2009年02月11日

リモコン防犯灯

物騒な世相を反映して為のか、最近、防犯灯を設置する御宅が増えた。
センサーが働いて、人が近付くとパッと矢鱈と明るい照明が点ると云うタイプだ。 夜は勿論、小生が家を出るタイミングは、防犯灯が動作を止める程の明るさには為って居ないので、彼方でパッ、此方でピカッと不審人物扱いで有る。 特に正面から照らされるケースは眩しくて嫌なものだ。 通る道筋の全ての防犯灯の位置が頭に入って居るので、驚く事は無く為ったのだが、時に新設の奴にドキッとさせられる事が有る。 センサーの守備範囲が、公道に迄至るのは如何な物かと思わないでも無いが、狭い土地に目一杯の建物を建てる御時世、仕方が無いか。
TVカメラと連動して居る設備を備えた御宅も有る。 如何にも泥棒殿に狙われそうな豪邸。 ライトは抑止力期待で、カメラは赤外線なのかも知れないが、照明が点いた後にカメラが音も無く此方を向くのは気持ちの良いものでは無い。 もし、録画でもして居るなら、肖像権とプライバシーの侵害で騒いで遣るのだが… 其れを確かめる為に忍び込んで見ようかしらん。
Baku"


posted by claris1 at 13:55| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 48回目

もう云う迄も無いのだが、礼儀?として何時ものおばちゃんに「麺固1分」と御願いした。 と、料理長さんがぬッと厨房から顔を出されて仰った。 「麺を変えたので、此迄以上に腰が有ります。 1分で宜しいでしょうか?」 御気遣い痛み入ります。 「取り敢えず、今日は1分で…」と小生。 固目な分には厭は無いだろうと云う判断と、今迄も時には40秒とか、云って見たかった事も有ったからだ。
扨、先ず麺の固さだが、確かに此迄よりもやや固目かも知れないが、小生には文句の無い茹で加減だ。 喰感からすると、「ツルっと感」が増した。 恐らくは、麺を変えたと云われなくても気が付いたと思う。 以前の麺の方がもう少しボソッとした感じが有り、小生の好みは以前の麺に分が有りそうだ。 だが、新しい麺が悪いと云う意味ではない。 スープとの相性も悪く無いし、見た目は何も変わらないので、常連さんでないと多分判らないのではないだろうか。 と云う訳で、何時もの様に刻葱を絡めて美味しく頂いた。 メンマやチャーシュウは不変。
帰り掛けにレジの処へ、料理長さんが出て来て下さって、「どうでしたか?」と訊いて下さる。 「私としては、1分で良いように思います。 少しツルっとした感じが増しましたね」と答えると、彼は「モチッとした感じが出たと思うのですが…」と仰った。 モチとツルは、大分違う様にも思われるが、まぁ、人の感じ方、表現は区々なので、こんなモンだろう。
伺わなかったのは、「なぜ麺を変えたのか?」と云うポイントだ。 今度、御客様が居ない時に伺ってみたいものだ。 「麺熟成室」と書かれた扉の向こうを思い乍、立春の街をオフィスに戻る。
後日、凪の西尾さんともこの「ますたに」の麺が変わった事に就いて、御話をする機会が有ったが、専門家の意見には何時も耳を傾けるべき事が有る。
Baku
posted by claris1 at 00:09| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

