2009年03月24日

めん屋そら@神田 11回目

春は風の強い季節なのだが、この日は電車を止める程だった。
頑張って綻んだ最初の数輪の染井吉野が、後悔頻りの様子で翻弄されて居る。 昼休み、花粉のブリザードみたいな中を向かったのは、神田駅近くの「そら」。 秋葉原に買い物に行く途中に寄った。 御客様もスタッフもイマイチ気も漫ろなのは、WBCのUS戦のライブ中継の所為だ。
御願いしたのは、シンプルに「ラーメン」。 少し、甘目で一寸ベタっとして居る印象…の筈だったが、思いの外、スッキリ味だ。 来る度に予想に反するテイストに思えるが、屹度、同じ味を維持して居るんだろうな。 平打ち麺と細打ち麺が選べると仰るが、「細打ち麺」は初耳。 まぁ、表現的に可笑しい訳では無いのだが。 其の細打ち麺だが、一寸、ウェイビーでスープとの絡みが良い。 インスタントラーメンの麺を思い出しそうだが、そんなに悪くは無い。 比較的、大人しいが纏まりの良い一杯と云う事だ。
で、秋葉原へ…って、亦、行くんかい。
Baku


posted by claris1 at 00:20| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

au S001 by SONY Ericsson 其の1

W21CA, W41H, W53CA と云うのが、「WIN」に為ってからの小生の遍歴。
新機種が出る度に「欲しい」とは思うのだが、「どうしても欲しい」が出る迄、我慢した結果だ。 何時もカメラがポケットに…の楽しさを教えて呉れたのが、此等の携帯達だ。 21CA も名機だったと思うが、53CA は、好きな携帯だ。 関東の発売日が遅れて、待ち切れずに大雷雨の福島迄、新幹線で買いに行ったのが昨日の事の様だ。 61S, 63CA, SH001 と「欲しい」とは思ったが、「どうしても」は付かなかったので、思い留まった。 しかし、今回は発表時の情報、前評判を耳にするに付け、「買っちゃうんだろうなぁ」と思って居た。 随分待たされた末の発売だったので、53CA の時の様に発売日に買っても良かった。 だが、当時と違って、今の携帯は実機の動作印象を確認しないと(SH001 の様に?)危ない。 で、「人柱諸兄」のレポートを具に読む事、3日間。 最近のau機種には珍しく、高評価が確定?した処で、腰を上げた。 初回ロットの数が少ないとの事前情報通り、秋葉原の量販店では売切の色も有る。 そんな雑踏に紛れて、じっくり操作して、質問して、納得して… 地元のauショップに在庫を確認。 そう、携帯は何時も、auショップで買う事にして居る。 5000円程のポイントが付くとしても、あの喧騒の量販店の売場で、機種変更の手続きをするのは、決して好きに為れないのだ。 電車の中で、53CA のフェリカに入って居るデータをサービス提供会社のサーバーに一時預ける。 Mobile Suica でしょ、Edy でしょ… 翌日から使うものを最優先だ。
其れにしても流石はau、天候は「嵐」なのだ… ビショビショでショップに到着した頃には、天気の所為だろう、電話をしたタイミングとは打って変わって、閑散として居た。 もう一度、モックでカラーをチェック。 今回は、「オリーブ X ゴールド」。 始めてのシルバーでもブラックでも無い色。 小栗君には敵わないが、小生にだって似合う筈だ、屹度。
auショップで小生の担当をして呉れたのは、御兄さん。 良かった… 53CA のオープンエミーロには、少しエッチなグラビアフォトを仕掛けて居たのを忘れて居た。(汗) 因みにソニエリには「オープン絵見ろ」の機能は無い、残念。 今回のモデルから、卓上ホルダー等も別売に為った。 其れは悪い事では無いが、ショップに在庫して居ないのは、困ったものだ。 で、短気な小生は隣駅の量販店に足を延ばして、覗き見防止フィルムと一緒に即日購入。 …チェックして良かった、卓上ホルダーのUSBケーブルの端子形状が 53CA とは違う。 で、ケーブルも追加購入。 こう云うのって、何とか為らないものかなぁ。
取り敢えず、Mobile Suica とEdyだけは、設定を済ませて、後はボチボチと… いや、小生の事だから、アタフタと遣るので有る。 あぁ、亦、遣る事が増えた。 体調、イマイチなんだけれど…
Baku
posted by claris1 at 00:12| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

