い」のざる中華を所望。(なかなか、馬鹿中華に至らない) この作品、1日30喰の限定提饗だそうだが、貼紙や西尾さんの誘導?で、結構、出て居ます。 所謂つけ麺で、此迄に試作で小生が頂いたのと同じだ。 勿論、スープはあの豚肉を浮かべた温かい一杯。 試作段階と一番違うのは造る量だが、試作の時のテイストや風味と同じく頗る美味い。 丼に盛られた玉蜀黍麺も亦、本当に美味しい。 全部、直喰いしても良い位だ。 七味唐辛子を振ると更にイケる。 西尾さんが仰る様に、七味唐辛子は少し香草が漂う醤油ベースのスープにも良く合う。 わぁ、最高だぜ。 最後はスープ割りを頂かずに、グイと飲み干す。 うん、絶品!
扨、小生の御隣には、御喋り好きで健啖家のおばぁちゃん。 御飯に大蒜醤油を掛けて、一膳召し上がった後、ざる中華をペロリ。
 つけ麺のスープなら、量は少なく、味は濃く
 でも、飲むならこれ位の濃さが良い
 御兄さんは良い人だから、毎日来たいけれど…
等々、名台詞を残して去って行かれた。 誰にでも好かれるのねぇ、西尾さんは。 小生は良い人なんて、云われた試しが無い。 いや、霜降商店街のブログネタは尽きぬものじゃわい。 
「真っ直ぐ帰るんですか?」、「勿論…」 オフィスの宿題を抱えて居たので、この夜は本当に池袋から湘南新宿ラインを捕まえて、早目の帰宅。
Baku


posted by claris1 at 22:13| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんこ8代目@末広町 9回目

嘗ての上司からパソコンSOSが入り、復旧過程で8GBのUSBメモリを置いて来た。 まぁ、差し上げた様なモンだな。 其処で今度は16GBを調達しようと秋葉原へ。 速度はイマイチながら、SILICON POWER の16GBが2500円。 安く為ったものだ。 メーカーを問わないと2000円以下でも手に入る。 「速度は遅いです」の貼紙が有り、流石に此れには手を出さなかった。 で、昼喰に寄ったのが「がんこ八代目」。 過日、「虎の食卓」でスペシャルを頂いたら、ノーマルな「がんこ」が頂きたく為っての事だ。 恐らくは、この週からは、虎もノーマルな「がんこ」を出して居るのだろうが、其れを味わうには、未だ Initial crowdedness (初期混雑?)が解消して居ないのだ。
やっぱり、八代目のオヤジさんと虎の大将の接客のフィールは似て居る。 改めて、がんこの系統?を感じる。 頂いたのは、何時もの様にチョッテリの醤油。 背脂、少な目ってタイプだ。 丸い大きいチャーシュウが2枚。 一時、少し厚目のやや硬い喰感の物に変わって居たのだが、この日は以前の様に薄くて柔らかいタイプに戻った様に感じる。 この方がずっと好きだな。 しょっぱいが、しょっぱ過ぎない程度のスープに浸る細くて縮れた麺は、黄色い。 そうそう、此れが小生の好きな「がんこ」だ。 黒胡椒を少し加えると更に好み度が増す。 ドーデモメンマに刻葱。 変わり様も無い作品だ。 カウンターには、揚葱が丼に山盛に為って居る。 折角なので振って見たが、余り香ばしさを強く焦がして居ないので、インパクトは小さい。 然程オイリーでは無いにせよ、揚げ物ですので、小生には無くても良いかな。
久し振りに頂くと、「がんこ」も良いなぁ。 次回は、虎さん訪問だ。
Baku
posted by claris1 at 21:57| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

水無月

6月の初めに「水無月」の件は別稿で、と書いた儘に為って居た。 自らの発言には責任を持ちたい… な〜んちゃって、では有るが、余りに酷過ぎ、泣きたい程に情けない(過剰表現)風潮の昨今で有る。