めん屋そら@神田 10回目

遣い物のワインを送る店の選択は名を取るか、実を取るかを決めるのは中々の悩み処だ。 名前の知れたデパートや高級ワイン店と気取らないリカーショップでは、随分値段が違う。 でも、今でも老舗のデパートの包装紙に胸をときめかせるシニアの方がいらっしゃるのは事実だ。 今回は実を取って、後者。 神田駅近くに有り、時々顔を出すショップで手配。 化粧箱の費用が別途必要なのも「らしい」処だ。
そんな昼休みの買物序に寄ったのは、「そら」。 途中覗いた、二郎、否、「旧二郎」は10人以上が並び、「無限庵」も3人の方が狭くて人通りの多い歩道に立ちんぼうだ。 「江戸前なんとか」と云う様な名前の作品のポスターが賑やかだが、御味は改善したのだろうか? 未だ疑心暗鬼で入店出来ないで居る。 入口付近に「ラーメン店開業をサポートします」みたいな意味合いの看板も有ったが、是非、御自店が其れに見合った内容に変革されたと信じたい。 近々、ドロップインして見ようぞ、久し振りに。
「そら」は2階に女性専用席が有るが、男性も其程には行列しない。 この日も2名程が御待ちなだけだ。 300gのつけ麺や「雷」を冠した辛味の強いメニューは避けて、ノーマルな醤油ラーメン。 細麺と平打麺が選べるので、この日は後者を御願した。 一口啜って、「そうだ…、この甘さだった」と思うのは、毎度の事だ。 この初口の甘さは、直ぐに馴れると云う事も思い出したのだが、この日はテーブルの黒胡椒に手を延ばした。 少しだけ多目に使って見たが、やや強引に胡椒が甘さを捩じ伏せる。 本来なら、この野菜系のほんのりとした甘さを楽しむべきなのだろうが、この日の気分はブラックペッパー(笑)だった。 甘味に紛れて気が付かなかったのだが、思いの外、コンクなスープなのだな… 魚介風味が強く無いのは歓迎だが、何かが執拗く、何かが不足だ… 平打麺は少し縮れた様相で風味もまぁまぁ。 このスープなら細麺よりも此方がベストパートナーだろう。 葱の処理は悪く無いが、水菜は当然としても、メンマとロールチャーシュウにも特筆すべき物が無い。 此れも毎度思うのだが(そして忘れる)、次回は何時来るのかな?
Baku
posted by claris1 at 23:51| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くじら軒@東京駅八重洲地下街 (4回目) (少し以前の話)

昼休みに八重洲ブックセンター迄足を延ばした。
其の序に寄ったのが、八重洲地下街の端に有る(だからブックセンターには近い)、くじら軒。 横浜の北の方に有る本店は勿論、幾つかの支店は有名で、らーナビでも★を貰って居る。 翻って、この支店の評価は高く無い。 実は小生は、此処以外のくじら軒には伺った事が無いので、比較は出来ない。 確かに、此処の作品が美味いとは、今回も感じなかった。
先ず、店内に煮干の匂いが充満して居る。 スープ由来の香りでは無く、店内に置かれたダンボール箱から、乾物の匂いとして漂って居るのだ。 此れは興醒めなんだな。 次にホール係のアンチャンが幽霊のように活気が無く、大人しいと云うより、異様な印象を与える。 この2点だけで30ポイントは減点したく為る気分だ。
最初に菠薐草から喰べるのが、小さなテクニックと「夜中にラーメン…」から学んだ。 其の菠薐草は悪く無い。 ボソっとしたタイプのチャーシュウも良くは無いが悪くも無い。 メンマは短くて細くて、味も適切とは思えない規格品。 鳴門が乗って居るのが、くじら軒らしいけれど… 其等を浮かべて居るスープなのだが、透明クリア系統の見掛けに拘わらず、煮干風味が強い。 其れも余りソフィスティケイトされて居なくて、ややエグミすら感じさせる。 白胡椒をたっぷり振って、中和に務める。 ベースの醤油は悪く無いので、煮干の処理と量かな、やっぱり。 麺はやや細いものだが、何か独特の匂いがする麺なのだ。 中学校の理科室みたいな匂いなのだが、一体、何から来るのかしらん。 と、云う訳で、何だか匂いが気に為る1杯と云う事に為ってしまった。 確かに、此れでは★は貰えないなぁ。
Baku
posted by claris1 at 00:33| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