西尾中華そば 其の4

雨は其程では無いのだが、風が強くて傘を壊されそうだ。 そんな天候だが、この日は秋葉原に用事が出来た。 では、其前に渋谷へ寄ろうと湘南新宿ラインに乗り込む。 日曜日の恒例と為った UQWiMAX の接続状況の確認は、凪スタッフのブログを読む事で行う。 戸塚−横浜間は比較的安定して居るのだが、横浜を過ぎるとどうもいけない。 其れでも前週の様に全く繋がらない訳では無かった。 しかし、有料サービスに為ったら、この状況では「解約」だねぇ。
傘の世話に為る天候の中、正午の10分前に到着すると、既に開店して居て、御客様も8名と賑わって居る… って事は西尾さんは、ひとりで大変状態。 ポケットにキッチリ忍ばせた1250円を御渡しすると、直ぐにプレモルが登場。 其れには「菜の花漬」が、添えられて居る。 過日、新宿で頂いたのと同じかな? 小生の好物なので、ビールと一緒に楽しめる。 この少し苦い処が出汁と花鰹に合うし、喰感が良いね。
この日の中華そばのスープは、前週と同じ位の旨味のコクが出て居る。 深みも充分で、そろそろ落ち着いて来たのかも。 麺に練り込んだ玉蜀黍粉(マサ配合)由来の仄かな甘味が、スープの甘さに上手にハーモナイズする。 特に挽き立ての麺を使って頂いたので、尚更だ。 挽き立ての麺は、とてもモッチリした細麺で独特の喰感だ。 喉越しでは無く、このモチィ感じを楽しむのだ。 細麺で此れだけ餅々な麺を他に知らない。 蘖が普段よりは少しだけ細く無いが、西尾さんの中華そばには欠かせない。 屹度、此れが W53CA で撮る最後のフォトに為る筈。 だから、秋葉原なの…
Baku
posted by claris1 at 23:50| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

VAIO Type P 其の5

前日、IE8のインストール後に「ガジェットの動作には問題無い」と書いたのは大間抜けで、基本中の基本ガジェットで有る「アナログ時計」が動いて居ない事に気が付いた。 24時間も其れに気が付かないとは、無くても良いガジェットだった事と自分の阿呆さの証明かな。 其れにしても、MSはちゃんとテストしたんかいな? で、他の時計のガジェットを拾って来てインストールした処、完璧に動いて居る。 ま、ベターなデザインのアナログ・デジタルクロックのガジェットに代える良いトリガーに為ったと云う事で…。
こんな作業を自宅でする際に、VAIO Type P の小さな画面は効率が悪い。 色々と試して、「115」がボタンが隠れて押せなく為ると云う事態が起き無いDPIの最大値と判った。 だが、其れでも矢張、自宅で使うと「操作し辛い気分」を拭えない。 外部ディスプレイへの出力端子も用意して有るのだが、配線を持って来るのも面倒。 リモートデスクトップで Vostro 1510 から操作しようと思ったのだが、小生の VAIO はVista Home Premium だった… で、Ultra VNC を双方にインストール。 VNCは久し振りだが、ちゃんと進化して居た。 Windows 7βでどうかと思ったが、時々、相手を見付けられない事が有るだけで、繋がってしまえば問題ない。 ただ、画面展開に妙に時間が掛かる事が有る。 親子を逆にして、ネット経由で VAIO から Vostro をコントロールしようとも考えて居るが、一寸心配なレスポンスだ。
複数のPC、特にモバイルユースをして居ると「ファイルのシンクロ」は重要な課題だ。 モバイル歴の長い小生も色々と格闘して来た。 「使える」ツールとしては、古くはMSの Briefcase に始まって、Foldershare 迄、彼是試したが、何れもイマイチだった。 だが、今回テストして居る「Dropbox」は決定打に為りそうだ。
所謂、「オンラインストレージサービス」なのだが、非常に良く出来たファイルのバックアップとシンクロの機能を有して居る。 運営はUSの会社なので、インストラクションやユーザーサポートは横文字に為るが、日本語の名称も問題なく使えるし、2GB迄なら無料で利用出来る。(登録後、丁寧なレターが直ぐに届いたのも印象が良い) クライアントソフトをインストールすると、「My Dropbox」と云う専用フォルダが作られる。 運用としては、フォルダやファイルを此処に普通に格納して置けば良い。 此れで、Dropbox をインストールした全てのPCの「My Dropbox」フォルダがシンクロされる。 勿論、ネットに接続されなければシンクロされないのは云う迄も無いが、殆ど意識しないで使える処が秀逸だ。
実はプラスαの機能も大したものなのだが、其の詳細はググって頂く事にして、概要だけの紹介に留めると、クライアントソフトの入って居ないPCからでもブラウザ経由で、Dropbox 社のサイトからセキュアな通信手段に依りファイルを落とせる。 アカウント名がメルアドなので、セキュリティがパスワードだけと云うのが、心許無い。 だが、非常手段としては有効だ。(PCでファイルを削除し、シンクロ動作が作動した後だと、当然 Dropbox 上でも削除されて居るが、復旧は可能だ) 実はダウンロードだけでは無く、多少の制限は有るものの、ブラウザ経由で殆どのオペレーションが出来る。 ノビスだけでなく、少しは慣れたユーザーにも嬉しい造りに為って居る。 もうひとつは、ファイルのリビジョン管理(世代管理)機能だ。 MOSS(Microsoft Office Sharepoint Server)のドキュメントライブラリ等でも使われる機能で、ファイルの内容を以前の状態に戻せる機能だ。 此れが無いと、ファイル名に日付や時刻を織り込む等の工夫をしないと為らないし、大体、スマートでは無い。
更に誰とでもファイルの交換が出来る様に、Public と云うフォルダも用意される。URLさえ伝えれば、Dropbox ユーザーで無くてもファイルをシェア出来る。 写真専用の Photos フォルダとか、Dropbox ユーザー同士でのファイル共有の為の Share フォルダも用意されて居て、「何でも御座れ」状態。 此れは「御勧め」です。
尚、年間100ドルで50GBの容量が使える様に為る。 月単位なら10ドルだ。
Baku
posted by claris1 at 23:56| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

