2009年02月01日

いけ麺@神田 7回目

翌日は確実に雨。 既に霧雨の走り見たいな天候。
午後の会議に備えて少しフライング気味にオフィスを出た。 「一茎草」は時間的に一寸無理。 「無限庵」は、新しいメニューも掲げて居る様だが、もう少し間を置きたい。 で、2009年は初訪問の「いけ麺」。 昼休み前とは云え、正午に数分と云うタイミングで、前客0、後客1では、雑誌掲載の張紙が色褪せても不思議では無いかな。
券売機で「味噌つけ麺」とチト悩んで、普通のつけ麺を御願する。 あのチャーハンスープのテイストが少し欲しくて、だ。 其の期待は裏切られずに、あの少しだけ薬臭い様なスープは健在。 刻葱は臭さが出て居ない。 麺は少なく見えるのだが、温麺用の丼が深い所為で、温麺よりはボリュームが有る。 其の温麺と同じ麺を使うので、水で締めると腰砕けに為って仕舞がちだ。 其処で「締め具合」を調整して居るのだが、矢張、麺に腰が無い。 意外に祭らないのは良いが、風味も不足気味なので、もう少し太麺の方が良いだろう。 麺に混ぜて有る蘖の茹具合が不足で、少し根っこ臭い。 麺と同じ笊を使って、茹麺機で蘖を茹でるのは如何なものなのだろうな… テキトーな盛付と併せて、調理に丁寧さを感じない作品だ。 チャーシュウもテイストは兎も角、柔らかくは無いのに崩れると云う変な質感だ。 他は、どうでもメンマ。
Baku


posted by claris1 at 23:13| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。