VAIO Type P 其の1

そろそろと思い、此処1週間程、普段は余りアクセスしないメールアドレスを半日置きにチェックして居たが、漸くSONY Style から発送メールが届いた。 宅配便のドライバーに直接電話連絡をして(便利に為った)、奥さんの帰宅時刻以降に配送して頂ける様に御願いして… そして、オタク諸兄がネットで告白して居る「急な腹痛」…は、流石に避けて、きっちり、「明日は休暇」と宣言をして、オフィスを出る。
SONY Style のオーナーメイドでは、キーボードの上部に刻印を頼めるので、「Learn calligraphy at fifty.」と入れて見た。 名前も入れたので、転売出来ないな。 扨、震える指で開梱して、先ずは充電。 「翌日からは暫く私はVAIOの相手だよ」と、Windows 7 を入れられて喘いで?居る Vostro に告げて、取り敢えず、Vostro を使うのに当面必要な作業を続け、漸く日が昇る頃に完了。 直ぐに VAIO の作業に移りたい気持ちを抱えて、就寝。 短い睡眠時間でパッチリ目が覚めて、作業開始。 VAIO UPDATE と MS UPDATE から始めて、初期設定を完了した処で、フルバックアップ。 続いて、トラブルが多数報告されて居た「リカバリー用のDVD作成」に掛かる。 当方の新製品で尚且つヘヴィデューティなドライブで焼いた処、何の問題も無く完了。 其れでも出来るだけ、SSDのリカバリー領域は潰さずに残して置こう。
予想された事でも有り、散々云われて居る事だが、遅い… 画面の文字が小さい。 勿論、其々に有る程度の改善策は有るが、目の当たりにすると実感。 老眼とは云え、細かい文字が然程気に為らない小生でも、このVAIOはEMONE の様に目の高さに持ち上げて使う訳では無く、基本的にはデスクに置いて使うスタイルなので、流石に少し辛い。 細かい文字が全くダメに為った奥さんが画面を覗き込んで、吹き出した。 DPI を大きくすると云うのが通常の解決策だが、今はもう少し頑張って見よう。
一方、動作が遅い件だが、Aero は納品時から切って有る(Home Premium で購入)。 其れに加えて、表示のデコレーションを止めて、余計なアプリをスタートアップから落として、不要なサービスを停止… UACも切って、御黙仕様に。 ま、ネットで詳らかにされて居る措置は大体遣って見た。 結果、まぁこんなモンだろうと云う程度に漕ぎ着けた。 長く使って居るとファンレス構造と云う事も有って、可也熱く為る。 其処で以前使って居たファンの付いたノートPC用のスタンドに乗せた。 サイズが合わないので、格好良くは無いが、効果は覿面だ。
キーボード音痴の小生は、スティックポインターも文句を云う程嫌いでは無い。 だが、スティックの頭を叩くと左クリックと同等の動作に為る、プレスセレクト機能は、小生はダメ。 一番感度を鈍くしても、直ぐにクリック動作してしまう。 此れでは怖くてレジストリーエディタ等は使えない。 で、カーソルの動きも偶にスムースでは無く為るので、PS/2互換のマウスドライバに入れ替えてしまった。 Wheel Ball を入れれば、使えなかった真ん中のボタンもスクロール用に使えるので、便利に為った。