VAIO Type P 其の4

此処迄遣ったら無理が利かない年齢なのか、もう身体が云う事を聞かない感じだ。 前夜の I 御所様への不義理のフォローを御願した渦の芳実オーナーの元に参ずる事も叶わずに、寝る、眠る。
前夜は思わぬトラブルで、オフィスに留まる羽目に為る。 下町のセンターでの作業だったので、早い時刻の終電を逸してしまう。 I 御所様との訪渦の御約束を反故にしてしまい、誠に申し訳ない次第だ。 タクシーで帰宅するよりも近くのホテルに泊まる方がずっと安いので、チェックイン。 直ぐに寝れば良いのに、3連休(トラブルは、作業開始前の状態に戻して、後日に仕切り直しと決定)の前と有って、鞄から VAIO Type P を取り出して、UQWiMAX が使えるかどうかのテスト。 意外に安定して繋がるので、彼方此方のサイトをウロウロして居ると、見付けてしまった「IE8正式版」リリースの案内。 そうでなくても、此処の処、本業も暇では無いのに帰宅してからも VAIO Type P のメンテで遊んで居るので、睡眠不足気味と云うのにだ。
兎も角、早朝に帰宅して彼岸の墓参を済ませた後に、IE8正式版を VAIO Type P にインストール。 IE7に比べると遥かに速く為って居る。 Chrome と遜色無いと云って良いが、僅かに Chrome の方が速いと感じるページが多い。 まぁ、きちんとしたベンチテストは、直ぐにアップされるだろう。 何より aublog の投稿画面が正常に表示されるのが有り難い。 この儘だと、Chrome に速度では多少劣っても、IE8を使う事に為ってしまうな。 其の Chrome だが、実はアップルの Safari と同じく、ブラウザーエンジンに「WebKit」を採用して居る。 だから、双方ともに aublog の投稿画面の様に正しく表示出来ない共通点が有るのだ。
IE8には、考慮点が有る。 前回の記事の画面ショットを見て、御気付きの方も居らしたと思うが、あのショットは、実はIE8をインストールした後に撮ったものだ。 小さいので判り難いが、ガジェットの周りにマゼンタカラーの枠が出来て居る。 設定で取り除ける部分では無いのだが、其の内、レジストリの修正情報でも上がって来るだろう。 凝ったガジェットは使って居ないので、一番心配したガジェット自体の不具合には遭遇して居ない。 もうひとつのトラブルは、VAIO Smart Network のフローティング画面をサイドバーエリアに置いた儘、IE8を入れると、操作も移動も出来なく為る事だ。 此れにはチト焦ったが、メイン画面を表示させて居る間だと移動する事が出来て、事無きを得る。 移動させた後は、操作も問題ない。
尚、IE8正式版だが、Windows 7βでは使えない。 US本家のホームページには其の断書が有るが、日本のサイトには書かれて居ないので、「Vista 用」をインストールしてしまう7βユーザーは多いだろうなぁ。
Baku
posted by claris1 at 23:10| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

