2009年05月26日

西尾中華そば 其の16

西尾さんがブログ用の写真を撮るのも忘れて、「ばくばく食べちゃいました」と仰る山賊揚を頂く為に開店時刻に到着する。 と、既にカウンターには4名程の御客様がいらっしゃる、 御一人は後ろ姿でも直ぐに判るマッハ隊長だ。 相変わらず自転車で都内を縦横にアクセスしていらっしゃる様だが、この日はパンクチャーのアクシデントも有って、ペースアップして来られたそうだ。 そう云えば、少し暑そうに御見受けする。 マッハさんは勿論、皆さん、山賊揚目当の様で、売切れは直ぐだろう。
この日はオフィスに戻らなくては為らないので、ビールはパスして皆さんと同じタイミングで造って頂く。 目の前で山賊揚が厚くカットされて行くのを見ると期待が高まる。 スープは信濃地鶏の醤油仕立てだが、見掛けはノーマルのスープより少し色が薄いかな…と云う位。 だが、味わいは違う。 高級地鶏でコストも凄く掛って居るのに、筋肉質(西尾さん曰く)で、油が少ししか取れないと云う厄介な素材。 其の油を贅沢に使って仕上げた。 豊富な油の量にも拘わらず、オイリーな印象では無い。 確かに油を感じるのだが、サッパリしたタイプなのだ。 マッハさんも仰って居らしたが、ブラインドテストなら、鶏だと当てられないかも知れない。 小生は鶏風味は好きなのだが、亦違う鶏の風味だ。 何時ものチャーシューに加えて、山賊揚が乗るのだが、この味付けが程良い。 ガーリックや生姜の風味が利いて居るが、微妙な甘さも含んで居ますねぇ。 今度の軽井沢でのクーカルと云うイベントにこの作品を持って行くとの事で、其の際には少しガーリックテイストを強める…とか。 西尾さんも仰って居らしたが、揚げ立てで頂くと更に旨いのだろう。 何れにせよ、柔らかく、厚い山賊揚は高級で執拗さは無いが、淡く無いテイストが丁度良い。 山賊も意外にグルメなんだね、とマッハさん。 麺は通常の玉蜀黍の細麺。 麺を掬って、初めてスープがライトな事を認識する。 成程、この麺に掬わせるともう少し濃くても良いのかも知れないとも思う。 でも、山賊揚とのバランスと云う視点なら、此れで良いのだとも思う。 難しいなぁ… とは云え、スープの美味さに納得の完飲。 いやぁ、良い一杯を頂けて幸せで有る。
翌日からは、「塩」と「魚」の中華そばも始まると云う。 楽しみの選択肢は多い程、嬉しい。 扨、戻らなくては…と、マッハ隊長に別れを告げて、駒込駅に急ぐ。
Baku