取り敢えず遣る作業の内、残るのは EMONE を経由したネットアクセスだ。 VAIOを無線WAN搭載モデルにしなかったのは、Bluetooth で行けると踏んだからだが… 自宅の小生の部屋は、電波僻地にも拘わらず、EMONE の電波状態ランプはグリーン。 今迄、部屋では EMONE を無線LANでしか使った事が無かったが、このグリーンランプを信じた。 だが、何度テストしてもダメ。 Vista 用のドライバをインストールして、USBケーブルで接続してもダメ… で、電波の強そうな場所に移動してテストすると、USB接続では、一発OK。 何だよぉ〜 処が、Bluetooth では、やっぱりダメ。 彼是チェックすると、VAIO側でCOMポートがダイヤルアップの設定と Bluetooth とで、齟齬が有るように見える。 だが、COMポートは変更出来ないのだ。 一度、ダイヤルアップを削除して作り直すと、COMポートが一致した。 此れでOK、見事に繋がった。 実は小生、Bluetooth は、今回が初体験。 だから、COMポートの違いが原因だったのかどうかは、正直、良く判らない。 其の後、Bluetooth Connection なんて設定も見付けて、此方を使って居る。 普通のダイヤルアップだと、ネットサーフィンでHPを切り替えるタイミングで、妙なメッセージが出る事が有る。 だが、其れが出ないので Bluetooth Connection を使う事にした。 設定が簡単な筈の Bluetooth だが、存外、手間取ってしまったな。 
扨、オフィスに向かう電車の中で実用テストを敢行。 最初にあっさりネットに繋がったのは当然にしても、イーモバイルの電波が弱く為って通信が途切れると、EMONE からネットへの接続をVAIOから切れなく為ってしまう事が有る。 こう云う場合に、どんな復旧方法がベストなのかは、此れから調査するのだが、電波の不感地帯が有る場合は面倒覚悟で使う事だ。 電車が保土ヶ谷を過ぎると電波強度も安定するので、其の後は一度も途切れる事は無かった。
このVAIOは重くは無いが、手に持って使用する様にはデザインされて居ない。 テーブルの有る席に座って居ないと電車内では使い難いだろう。 この小さな文字を揺れる車内で見るのも御勧めしないが…
もう1点は、EMONE のバッテリーの消費の激しさだ。 Bluetooth とネットの両方を使うせいだろうが、画面を消して居ても、1時間で 1300mAh の外部バッテリーを使い切った。 一方でVAIOは標準バッテリーで余裕充分の様だ。 でも、矢張、オフィスでもVAIOを充電したいのは人情だ。 予備のACアダプターの価格は14000円。 大容量バッテリーの2万円にも驚いたが、此方も負けずの吃驚価格。 本体では無くて付属品で儲けようと云うのだろうか? 其れはセコ過ぎるので其成の理由が有ると信じたい。 其れに10.5Vなんて意地悪としか思えない様な電圧設定だが、探せば有るもので、アイワ製の10V、1.3Aと云うのを500円で見付けたので、2個買った。 嬉しい事にプラグが VAIO Type P に其儘使える。 端子電圧を測ると、10.3 V と理想的だ。(因みに純正ACアダプタは、10.7 V だった) 500円と14000円の差が何なのかは判らないが、勿論、何の支障も無く使えて居る。
液晶保護シートは、バッファローコクヨの覗見防止タイプを選んだ。 ネット最安値の店の納期は掛かったが、VAIOと同時に届いたので、早速装着。 車のガラスにフィルムを貼る際に使うスプレーを使ったので、水泡が消えるのに1週間程掛かるが、気泡が残った場合と違って、不器用な小生でも極めて綺麗に貼れる。 だが、このシートは良く無い。 安売店でも送料込で4000円もするのに、だ。 細い斜線がハッキリと見えて仕舞い、電波状態の悪いアナログTVを観て居る様で御奨め出来ない。 EMONE のシートはそんな事が無いのになぁ…
To be Continued...
Baku
posted by claris1 at 22:06| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