VAIO Type P 其の3

VAIO は、Type P で2台目。 SONY好きなのに意外と使って居ないのは、矢張、少し高価なのと本人自身が洒落ても始まらないと認識を新たにして、実用本位の安い、いや、コストパフォーマンスの良い?PCばかり使って居るからだ。 モバイル大好きな小生の最初の VAIO も小型PCの先鞭を付けた「U(PCG-U1)」だった。 Uの場合は、発売日に店頭(今は亡き、秋葉のコンピュータ館)購入して、ロクにXPを動かさない内に、Windows 2000 にダウンバージョンして、未だに現役だ。 こうしたのは、全ての機能がXPと同様に使える確証が有ったからなのだが、メモリースティックのアイコンを表示するのが一番大変だったのを記憶して居る。 未だハードもソフトも可愛かった頃の話だ。
今回もVAIO Type P をXPにダウンバージョンする情報を漁ったが、Uの時の様に100%Vista と同じ様に使えるとは判断出来なかったので、諦めた。 其の代わり、オペレイショナビリティを維持した儘、何処まで「サクサク」に為るかをトライする事にした。(結局、好きなのよねぇ…) 勿論、ネットや雑誌の記事を拾い集めた末に作業開始。
本来なら、McAfee をライトなアンチウィルスに変えると云うのが、常套筆頭手段なのだが、3ヶ月の無料ライセンスを使い切ってからにしようと思って、放置。 妙に悋惜なので有る。 で、Vista の(小生に取って)不要なサービスを切る、切る。 切り過ぎて(汗)、復活も何度か… 次に「フォント」だ。 不要なソフトを外すのだが、消去してしまうのは嫌なので、別フォルダーに移動した。 Sakura と云う花見シーズンにタイムリーな名称の、フォント管理用のソフトが便利だった。 尚、Sakura は、Vista 対応とは謳って居ないのだが、「使える」と云う情報で採用。 更にレジストリ等のクリーンアップと最適化は、Glary Utilities が活躍。 最近は洋物でも標準で日本語をサポートして居るソフトが多く、面倒が無い。 CCleaner も良さ気だが、もう少し機能を探ってから両方とも使うかどうかを再検討しよう。
UQWiMAX も「使えない場所が無い」程のサービス稠密性には程遠い癖に、厚顔にも問答無用でサービスインして来る。 起動用のショートカットをデスクトップに作るにも拘わらずだ。 勿論、即効で切って、使える時(未だゞ少ないぞ)だけ起動するようにした。
ブラウザーは低性能のPCの頭痛の種だ。 VAIO Type U は「ネットPC」にカテゴライズされないとのコンセプトだが、インターネットに繋いでナンボのマシンで有る事は同様だ。 なのに、其れがボトルネックに為ると云うのは皮肉な物だ。 だが、吃驚したのは、グーグルの Chrome 。 噂には聞いて居たが、速い。 IE7とは比較に為らない。 Safari の様に洒落たセンスは感じないが、スピードは抜群だ。 VAIO Type P を UQ WiMAX で使う場合には、此れだ。 幾らIE7をチューニングしても、こうは高速化出来まい。 で、IE7の高速化には手を付けない事にした。(少し疲れたし…) 但し、aublog の投稿画面だけは、Chrome では、正しく表示出来ない。 此れはSafari も同様だったので、余程、IE特化で構成されて居るんだろうな。 最近、MSが「IE8は、Chrome より速い」とコメントしたそうだが、もう直ぐIE8が正式リリースに為るので、是非トライしたい。
Baku
posted by claris1 at 00:32| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