勿論、「水無月」は旧暦の6月の呼称だが、今では新暦の6月を洒落心/風流を気取って、こう呼ぶ機会が多い様だ。 古い月名の語源なら、以前に「師走」の項で言及した「奥義抄」を紐解くのが第一歩と為る。 其処には、以下の様な記述が有る。 「農事がみな為尽(しつ)きてしまうので『みなしつき』といったのを誤った」 農事と云うのは、田植の事を指すが、田植だけを大仕事とする論拠が弱い。 其れに、奥義抄には「…を誤った」と云う記述が多い。 確かに伝聞を重ねると音は変移するのは当然なのだが、「誤り」で片付けて仕舞うのも安易だ。 亦、「5月に植えた早苗(さなえ)がみな根づいた意からだ」と云う異説も掲載して居る。
だが、このふたつの説は余り有力視されて居ない、と云うか知られて居ない。 一般に解説されて居るのは、主に次の3説だ。
1.梅雨が明けて(新暦では7月だから)水が涸れて無く為る月なので、文字通りの「みずなしつき」。
 旧暦5月は梅雨のタイミングにも拘わらず、水や雨に関係の無い「皐月」を名称とした事との繋がりを考えると納得し難い。
2.田植が終わって田圃に水を張る月なので、「水張月(みづはりづき)」、或いは「水月(みなづき)」。
3.「無」が「の」という意味の連体助詞の「な」として、「水の月」とする説。
 此方は神無月の場合との比較検討をすると頷き難いものが有る。
小生としては「水張月」が転じて、「水月(みなづき)」と為った説に傾くが、其処に「無」の文字が入った理由は明らかに出来ない儘だ。 此処にだけ都合よく、連帯女子、いや、連体助詞を持ち出しては為らない。

水無月の 憂いはこぼれ ひとしずく           萌香
                      (livedoor ハイクブログ)

Baku
posted by claris1 at 04:23| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の渦 其の226 (スペシャル)

日曜日の夜は久し振りに凪@新宿で、バンタムさんに相手を御願いしようと思って居た。 彼のブログを読んで、此れは行かなくては… そして、渋谷・駒込・新宿と立川こそ抜けて居るものの、「山手線凪巡り」を完遂すると云う快挙?を成し遂げるチャンスでも有ったのだ。 だが、簡単に達成出来ないから快挙と云うので、この日も嬉しい邪魔(笑)が入った。 Mさん御夫妻から、翌日から夏休みに入る渦で芳実オーナーの壮行会を遣ります、と云う御誘い。 そりゃあ、行くでしょう。 バンチャン、御免ね。 近日中に伺います、と電車が新宿駅を通過する時にテレパシーを投げて見た。 電車が藤沢駅に近づく頃に、ジャニーズのコンサートに行って居た奥さんから、タイミングの良い連絡が入り、Mさん御夫妻と4人で「本日貸切」(日曜夜は定休だが)の貼紙の有る、ハーフシャッターの渦の扉を潜る事に。 「スミマセン、こんなん迄付いて来ちゃいました」…
芳実オーナーの壮行会とは云え、彼は厨房で忙しい。 R子さんやEさん、この夜は本来ならカウンターに座るべき女性の皆さんが見兼ねて御手伝い。 麗しい光景(笑)なので有る。 この夜は料理は全てフリー! 太っ腹なので有る。 「皆さん、(フリーで無い(笑))アルコールを沢山飲んで下さい!」の宣言に皆さん、絶大協力。 小生も何時もの赤ワインを御願いして、騒ぎに加わる。 当然だが、BBQ以来のコアな皆さんばかりの集合体で、ラズマダズのレベルも上昇一途。
未だ寸胴に火が入って居ると思ったら、ちゃんとスペシャルな麺が用意されて居ました。 なんと、納豆入りの「○×(忘れました)納豆和麺」。 「味見して居ません!」と胸を張る(笑)が、中々美味しく出来て居る。 強烈個性の納豆と合わせるベースがちゃんと組み立てて有る。 こう云う材料をあー使って…と頭で構成するのだろうが、不味く為る筈が無いと云う自信が有るのだろう。 では、全てを撮った訳では無いし、レイアウトの都合で提饗順には為って居ないが、登場したディッシュのフォトをアップしておこう。 そして、幾つかコメントすると…
塩辛とマヨネーズを和えた馬鈴薯:先日、御鮨屋さんで馬鈴薯に塩辛を乗せる話を伺ったが、更にマヨネーズを加えて居る。
水菜とレタスとミニトマトのサラダ:温泉玉子が落として有るな。
モロキュー:味噌は、渦の味噌ラーメンに使って居る秘密?の味噌に地元鵠沼の胡瓜。(Mさんの奥様の手も写った…)
南瓜とトマトの冷製スープ:素材の味が活きて居て、如何にも夏に美味しいスープ。
ソーセージ:Tさん差入のソーセージを芳実オーナーが巧みに茹で上げた。 ソーセージの旨みを閉じ込めて茹でるのは、結構難しい、そうだ。
お母さんの野菜と豚肉の和鍋:チャーシュウダレが残って居ればベターだったのに、との事だが、充分美味。 ピーマンたっぷり!
ゴーヤチャンプル:Mさんのリクエストで実現。 Mさんがゴーヤを買いに行って迄、提供すると云う熱の入れよう。 豆腐も確り水抜して、手際良く綿を取って、手早くカットして(大した包丁捌だ)、玉子を溶いて、あっと云う間に完成。 確かに美味。 ゴーヤの苦味とマッチした香ばしい玉子と豆腐の味わいは中々の沖縄。 今回の夏休みにも更に腕を磨くと期待。
翌朝早い出発の芳実オーナーのスケジュールを慮って、20時半頃に引き上げる。 更に続きが有ったのかどうかは不明なれど、南の島からの無事の御帰りを御待ちして居ります。
Baku
posted by claris1 at 00:32| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西尾中華そば 其の28

