2009年04月01日

旬風@秋葉原 2回目

秋葉原で昼喰と云う状況に為ったのだが、月曜日で「がんこ」は御休み。 アキヨドの上で頂くのは躊躇われる。 で、思い出したのが此処、「旬風」。
以前に FILE さんのブログに誘われて一度伺った。 場所もちゃんと覚えて居たぞ。 前客1、後客5と云う状況。 昼休みなので、もう少し活気が有っても良いのだが… 店内は開店当初と同じ様に清潔だし、ペーパータオルのサービスも有り、接客印象も上々だ。 でも、厨房から見下ろされる様なカウンターは、やっぱり抵抗感が有るなぁ。 券売機で選んだのは、「こってり醤油」。 夜のつけ麺を含めて、全てのテイストに「あっさり味」と「こってり味」が用意されて居る。 深くて大きめ丼なので、量が少ない様に見える。 背脂がたっぷりなのが、「こってり」の所以かも知れないし、スープも白濁する程に豚骨を煮詰めて居る。 中々濃度が高いのだが、味的にはそう濃くは無い…と云うか、濃さに見合わず、物足り無いと云って仕舞って良いだろう。 何か足りない… 麺は「春よこい」(藤沢時代のめじろにこんな名前の作品をオヤジさんが作ったなぁ)と云う拘りの小麦で作った自家製麺。 手揉みの平打縮麺は、風味を強調して居るが、張紙のコメント程には其れを感じなかったな。 細切のメンマは、歯応えのコリコリした珍しい固いタイプだが、結構好きだ。 チャーシュウはホロホロと崩れる肉の旨味を楽しめるタイプで美味しい。 其の他の具は、味玉半個、刻葱、水菜。 悪くは無いんだけど、何となく欲求不満的後味なんだよねぇ…
Baku


posted by claris1 at 00:31| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。