posted by claris1 at 00:24| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

F1 2009 モナコGP ファイナル

オークスは、桜花賞と同じワンツー。 って事は、レッドディザイアはブエナビスタが居なければ、2冠馬だったんだね。 渋谷に早く着き過ぎて、凪に伺う前に寄ったウィンズでベットしたのは、1,2番人気の馬単馬券(本命党です)だったので、ゴール前は冷汗モン。 でも、4角では正直届かないと思ったのに…凄いねぇ。  一方、大相撲の夏場所は、日馬富士が白鵬を優勝決定戦で下して、本割の雪辱を果たす。 優勝決定戦の下手投げも大したものだったが、琴欧洲をブン投げた捨身の首投げはもっと凄かった。
で、我が(「我が」なんだ(笑))F1だが、競馬や相撲の様に本命・対抗で決まるのだろうか? 本命はジェンソンだが、対抗はキミなのか、ルーベンスなのか? ルイスはアクシデントの後、ギアボックスも交換して最後尾からスタートと云う有様。 ブラウンGPのマシンの燃料搭載量は、予想された程には少なく無い様で、一番軽いのはセバスチャン.V。
ジェンソンだけで無く、ルーベンスのスタートも良く、キミを抑えて行成、ブラウンGPのワンツー体制が築かれる。 4番手のセバスチャン.Vのタイムが全く上がらず、フェリペ以下のフラストレーションが溜まる。 業を煮やしたフェリペがオーバーテイクを仕掛けるが、シケイン不通過で得た順位を返す際にニコに抜かれて仕舞う、短気は損気。 セバスチャン.Vを先頭にした大渋滞だが、11周目に限界を迎えて、セバスチャン.VがPI 。 其の前方で逃げて居た3台だが、スーパーソフト(SS)を履くルーベンスのペースがダウンして来て、キミが追い立てる。 其の間にも、ジェンソンは快調に逃げる。 同じSSタイヤなのに… 抜けないと読んだフェラーリは、16周目にキミをPI させる。 当然、ルーベンスも翌周にPI 。 二人のデッドヒートが継続する。 其の頃、セバスチャン.Vが1コーナーでクラッシュして、ジ・エンド。 上手くSSを使って居たジェンソンも続いて、PI 。ソフトタイヤに履き替えても、ジェンソンは快調だ。 実にタイヤマネジメントに秀でたドライビングだ。 コーナーにしてもシケインにしても、スムーズに駆け抜けて行く。 当然、キミと争う同僚とのギャップも広がる一方だ。 37周目には、ルイスをラップダウン。 2回目のPI でフェリペの前に入ったジェンソンは、ルーベンスの為に多少ゆっくり?走って見たりして… 結果、キミもフェリペの前を維持出来た。 で、フェラーリの思惑は外れ(キミのピット作業も酷いモンだったが)て、ブラウンGPのワンツー。 今回もジェンソンの圧倒的な強さを見せ付けられたレースだった。 モナコでは表彰式の場所の関係で、トップ3のマシンの駐める位置が違うのだが、間違った場所に駐めて仕舞ったジェンソンは、コースを自らの足で「ウィニングラン」。 思わぬイベントが追加された格好だったが、彼の走る足取りは元気其物だねぇ。
Baku
posted by claris1 at 00:15| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

凪@渋谷 其の173

土曜日は、駒込NCSへ。 日曜日は、凪@渋谷(「NAS」だろうか、語呂も「ナツ」みたいで良いかも…(笑))へ。 夏さんのブログに「日曜は一人、切なくやってます」とか書かれては、慰問に伺わなければ為らない。
発表会が近いと大荷物で出掛ける奥さんをサポート?しつつ、湘南新宿ラインへ。 一寸、シャッターにしても早過ぎるんですが… 雨が振り続き、渋谷で時間を潰すのが難儀なので、WINS渋谷へ。 この日はオークス。 昔は競馬にも情熱を燃やしたのだが、最近はとんと足が向かない。 ブエナビスタは勝てるのだろうか。 ビスタねぇ…遅いんじゃないの(笑)
正午近くに為って、カミニートの前に至る。 外から厨房に居る夏さんに声を掛けると「もう、遣ってますよ」との事。 其れは有り難いと早速カウンターの奥に座って、夏さんの世界一のプレモルで乾杯。 おいおい、のっけから夏さんに勧めて良いのかい? 夏さんだから、OKっす。 「普通に有る」プレモルを更にもう一杯。 テーブルの辛蘖を頂いて居ると、夏さんからもミニモヤポンの差入。 此亦、有り難く… 流石に日曜日とは云え、昼間から焼酎は憚れて、「キクラゲラーメン」を作って頂く。 もう此れ以上の蘖はヤバイかも…って、事だ。 夏さんに温かい一杯を作って頂くのは久し振りかな。 前の日曜日は、焼きラーメンだけだったから… 先日、Mさんに造って頂いた時の様に「豚骨度」が小生の上限値にピッタリと収まって嬉しい。 此れ以上コンクに為ると、小生には厳しく為る。 木耳の細切が山盛に為って居る。 こんなに木耳を喰べたのは初めてかも知れないが、このキコキコした喰感は大好きだ。 うむ、堪能。 この木耳は、スープの濃い博多豚骨風味にマッチして居る。 麺は前日にNCSで玉蜀黍のネッちぃのを頂いて居るので、余計に撓やかに感じる細麺だ。 スープに少し唐辛子タレを加えた方が、この麺のスッキリ感をより感じる事が出来るのではないだろうか。 ライトな凪豚よりも博多豚骨味の方が、この唐辛子タレは更に相性が宜しくて、何れにせよ美味しい。 店内が慌ただしく為って来た処で、会計のタイミングを計って失礼して来た。 この日は「傘を忘れない様に…」と夏さんに云われたにも拘わらず、湘南新宿ラインに…明日は小田原駅迄行かなくては…嗚呼。 馬鹿じゃないだろうか…
Baku
posted by claris1 at 15:06| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西尾中華そば 其の15