「NCSに行くんですか?」と問う夏さんの声に背中で答えて、梅雨本番の雨が降り続く新南口へ。
少し腹熟しに遠回りをして、上中里駅から霜降商店街へ向かう。 愈々本降りの雨だが、殆ど無風の中を空一面の雲からザーッと落ちて来る雨は嫌いでは無い。 こんな雨なら、憂鬱には為らない。 旧古河庭園を巡る北の小径で、そんな雨に S001 を向けて見た。 いや、雨の様相はフォトに全く反映して居ない。 下手なだけなのだが、この途は好きなので、小さく掲載。
凪@渋谷ではシャッターポールだったが、NCSでは昼営業の最後のひとりに為った。 魚風味の馬鹿中華を頂く筈だったのだが、矢張、馴れた中華そばのあの味を頂きたい。
で、結局、何時も通りだ。 この日の中華そばのスープは、少し甘さが戻ったかも知れない。 勿論、其れはネガティブな意味ではない。 このスープの旨味は、「表裏の甘さ」に由来する部分が小さくない。 表に出る甘味が多いとより判り易い旨さが前面に出ると云った印象かな。 部位の違う2種類のチャーシュウが3枚。 蘖は凪とは違って、細身で頭でっかちのタイプ。 此方も亦、好み。 玉蜀黍麺も相変わらずの良さ加減の喰感。
次の火曜日の夜には、クーカルで造る野菜料理の試作もされるとかで、御話を伺うだけで美味そうだ。 西尾さんの御話を伺うのは、面白かったり、頷いたりだ。 こんなキャラですっかり霜降商店街にも馴染んだ様子。 頂いた桜桃は、御近所からの差入とか。 差し入れしたり、されたりなんですよ、と仰る西尾さんだが、そんな商店街は古き良き面影がたっぷりだ。 西尾さんは良い場所を選択された。
Baku
posted by claris1 at 00:07| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

凪@渋谷 其の182

先日の不手際を御詫びに、FILE 坂を登る。 あ、あれ、亦、傘を… いや、今回はオフィスに「置いて」来たのだったな。 この日の凪@渋谷は15時迄の営業と伺って居る。 まぁ、シャッターで伺う身には関係無いかな。
一番客で夏さんの世界一のサントリービールで、乾杯した途端にドッと御客様が来られて、夏さんはビールどころでは無く為る。 で、夏さんのグラスも小生が飲み干す事に。 其のビアグラスを片手に皆さんのブログを拝読して居ると、漸くバックオーダーを片付けた夏さんが、ホールに戻って来られる。 改めてビールを注ぎ直して、乾杯。 小生は夏さん厳選の麦焼酎、「兼八」を頂く。 此は如何にも、夏セレクションで、とても香ばしい一杯。 だが、香ばしいだけでは無く、端麗な旨さがスッキリした口当たりの中に広がる。 此は旨い。 入手し難かった時期も長かったと云う逸品。
皆さんのオーダーを伺って居ると、蘖比率が高い。 矢張、蘖とラーメンの組み合わせは支持率が高いと云う訳なんだろうか。 勿論、小生も夏さんにモヤシラーメンを御願いする。 最近は此ばかりだが、この濃い目(重厚豚骨ですから)のスープには、蘖が良く似合う。 実は、この日も前回同様にスープの濃度が比較的ライトな印象で、小生の好みにピッタリ。 或いは、夏さんがアジャストして呉れたのかも知れない。 この位の濃度のスープに胡椒ダレを溶かすと、更に小生の好みに為る。 このタレは、使う前に良く掻き混ぜてサラっとさせてから、スープに溶かすのが良い。 此も地味だが凪の名作。 タップリ乗せられたスライス木耳も嬉しいね。 麺は相当に細い。 豚骨スープ、其れもうんと濃いテイストで細麺を使う事は多くない。 この日位の濃度のスープには良く合うと思う。
失くした携帯箸の2代目が京都から届き、先代の最後の店で御披露目。
Baku
posted by claris1 at 23:31| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のワイン 其の291