つけ麺 もといし@神田

FILE さんのブログで知ったつけ麺専門の御店。 小生のオフィスに近いのだが、先を越されて仕舞った(笑)。 この日は昼休みに作業が予定されて居たので、昼休みを前倒しにして、開店時刻の11時に暖簾を潜る。 矢鱈と元気が良いのは、神田の伝統に為りつつ有るのか。 まぁ、元々、そんな土地柄だ。 「本日最初の御注文!」位はまぁ良いとして、麺を茹で乍、「美味しく為〜れ…」は流石に気持ちが悪い。 何れにせよ、何に付けても掛声、掛声で有る。
やや麺を茹でるのに時間が掛ったが、太麺なので止むを得ないと云う処だ。 「写真を撮っても良いですか?」と伺うと、「どうぞ、どうぞ」に続いて、「作り手」のネームタグの御兄さんが、「僕が入らなくても良いんですか?」と FILE さんに告げたのと同じ台詞を。 どうやら、「御約束」の様だ。 普通盛で300g(大盛は450g!)なので、ボリューム感たっぷり。 先ずは太麺のやや平たい麺を直喰い。 固目に茹でて有り、密度が高くて、中々気持ちが良い喰感。 スープは比重の高い豚骨醤油に鰹節風味たっぷり…。 そう、燦燦斗と同じダイレクション。 そう為ると採点が厳しく為る?が、結構、イケます。 トロミの出る具材がスープに沢山仕込んで有り、此れが益々濃厚さを助長するのだが、悪くない。 但し、背脂の大きな粒は、怖いなぁ。 喰感が油揚げみたいな物は、解したチャーシュウの様だが、此れも良い感じだ。 カウンターには、魚粉、刻み玉葱、焦がし葱、それに「十七味」が置いて有る。 十七味は、七味唐辛子の拡張バージョンだそうだが、辛さは其程では無い。 スープに合う様に開発したと謳って居るが、スープが兵(つわもの)なので、17人で掛っても効果が薄い。 一方で、焦がし葱だが、ややオイリー為れど、まぁまぁの香ばしい風味が出て居る。 そんなスープと麺の相性も良い様で、300gも楽に頂いた。 麺を徹底して水切りするので、スープは薄まるどころか段々凝縮される。 最後にホール係の御兄さんがカウンターの上に置かれたジャーから割り下を加えて下さった。 ま、最高とは申し上げ難いが、美味しい一杯だった。
其の御兄さんが小生の箸を見て、「洗いましょう」と云って下さった。 うん、好感度アップだ。 此処は御腹が空いて居る時に寄らせて頂く事に為りそうだ。 FILE さんに感謝。 尚、Tシャツには「酒け麺 もといし」と入って居る様に夜はアルコールも楽しめる店に為るそうだ。
Baku
posted by claris1 at 21:13| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

今日のめじろ 其の461

この週はめじろに行けないかも知れない、と思ったら、川崎からの帰路の困難を顧みずに川崎駅で下車して了った。
祐貴社長とKさん、そしてこの日スタートのスタッフの方と3人体制。 ビールとチャーシュウと云う定番のスタート。 うん、この夜もこの組み合わせが良い。 ビールも勿論だが、チャーシュウの肉とタレのバランスが良い。 代々木はタレを濃くして個性を出して居るが、川崎のタレは然程には、ヘヴィで無い。 社長がもう少し濃い方が良いかと尋ねられるが、小生としては此れ位がベスト。 更に壱岐っ娘とメンマを頂く。 メンマには、Kさん特製の辣油がたっぷり。 おぉ、中々辛いっすねぇ。 余り粘着してはイケナイと、早々に主麺を御願する。 「焦がし葱ら〜めん」。 川崎のテイストが本店に歩み寄って居るのが、良く判る一杯だ。 川崎店でも近々、穂先メンマに変わるそうだが、益々、本店味にシフトなのだろう。 麺はスープ以上に「違い」を感じるが悪くなんて無い。 でも、社長から本店も川崎ももう少し太い麺に変える心算と伺った。 此方の一杯も完飲。 焦がし葱の風雅さを楽しんで居たら、気管に入って噎せる… うむ、歳は取りたく無いものだ。
もう少し粘着して居たら、Mさんに御会い出来たかも知れなかった様で、残念。 川崎店には、渦の芳実オーナーらも時々顔を出されるとか、皆が集う様な御店は楽しい場所に為る。
Baku
posted by claris1 at 00:02| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 52回目