西尾さんが日曜日の凪@渋谷を卒業されて、夏さんが日曜の渋谷を担当される様に為った。 御蔭様で、どちらに伺うか迷う週末だ。 この日は土曜日、駒込に向かう。 夏さんも助っ人にNCSに入って居ると知ったからだ。 シャッターで駒込に着きたかったら、9時半には玄関を出なければ為らない。 セットアップ中の Windows7 RC が引き留めるのを振り切って、30分に1本の湘南新宿ラインに駆け込む。 タイムテーブルを具にチェックすると、赤羽→上中里ルートで、ジャストシャッターと判る。 あの商店街を楽しむも良し、旧古河邸を巡る細道を下るも良しだが、往路は後者と決める。 湘南新宿ラインの車中では、UQWiMAX の電波状況をチェックし乍、車窓の風景に目を遣って居たのだが(結構、御子チャマです)、電波状況は改善して居ない。 此れではトライアル期間が終了したら、返却せざるを得ない状況だ。
扨、賑わう霜降商店街を何時もとは逆からアプローチして、西尾さんの店の前に着いたのは、測った様に11時30分。 既に御二人が御待ちと云う状況で、西尾さんが暖簾を掲げられて、開店。 夏さん、先日はどうも… 夏さんの顔を見るとつい、余計な一杯を御願いしてしまう。 此方では、麒麟ビール。 麺友のマリーさんが、プレモルのサーバーを抱えて襲撃して来る日は遠く無いだろう…(笑) 直ぐに御馴染さんも顔を出されて、満席状態に。 丁度、ビールグラスが空いた処で、御願いした中華そばが饗される。 前回は甘み控目バージョンだったが、この日は西尾さん仰る処の「少し霜降バージョン」。 詰まり、甘みを多少抑えて見ました、と云う処なのだろう。 そう、西尾中華そばのコクと云うか深みには、淡い甘さは必須だと思う。 いや、甘さを感じさせない甘味では有るが、欠けると寂しいのだ。 玉蜀黍の細麺も相変わらずネッチくて、好み。 いや、朝喰を林檎ジュースだけで来たので、人心地が付いた。 御客様が次々と云う状況に為り、慌てて腰を上げる。 帰路は、駒込→池袋ルートだ。 あれ、何処にも寄らないの? そう、Windows7 RC とモナコGPが呼んで居るし、A/H1N1 も怖いのよ。
Baku
posted by claris1 at 02:17| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