まぁちゃんの謎

年が明けてから、「おネムのまぁちゃん」と擦違わなく為って仕舞って居た。
一寸淋しく思って居ると、小生がオフィスに向かうのに良く使う「湘南ライナー」の同じ車輌で、彼女を何度か御見掛けする様に為った。 この列車は乗車駅に依って、乗車すべき車輌が指定されると云う座席定員制だ。 其故、彼女が我町に引越して来られた(御結婚されたのかしらん?)のかと思った。 「おネム」の仇名の儘に終着駅に着いても、最後に降りていらっしゃる様だったが、流石に振り向いて迄其れを確認しては居ない。
2月の最初のウィークデイに、以前の様に彼女と終着駅で擦違った時に小生は理解した。 彼女は1月のセット券を買い損なったのだと… 湘南ライナーに乗車するには、「ライナー券」と云う切符が、乗車券とは別に必要なのだが、ライナー券には乗車する度に購入する「当日券」と1ヶ月分を纏めて購入する「セット券」の2種類が有る。 そして、其々のライナー券で乗車する車輌も異なるのだ。 セット券を買い損ねた彼女は1月に限って、当日券を買えた日にだけ湘南ライナーに乗って居たと云う事だ。 なぁ〜んだ、元々我町の住民さんだったのね。
こんなストーカー紛いのアーティクルをアップすると変態扱いされそうだな…
Baku
posted by claris1 at 20:29| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

Vostro 1510

夜のラーメンに無沙汰続きだ。 イヤ、ダイエットと云う訳では無い。 理由はふたつ、夜の御座敷の数が相変わらず…。 もうひとつは、「嵌って居る」のだ、パソコンのセットアップに。 1台は「Windows 7」で、もう一台は、SONY VAIO Type P で有る。 足が遠退いて居る御店には、一段落したら埋め合わせをしようと思って居るので、乞御容赦。 今は寝る間も惜しんで、キーボードに向かって居る。
奥さんがノートPCを欲しいと云い出した。 此迄に3回程、ノートPCを奥さんにアサインした事が有ったのだが、悉く埃を被って仕舞い、小生がぶつぶつ云い乍、回収して来た。 以来、3年… 流石に昨今では英語教室の管理や本部との連絡等でPCを使わないと、「八分」にされそうなのだと云う。 奥さんは「個人事業主」に該当するので、経費処理も出来るそうで、強気で有る。 其処で一計を案じた。 新しく購入するノートPCを我が物とし、小生の現状のノートPCを奥さんの英語教室に下げ渡すので有る。 INSPIRON 630m は、奥さんの用途には充分以上の性能なので、エッチな画像(笑)を消してさえ置けば、何も問題は無い。 だが、教室の予算は7万円と云う。 先日、「其の程度の用途なら、ネットPCで充分」と云った手前、増額は云い出し難い。 実際、青色申告のソフト等は、「1024 x 600」の画面ではチト苦しいのでは有るが… 其処で色々とネットを漁って、掘り出して来たのが、DELLの「Vostro 1510」。 法人ユースのPCなのだが、新春?期間サービス(法人限定)で矢鱈と安い。 Core 2 Duo に2GBのメモリ、320GBのHDDを組み合わせて、7万1千円(送料もサービス)。 ビジネスユースなので、デザインに面白味は無く、何だかオフィスに居る様だが、ま、そんな事はどうでも良い。 此れで、「DELL夫婦」と為った。
Windows は、Vista では無くXPを選択した。 このPCに Windows 7 をWブートで乗せて、メインPCにしようと思ったのだが、中国から遣って来たPCのハードディスクのパーティション情報にロジカルエラーが有って、System Commander 9 ではパーティション操作が出来ない。 何か小さなパーティションも2つ切られて居て、スパイウェアでも仕込まれて居るのでは無いだろうか(笑)? で、XPのバックアップを取った後に、思い切って Windows 7 をクリーンインストール。 β版を思いっ切りテストして遣ろうと腹を括った。 偶には、マイクロソフトに貢献して差し上げようと云う次第。 Windows 7 は、Vista と似て居る(アプリが、Windows Me と認識するケースが有るのは、WHY? )のだが、嫌いな Vista には疎いので、新しいインターフェイスに接する戸惑いが楽しい。 似ては居るが、動作は軽い。 余計なディスクアクセスも少ない様だが、「御伺メッセージ」が未だ多いので、「御黙措置」を調査中だ。 亦、無線LANの設定等で、Vista と少し違う部分で難儀した。 全く違うなら構わないのだが、殆ど同じで一寸だけ違うと云うのは、嫌な物だ。
PC本体にはロクなマニュアルが付属して居なくて、Windows 7 にしたら、CD-ROM の取出にも苦労させられる始末(本家のHPでやっと理解した)だし、Windows 7 の情報は、ネットのオタク様方の書込が頼りだ。 飛んだ二重苦だったが、何だ彼だと「楽しみ」乍、漸く毎日の用途には、8割程の完成度に至った。 後は、週に一度、月に一度のソフトの動作を確認して行けば良い。 いざと為れば、旧PCが有ると云うのは安心な状況だ。 中には言い掛かりと云うか、小生の誤操作の結果も有ったろうが、沢山の不具合情報をMS社に送った。 現在迄にデスブルーが1回、ブラックアウトが1回。 中々優秀な結果だが、このPCのディスプレイドライバは、Vista 用其儘の所為か、時に瞬(しばた)く。 先のブラックアウトも、このドライバに起因して居る。
並行して遣って居る VAIO Type P のセットアップだが、此方のマシンは Vostro とは逆で、人に見せびらかすのが目的(笑)なのだから、全てがスマートでなければ為らない。 モタクサしてはイケナイので、もっと大変。 其の苦労話は、別稿で…
未だ々、御楽しみは続く。 夜のラーメンは御預けの儘…
Baku
posted by claris1 at 03:56| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