コル・ドルチャ ロッソ ディ モンタルチーノ
COL D'ORCIA ROSSO DI MONTALCINO 2006
偶には付き合わないかと、余りアルコールに強く無い若者を無理に連れ込んだのが、ラ・テラッツア、都庁の45階。 シニアのバーテンダー氏は体調を崩されて御休みとの事。 早い御回復と復帰を願わずに居られない。 氏に代わって、我々の相手をして呉れた御兄さんとこの日の連れは同い年だとか。 スタウトビールの後にワインリストからピックアップしたのが、ロッソ ディ モンタルチーノ。 気軽にグラスを合わせるには良いワインだと、最近に為って再認識した。 勿論、ブルネロは好きだが、この夜の連れの嗜好を少しは考慮した心算なのだ。
カンティーナは、ブルネロの名門(ホントか?)のコル・ドルチャ。 「開けさせて」と御願いして、ソムリエナイフ(あの780円には見えない奴)を取り出す。 二人に見詰められて、一寸良い処を見せようと緊張。 珍しくシールカットも素早く綺麗に、おぉ、この夜は手際が良かったと自賛。 バーテンダー君にもグラスを渡して、3人で乾杯。 2006年のロッソ、将に「らしい」味わいだ。 若くて、フレッシュで、そして未だゞ楽しみな将来。 この宵の二人にこそ相応しいだろう。 己の選択に再び自賛。(嫌な大人に為ったモンだ)
このワインの見た目の綺麗さは特別だ。 淡いガーネットカラーを暗い店内の照明に翳すと、年齢不相応に色っぽい。 ブーケは控え目だが、弱い訳では無く、素性通りの個性を主張出来る確り感が有る。 味わいはタンニンが穏やかで、とてもフルーティだ。 一方で、ライトな中にボリューム感も感じさせる果実味が中々巧みに広がる。 基本はストロベリーに木苺や酸塊が混じり華やかだ。 今飲んでも充分美味しいし、3年後辺りにピークが来そうな予感がタップリ。
ショップで買えば、過日、渦に持ち込んでガッカリさせられたあのサンジョヴェーゼと同じ位のプライスの筈。 あれとは、天と地程の差が有るんすけど…
店を出て暫くすると、バーテンダー君が「忘れ物です!」とソムリエナイフを持って、追い掛けて来て呉れた。 (我々が店を出てから、どちらの方向に歩いて行ったのかを見送って居なければ、追い付けない場所でした) あらぁ、折角、格好良く抜栓出来たのにねぇ… 連れの彼も、新宿駅のホームで小生の乗った電車が動き出す迄、見送って呉れた。 嬉しい若者達なので有る。
Baku
posted by claris1 at 10:09| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凪@渋谷 其の181

情けなくて、泣きそうだ。
そんな小生の気分に気を遣って呉れたのは、若いラーメンフリークの方。 大幅に年嵩の小生が其れに応えられない、そんな夜更けに二人で渋谷の坂を登る。 夏さんの顔を見る頃には、既に酔いも可也… なのに、中々を御願いして、ビールが不得手と云う彼に、此処のサントリービールは世界一だと、無理強いを。 厄介なオジサンに為って居る。 夏さんの御好意で、中々のボトルを空にした記憶だけは有る。
終電時刻が迫り、中々だけで引き揚げる… す、スミマセン。
渋谷駅で彼と別れ(御世話に為りました)、タイマーをセットしたのに大船駅で乗り換え損ねて、鎌倉駅で気が付く。 久し振りに、海鳴に顔を出そうか… いえ、もう午前1時ですから…
Baku
posted by claris1 at 01:44| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のめじろ 其の482