日曜日に続いて、穏やかな天候の週初め。 オフィス付近の桜の花芽も随分膨らんで、もう開花迄10日は掛からないだろう。 そんな中を無粋なマスク姿で、ますたにに向かう。
こんなに流行って居るのに、もっと集客しようと店舗案内の看板が彼方此方に置かれる様に為った。 6人もの陣容だが(まぁ、この混雑なら当然)、この日は見知ったスタッフが、厨房にもホールにもいらっしゃらない。 シフトが変更にでも為ったのかな。 ベテランの女性がホール担当だが、初めて御目に掛かるので、丁寧にリクエストを伝える。 「固目40秒、後は普通で、御飯は要りません」 結局、以前の麺と茹で時間は一緒と云うのが、結論だったのだが、小生は40秒の方が以前の麺の喰感に近くて好みだ。 だが、そろそろ前の麺を忘れて来た。 ま、そんなモンだ。 慣れて来たので、この麺も美味しく頂ける様に為ったかも。 この日は一寸気紛れで、胡椒を振って見た。 白胡椒だった所為かも知れないが、「効かない」。 改めて痛感、凄い「騙し」?のスープだ。 でも、美味しく頂けるから良いのだが… チャーシュウはパサパサだし、メンマは存在感が無いし…って、此れも普段通り。 スープと麺が有れば、其れで良し、です。
Baku
posted by claris1 at 20:42| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西尾中華そば 其の3

麗らかという表現は、この日の為に有る様な御天気だ。 福岡からは、早くも染井吉野の開花の報が聞こえて来た。 そんな陽気に誘われてモバイルPCを携えて御出掛。 こう云う性癖は、20年前と変わら無い。 変わったのは、PCの性能だ。 PC98LTと比べて、隔世の感とは将に此の事だ。 PC98LTを持って、当時住んで居たアパートの近くの公園のベンチで、日経MIXの記事を書いて居たのが、懐かしい。 当時からエディタは Mifes だったが、VAIO Type P ではとうとう卒業して、フリーウェアの MK-Editor を Mifes ライクにカスタマイズして使って居る。
行き掛けの湘南新宿ラインで、UQ WiMAX のテスト。 発見は、2階と1階で安定度が随分違うと云う事だ。 余りに繋がらないので、軽量化の為に沢山切った Vista のサービスが不味かったのかと案じた程だ。(凪のカウンターでテストした処、其の懸念は無く為ったのだが…) で、11時50分に到着。 前夜の西尾さんは新宿店で聞し召された様なので、多少の心配が有ったのだが、定刻に開店。 御待ちの方は、5名。 握り締めた1250円を御渡しして、カウンターの端に着くと直ぐに、サントリーのプレモルを持って来て下さった。 そして、中華そば。 西尾さんは、この日の中華そばの出来には自信が有る様だったが、確かに此迄のベストで、スープの深みやコクがドンドン増して居る。 基本的な味わいは、変わって居ないが、甘みが抑えられて醤油タレが存在感を示して居る。 西尾さんに依れば、寝かせたタレを使ったとの事だが、其の効果は充分以上だ。 この日の麺も玉蜀黍粉を煉り込んだものだが、更に挽き立てとの事。 餅ぃ喰感が非常に高い。 ネチネチと表現しても良いのだが、「語感」が良く無いかも知れない。 西尾さんの仰る様に先日迄の「ますたに」の麺にも通じるのだが、此方の方が更にモッチリだ。 関西風の細蘖も良い感じだが、少し量を控えたので、痛風に優しい仕様に為った。 西尾さんと御話して居たら、フォトテイクを忘れて、慌てて1枚。 こんな風に「進化」を見せ付けられると、毎週、馳せ参じない訳には行かなく為るなぁ。 過日、京都に御一緒した方からの玉蜀黍粉だが、彼の本職のテキーラも、西尾さんがグラスで用意して下さった。 おぉ〜50度位は有りそうなアルコールだが、独特の風味は、矢張、本場モンだ。
ビールとテキーラを片手に、30分程、UQ WiMAX のテストをカウンターでさせて頂く。 凪のカウンターは感度良好で、テストは順調だ。 何しろ、自宅は未だサービスインして居なくて、テストも出来ないので、助かりました。 で、満席に為った処で、厨房の西尾さんに外から声を掛けて失礼して来る。
Baku
posted by claris1 at 20:36| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。