今日のめじろ 其の451

この2月から祐貴社長とAさんが川崎勤務に為った。
其れでは、代々木本店はR店長とHさんだけなのだろうか? Mさんも居るのかな? 夜は誰が担当かな? 等と余計な気掛かりばかりが湧いて来て、遣って来てしまった。 翌日は曇天で寒く為りそうだが、この日は陽光が眩しかった。 とは云え、10度そこそこで節分を迎える事に為りそうだ。
扨、暖簾を潜ると、R君とHさんの二人体制。 相変わらずの賑わいなので、ふたりとも忙しそうだ。 久し振りに通常メニューから、焦がし葱醤油を御願いした。
うん、懐かしいぞ。 醤油の主役っぷりを少し削いだテイストに変じた事は、先日、社長から伺った。 其れを踏襲して居るが、更に磨きが掛かった印象で、ライトな中に感じられる旨味が心地良い。 魚介が少し控え目の様に感じさせるのも、小生の好みだ。 特筆したいのは、焦がし葱。 香ばしさ、喰感共に良い仕上がりで、当に「焦がし葱ラーメン」に相応しい。 麺は云う迄も無く、何時ものR君の其れ。大変に美味しくて、とうとう、完飲。 で、代々木駅で黒烏龍茶を仕込む。
夜はMさんのワンマンショーらしい。 其方は其れで、面白そうだが…
Baku
posted by claris1 at 00:46| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

今日のワイン 其の263

カザマッタ・ロッソ
CASAMATTA Rosso 2006
前週の話に為るが、新しく自宅に導入したPCのウィルス対策ソフトを購入すべく、量販店に立ち寄った。 序に覗いた地下のリカーショップで、あの漫画のブックカバーに飾られた木箱に入れられて居たのが、此れ。 店員さんの手作りの飾り付けが微笑ましくて、つい手を伸ばした。 まぁ、この漫画の影響力は凄まじいのだな。 其れでも、小生もこのボトルが気に為ったのは、ビー・ビー・グラーツがネゴシアンとして売り出したデイリーワインだからだ。 ま、恐らくは漫画でもそんな扱いだったのだろうが、絵描き兼醸造家の彼の評価は鰻登りだし、確かに昨年、横浜のレストランで頂いたグリッリ・デル・テスタマッタは、美味しかった。 で、期待を込めて、日曜日の夜に奥さんと乾杯。 2006年と云うヴィンテージを考慮して、スクリューキャップを開けて、丁寧にデキャンタージュを行う。 少しくすみが強く、濃いガーネットカラーの液体は美人とは云い難い。 ブーケも、サンジョヴェーゼの膨らみが無く、痩せて頼り無い印象だ。 口にするとチェリーの存在は判るが、酸味が強い。 15分程放って置くと酸味こそ退いたものの、代わりに出て来るものが無い。 酸味が引き算されただけで、益々味わいに乏しく為っただけだ。 う〜ん、もう要らない…とタップリ残してしまった。 1800円の無駄遣いだな…
漫画を読みたく為った。 まさか、ビー・ビー・グラーツにして、こんなダメワインも有る、とか云うストーリーじゃないよねぇ。 何かの加減かも知れないが、少なくとも小生が手にしたボトルからは、テスタマッタの片鱗すら感じられなかった。
Baku
posted by claris1 at 00:27| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