F1 2009 モナコGP クオリファイ

木曜日の夜にオフィスから早く戻り、P1をビデオでP2をライブで観る。 現地のセレブ振りの万分の一にも及ばない迄も、ワイングラスを片手に特等席に座れば、気分はもう週末。 翌朝の事なんぞ、考えられない。 モナコは公道を使ったサーキットなので、金曜日の午後には仕事の車を通さなければ為らないと云うのが、表向きの理由。 本音は、世界中の金持ちに一泊でも多く滞在して欲しいと云う事だろう。 2009年もトンネルの入口の左に広がる海にはビルディングの様な船や、超高級なクルーザーが犇めいて居る。 時に国際映像がハーバーに停泊する船上を超望遠レンズで捕らえるが、丸でシネマの1シーンの様に水着の美女が肌を晒す。 いいなぁ…
レギュレーションの大幅な変更で、所謂「モナコ仕様」のダウンフォース目一杯のエアパーツが見られなく為ったのは、一寸寂しいが、やっぱり、モナコはモナコでスペシャルな事には変わりない。 ダウンフォースが少ない分、マシンの挙動が激しくて見応えは増した。 其の中でも、BGP001 のステイブルな事がハッキリ判る。 ルーベンスは兎も角、ジェンソンのハンドリングに修正が少ない事がオンボードカメラにも映し出される。 2009年のプラクティス大賞は、もうニコに決まりだ。 今回もP1こそルーベンスに譲ったが、P2のタイムシートは、彼の名前で始まる。 一貴も何か名前が売れる様な「称号」がそろそろ欲しい。 トラブル大王とかリタイヤ王子とかは、願い下げだが… だが、P3はフェルナンド。 皆が取りそうな戦略では有るが、軽いマシンで先行して誰かが蓋に為って呉れるのを期待って訳だ。 そんなこんなで、大混戦のクオリファイは実に興味深い。 渋滞回避もポイントのひとつだ。 此迄誰もウォールキッスして居なかったモンテカルロだったが、Q1が始まって直ぐにフェリペがマッサきに(失礼しました)ノーズを打付(ぶつ)ける。 だが、ピットに戻れたのがラッキー。 次はルイスだ。 ミラボーで左リヤを叩いて、赤旗。 ルイスはQ3で御終い。 得意のモナコで好調だっただけに残念。 此で前年の優勝者の連覇は厳しく為った。 トヨタは絶不調、BMWの2台とルイスと一緒にQ2進出出来ず。
Q2は14秒台が続出すると云うハイペース。 スーパーソフトタイヤに依る路面コンディションのアップと云う事も有るのだろうが、此処迄タイムが伸びるとは思わなかった。 中でもキミ、14秒514と云うのは凄いなぁ… 久々の本領発揮。 Q3で其のキミを上回ったのは、ジェンソン唯一人。 ラジオで散々文句を云って居たが、やっぱ、はえぇ〜わ。 屹度、凄く軽いのだろうが… 其れにルーベンスが続く。 クオリファイのトップ3から、優勝者が出る(45/54の確率)ので、ブラウンGP優位。 だが、久々に元気なキミが見られて嬉しい。 インタビューでの「嬉しく無さ度」が相変わらずで可笑しい。
Baku
posted by claris1 at 23:21| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のめじろ 其の472

この夜の金メジには顔を出せない。 其処で責めて昼休みに伺おうと遣って来た。 中央線のダイヤが乱れると昼休みに往復するのが大変なのだが… 昼休みの時間帯は相変わらず賑わって居る。 こんな時間が少しでも長く為って呉れると良いと願って居る。
扨、普段の昼の様に、R店長とHちゃんに、Mさんも居る。 三人ともマスク着用でしっかりインフル対策をして居る。 御顔の大きいMさんのマスク姿は弩迫力だ。 あ、S谷さん…、一週間に3回も会うなんて! 御隣の席に移動して、話相手に為って頂く。 S谷さんの頼まれた「塩たんたん麺」は、とても辛いそうで有る。 小生が頂いたのは、「黒ざる」。 「冷やしざる」と悩んで此方を選択。 「黒ざる」は、久し振りだ。 黒葱油を可也使って居るので、当然では有るが、スープは些かオイリー。 一方で、独特の香ばしさが喰欲を増進させて呉れる。 スープ全体の風味も黒葱を強く感じる(黒ざるだから当然なのだが)が、醤油も西の横綱を張って居る。 魚介風味がそこそこなのは、小生は歓迎。 焦がした長葱が浮いて居るのは、めじろらしくて良いなぁ。 麺は、あの冷麺用のR店長の傑作。 平太で腰が非常に確りして居るし、小麦粉風味も黒葱に引けを取らない。 添えて有る穂先メンマも好みで有る。
汗を拭いて居るS谷さんにゴメンナサイして、代々木駅へ。 13時にオフィスに戻れるかしらん?
Baku
posted by claris1 at 00:07| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