珍しい事に思いの外、作業が順調に進み18時前に自由の身に。
こんな事も有るさ、と金メジに向かう。 確か、御所様は欠席と伺って居たので、この時刻なら、一番乗りだろう。 未だR店長も居らして、ビールを1杯、2杯。 常連の皆さんが御出でに為る迄の間に未だ時間が有るので、VAIO Type P を取り出す。 Mさんから EMONE 用にテーブルタップを拝借して、少々御仕事。 この小さい画面が目痛・頭痛の源と後日、知れるのだが… 常連の皆さんが到着し出す頃には、壱岐っ娘のボトルを抱えて、ブログの更新迄始める始末。
さぁさぁPCなんぞ片付けて、呑みましょう、喰いましょう。 この暴飲暴喰が、御腹に負担だと後日知れるのだが…(とっくに判って居る)
Mさんに御願したのは、「焦がし葱ら〜めん」。 前回、祐貴社長がアジャストして以来だ。 当然乍、濃度的には変わって居ないので、ライトな印象だ。 代々木本店ではR店長の麺が楽しみだ。 この日もツルっとして居て、同時に餅々した喰感が大いに期待に応えて呉れた。
Baku
posted by claris1 at 01:18| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西尾中華そば 其の27

新しく出来た岩本町(住所は神田須田町)の、がんこ系列店「虎の食卓」。 この日はスペシャルの中でもシンパの支持が高い「悪魔の日」だそうだ。 しょっぱさが普通で無いそうなのだが、行列の中に FILE さんやハルヲさんが居らしたら、御指南頂こうかと思って居たのだが… 途次「やや」の前を通ると、閉店の貼紙が…短い営業期間だったなぁ。 無限庵も再開しそうに無いし(三ノ輪の一茎草も妙な店に変わったが)、神田の新店ラーメン屋さんは簡単には集客出来ない。 イケ麺は大丈夫だろうか。 神山やもとはしは、賑わって居るな。
結局、虎の行列中に見知った顔を見付ける事は出来なかったが、其れは凄い混雑振りでした。 皆、血圧に自信の有る方ばかりなのだろう(笑)。 其処で、駒込へ。 オフィスを移動するタイミングを調整して、昼休みに訪問。 最近は遊び過ぎなのか睡眠不足気味で、血圧が上昇。 ラーメンのスープは飲まない様に侍医に諭されて仕舞った。 こんなにラーメンを喰して居るのは隠して居るのだが、7月に為ったら、亦「喰ったもんリスト」を2週間に亘って提出する様にとの指示。 責めて其の期間は、ラーメンとアルコールを控え目にしよう。 では、6月中は思いっ切り…って、其れは違うか。 西尾中華そばの一杯のカロリーは、720キロと伺ったので、ラーメンとしてはヘルシーだ。 塩の使用量も少ないので、血圧の心配も少ないに違いない。 暫くは通い続けるかな…
扨、この日の西尾中華そばの店内はエアコンが良く効いて居る。 扉を閉めて居るので冷房効率も良いのだが、入り難く為らないかと西尾さんは案じていらした。 この日も中華そばを頂いた。 このスープと麺の組み合わせは、何時も乍とても良いし、ブレも少ない。 気温が上がって来て、味をステイブルにするのが、大変に為って来たそうだが、其処は経験豊富な西尾さんの事、抜かりは無い。 其れにしてもスープが落ち着いて以降、このテイストは非常に小生の好みだ。 ネッチィ麺も大好きだが、原材料の輸送の遅れの影響で一時的に麺が少し変わる可能性も有るそうだ。 この日のチャーシュウは、前日に仕込んだ物と当日の物の両方だそうだが、小生は前者のコンクな味わいが、より好きだ。 チャーシュウは、寝かせる時間で味が変わるそうだが、其れだけで無く、スライスしても違う味わいが出るそうだ。 西尾さんは、何時も一杯毎にチャーシュウをスライスされて居るが、そう云う理由も有ったんだなぁ。
先日、I 御所様が御見えに為って、2杯喰されたとの事。 今度、感想を伺うのが楽しみだ。 魚風味の「馬鹿中華そば」を頼まれる方も多い。 次回は、トライして見ようかな。
Baku
posted by claris1 at 00:14| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。