立春

娘が大人に為り、家を出て行って仕舞っても、前年迄は節分に豆を撒いた。 この年は節分が火曜日に当たり、奥さんが稽古事で夜は不在。 流石に愛犬の遺影の前でひとり豆を喰らうのは、寂寥感が有り過ぎると云う判断で断念。 で、豆では無く、「恵方」を「巻く」事に決める。 勿論、小生が恵方巻を造ろう等と云う訳は無く、懇意にして頂いて居る御鮨屋さんの暖簾を潜る。 一寸敷居が高いと云う噂(実際はそんな事も無いのだが)のこの店に恵方巻をリクエストされた御客様は、常連の御一人だけだったが、盆に盛られた太巻をニコニコ顔でテイクアウトして行かれた。 小生は何時も奥さんへの罪滅ぼしに、太巻をぶら提げて帰るのが常なのだが、この夜は「恵方巻」と云って渡した。
明けて、立春。
多くの日本人に取って、「春」は待ち望む季節の筆頭だ。 だから、少しでも早く「春」に有り付きたいと、「新春を寿ぎ…」等のフレーズを11月から年賀状に書き始めて、半年先の桜を想うので有る。 小寒、大寒が待ち構えて居るにも拘わらず、年が明ければ、気分は当然の「春」だ。 そして行く春を惜しむ5月の晩春の候には、既に立夏を過ぎて居る。 斯くも1年の半分は「春」の感覚なので有る。
其の春に向けて残念なのは小生的開花宣言対象桜が、伐採されて仕舞ったシーンだ。 重機とバリバリ云う音で、古い御宅を壊して居るのは承知して居たが、庭木迄とは思わなかった。 週末に通り掛るとパワーショベルで将に桜を薙倒して居るタイミングだった。 隣に生えて居た夏蜜柑が折られた桜の枝や幹で払われてコロコロと落ちて行くのを見て居たら、涙が流れた。 其の夜遅くに其処を通ると、すっかり更地に為った其の一角の広さに驚くと供に、土の匂いに何とも哀れを誘われた。 新たな「マイ桜」を探さねば…
一方で、駅に繋がる裏道にひとつ楽しみを見付けた。 以前から、クリスマスの電飾の派手な御宅だったのだが、この2,3年はサンタクロースこそ御引き取り頂くものの、クリスマスを過ぎてもイルミネーションが賑やかだ。 そんな中に24節気の文字が枠に入れて飾って有る。 毛筆習字的に其の文字が優れて居るのかどうかは、造形の深く無い小生には判らないが、嫌いな字体では無い。 先日までは水色で「大寒」と書かれて居り、寒さを一層強く感じたが、其の左脇にやや小振りに「2月3日 節分」と朱墨で掲げられると、其の日を指折り数えたく為るものだ。 そして、4日の早朝、期待を裏切らずに「立春」の二文字が薄暮の中に見て取れたので、小さくガッツポーズをして駅への歩みを速めた。
夜は、「新春搾り」だよね…
Baku
posted by claris1 at 23:21| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。