ぽっぽっ屋@小伝馬町 15回目

前日は30度、この日は27度。 梅雨の走りに至る迄の夏の予行演習。 予行演習と云えば、今回のA/H1N1新型インフルエンザは、来る強毒性の鳥インフルエンザの練習に為って居るのだろうか? とうとう、東京や神奈川でも感染者が出て、マスク姿が更に目立つ。 尤も、マスクをして居ない人は、マスクが売り切れで買えないと云う事なのかも知れない。 外出時のマスク着用を促すアナウンスも喧しいが、この気温に為るとマスクはウザい。
扨、前触れが長く為ったが、そんな中向かったのは小伝馬町。 時に喰べたく為る二郎系と云う訳だ。 少し時間に余裕が有ったので、「元二郎」では無く、より好みのテイストのぽっぽっ屋へ。 無料だからと無理に野菜増し等とは云わずに全てノーマルで頂く。 初口に少しの酸味を感じたのは、御八に頂いたスウィーツの残味の所為かな。 勿論、普段通りのパンチの有る味わいは不変。 この日は黒胡椒を使って見たが、余りピンと来ない。 次回は白胡椒にして見よう。 因みに一味唐辛子を振る方が多い様だ。 背脂を避け乍、スープを掬って、蘖をワシワシと口に運ぶ。 うん、充分に大量だ。 一方、木耳の小さい事ったらルーペが必要だ。 チャーシュウは少し変わった…のは、見掛けだけかな? 味わいは可も無く、不可も無く。
あの極太でチョイ悪イメージの麺は変わり様も無い。 凄い歯応えだ。 麺は喉越しだが、この麺の歯応えを感じないで喰したら御腹を壊しそうだ。 でも、当然、小麦粉の風味がたっぷりで、このスープにピッタリと云う事情も不変。 此れが変わったら、もうぽっぽっ屋じゃないね。 スープは極力残して、御腹を片手で支え乍、オフィスに戻る。 太田胃散が抽斗に有った筈だ…
Baku
posted by claris1 at 00:04| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

西尾中華そば@駒込 其の14

夜の営業に伺ったのは初めて。 と云っても、未だ夕陽が沈むには間が有るタイミング。 所謂、シャッターで遣って来た。 駒込駅からはあのレトロな商店街を漫ろ歩いて、霜降商店街へ。 コンビニも100円ショップも有る、ドラッグストアのマスクは全て売り切れだ。 夕餉の買物に忙(せわ)しい地元の皆さんに追い抜かされて、10分。
週末は多摩組のイベント、前日は長野と一寸心配に為る程、身体を酷使されて居る西尾さんだが、笑顔で迎えて呉れる。 流石に先客は御知り合いの方が1名。 御店も地元に認知されて来たのか、覗いて行かれる方は少し減ったかも。 此からは覗くのでは無く、暖簾を潜って欲しいものだが… でも、2杯目のビールを飲み干す頃にはホント、満席に。 いや、嬉しいですね。 上中里駅への帰路を検討して居ると地元の背広族の方が丁寧に教えて下さる。 昔乍の町は人情に篤い。
勿論、中華そばを頂く。 この日は甘さを控えて見たと西尾さんが仰る。 成程、此迄で一番ドライに仕上がって居る。 甘さが全てでは無いが、西尾中華そばの重要なエッセンスのひとつが、程良い甘さなのだが、其れを抑えると少し深みが損なわれるかも知れない。 明日は戻します、との事でした。 尚、フォトのピントがどうかして仕舞った様だ、あれぇ??
赤羽から湘南新宿ラインで戻ろうと上中里駅へ向かったが、丁度、旧古河庭園で「春のバラフェスティバル」が催されて居り、庭園はライトアップされて居ると云う。 一寸覗いてみたい気分では有ったが、独りで薔薇園と云うのも寂しかろうとパス。 だが、京浜東北線が赤羽駅に入った処でトラブル。 ホームを目の前にして15分も止められて仕舞、湘南新宿ラインには乗り遅れる羽目に。 ツイて無いので有る。
Baku
posted by claris1 at 00:53| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

燦燦斗@東十条 其の37

前夜、渦で「麒麟」を頂いた。
で、翌日は東十條。 良く有る行動パターンだ。 珍しくシャッターで遣って来たのだが、6名の方が既に御待ちだ。 まぁ、最初のロットに加われて良かったと云う次第。
渦で呑み過ぎた事も有り、300gはチト厳しいかも知れないと、28度にも為ろうかと云う気温の日では有ったのだが、温かいラーメンを御願いした。 渦も美味いが、燦燦斗も美味い。 この濃厚魚介豚骨。 ベタ濃くは無いが、トロミが有り、充分に旨味が凝縮したスープ。 其処にあのプリプリかつシットリのあの太麺が浸って居る。 渦とは違う旨味のローストポークが乗って、何時もの一杯乍、其れが格別の一杯なので有る。
此だから、もう1軒の評判店、本田に伺う機会を逸して居るので有る。 えぇ、燦燦斗の前を素通りなんて出来ません。
Baku
posted by claris1 at 23:05| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の渦 其の219

前の土曜日に主麺をパスして、試作麺を持ち帰った罪滅ぼしに、渦の週初日で有る火曜日に透かさず遣って来た。 結構、律儀なので有る?
常連のTさんと扉の外で待って居ると、声が掛かった。 以前に渦でバイトをして居たAちゃん。 小生が渦専用に使って居るあの箸を呉れた御嬢さんだ。 で、「寄って行かない?」。 Tさんと小生の間では居心地も悪かろうに、良く付き合って呉れたものだと感謝。
火曜日の渦は「麒麟の日」。 此れを頂く心算で来たので、御腹の余裕を考えて置かなければ為らない。 で、乾杯から「太平楽ニューボトル」。 パティシエを目指すAちゃんの話と供に頂いた摘みは「チャーシュウ3種盛」。 新しいメニューなのだが、黒板品なので常設では無いのだろうし、常に3種のチャーシュウを取り揃えるのは難しいだろう。 何れにせよ、この盛り合わせは小生に取っては非常に有り難く、嬉しい。 勿論、「ハーブロースト」、「鵠沼味噌ポーク」、「ひなだれ」の組み合わせだから、豪華。 重ねるグラスの数も増えようと云うものだ。 Aちゃんが「麒麟」を確り普通盛で平らげた処で、漸く彼女を解放。 御疲れ様!
蚕豆の後、さぁ「麒麟」を頂こう。 でも、Aちゃんとは違って、小生は小盛を御願いする。 そう、麒麟のスープに潜む挽肉等の具のボリュームは身に、いや御腹に沁みて居る。 …いや、ヤッパ、麒麟は凄い。 芳実オーナーの最高傑作のひとつだ。 小生は酢を使わないので、マジックの一端をミスって居るのだろうが、この適度な辛さと複雑な旨味。 其れに前述した沢山の具… 此れは超御勧めで有る。 そして、小生の歳に為ると小盛の存在は有り難い。
喰後に今度はTさんと盛り上がって居ると、更に常連レディーズも登場して、週初めとは思えないラズマダズ。 折角、Aちゃんが名前を書いて呉れたボトルなのに、もう残り1/4程だ。 火曜日の夜から呑み過ぎだなぁ。 亦、オーダーストップ迄、あっと云う間に時が過ぎてしまう。 こう云う時間は、兎も角、矢の勢いが違う。 名残惜しく、Tさん、Kさんと相乗りしてタクシーで帰路に就いたが、Tさんは割勘負けみたいで… スミマセン。
Baku
posted by claris1 at 00:55| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。