2008年11月22日

今日の渦 其の191

過日の休日出勤を振り替ろと人事が喧しい。
どうでも良いかと思ったのだが、有り難くボジョレーヌーボーの解禁日の翌日を休みにして、のんびり。 気が付くと奥さんに放り出された金曜日の昼。 当然、本鵠沼へ向かう。 開店5分後のカウンターの空席はひとつだけ、ラッキーかも。 皆さん、粛々とラーメンを喰べて帰られる(そりゃあ、平日の昼間だし)が、ひとりでビール、ビールにヒナダレ。 更にもう一杯… R子さんに云われる迄も無く、ビール3杯は、渦では記憶に無い、ね。 そんな優雅な背徳の時間の後は、黒板推奨のカルボナーラ。 玉子ダメな小生もソースに溶かし込んでしまえば、美味しく頂ける。 地頭鶏(芳実オーナーが詳しく解説して呉れたのだが、大層な鶏と云う事だけは良く判った(汗))の黄身が2個分、白身は1個分入って居るらしい。 「はい、ラーメンです」と饗されたのは、イタリアン。 白胡椒、黒胡椒(この黒胡椒が炭に見えるので、カルボナーラと云うのだとオーナーの解説が入る)を不断に使って居る処も小生の好みに非常に合う。 麺を飾るのは、タワー状に為ったカットチャーシュウ、水菜、糸唐辛子。 麺は、そう思うからかもしれないが、スパゲティライク。 ストレートの丸麺は、アルデンテ。 笑っちゃう程、美味いわ、此れ!
Baku


posted by claris1 at 00:53| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

今日のワイン 其の232

2008年も巡って来た、11月の第3木曜日。 最盛期の半分、前年の2割減のインポート量とは云うものの、一定の賑わいを見せるイベントだ。 サントリーは、ミッドタウンにボジョレーヌーヴォーの(日本だけの)帝王、ジョルジュ・デュブッフを招いてカウントダウンを遣って居たが、2008年は小生の知り合いにも午前0時にグラスを挙げた人達が少なくなかった。 しかし、小生には其の元気が無くて、20時に帰宅してから奥さんと乾杯。
昨年意外に?イケたドミニク・ローランの三越プレミアム(木箱入りっすよ、前年と同じ箱(ヴィンテージ無記入)だけど)を2本抱えて帰って来た。 以前にも書いたが、混雑した売り場で買って(三越の売り場は前年の半分の広さしか無かったな)手で運んで来るのが好きだ。 店頭で買うのが難しいタイユヴァンの黒(ラ・グラン・キュヴェ)だけは、エノテカから届けて貰った。 この年のボジョレーヌーヴォーは、この3本だけ。 (の、筈だった) やっぱり、三越プレミアムは「意外」に美味い。 2年続けて「意外」なので、来年は「当然」に為るのかもしれない。 三越はドミニク・ローランと仲が宜しいようで、先日のフランス展だか何だかの際には、彼が来られて居たと思う。 この年から口が蝋で固められたが、儘よとソムリエナイフを揮う。
なんとまぁ、可憐で美しいカラーだ。 少女を見るようでオジサンは、何だかどぎまぎしてしまう程だ。 一寸、気取って語る事を許して頂ければ、最近は良いボジョレーヌーヴォーばかり選ぶので、どれも「らしからぬ」のだが、このブーケには思わず声が出る。 確りした御嬢さん(笑)だ。 口に含めばフレッシュネスは当然にしても、らしからぬ渋味を感じる。 だが、其の渋味が弁えたもので、若々しさとのバランスが超絶。 更に膨よかさと云うか、円熟味さえ感じる。 美味い… タイユヴァンの赤(プレミアム・レゼルヴ)より上は間違い無いだろうが、黒(ラ・グラン・キュヴェ)より上だったらどうしましょう。 値段の順に並んで欲しいものだ。(笑)
此れも以前に書いたと思うが、小生はボジョレーヌーヴォーは、ワインであっても「ボジョレーヌーヴォー」と云う別な飲み物と云う意識が強い。 其れに年に一度の御祭りに参加するのも悪く無い。 まぁ、業界のリードにどっぷり嵌って見ようと云う気分。 其故、「こんな値段をボジョレーヌーヴォーに出すなら、もっと美味いワインが飲めるよ」と云う御批判は御無用と云う次第だ。
Baku
posted by claris1 at 01:46| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 41回目

ボジョレーヌーヴォーの解禁日の昼休み。 一寸、フライング気味に「ますたに」へ急ぐ。 早く喰べて、三越デパートでも覗いて見ようと云う魂胆だ。
ますたにの店内には、華原朋美さんが歌う小室サウンドが流れて居る。 嫌いじゃないが、今、何故の選曲かしらん? 固目1分は、疾うに御承知のホールのオバサマだが、一応、訊いて下さるのだ。 判り切った美味さの味が判り切った時間で饗されるのが、日常のひとコマとしてナチュラル過ぎるような、そんな印象すら持つ程に、この作品は普遍的。 美味いとも改めて思わない程、気付かぬ内に喰べ終わる、そんなシーンなのだ。 逆に普段と違ったり、思ったより美味しく無かったりすると、凄く敏感に反応してしまいそうだ。 其れでも、葱に絡めて頂く固麺はスープにマッチした美味さだし、チャーシュウやメンマも以前程には悪し様に云う気に為らなく為った。 騙され、馴らされたんだろうなぁ。
でも、満足して、三越へ。
Baku
posted by claris1 at 00:42| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

今日のめじろ 其の437

随分、めじろ代々木本店のR店長に御会いして居ない。
急に寒く為って、天気の良い日だったにも拘わらず、コートが欲しい気温の儘だ。 この日、道の反対側にカフェバーがオープンした。 昼間はランチやケーキをサーブし、夜はバー営業なので当然アルコールのサービスが有る。 此はめじろの客足に影響が無い筈は無いかも…と気に為ってしまった。
R店長に御願いしたのは、「焦がし葱ら〜めん」。 先日、祐貴社長に造って頂いて以来だが、其れと同じようにデザインが以前とは変わった。 メンマが細く為り、水菜が加わった。 スープは変えて居ない筈だが、具が変わるとスープの印象も変わる。 スープが今迄以上に抑えた醤油テイストに感じられる。 其の分、魚介の風味が前に出て来る。 麺は以前と違う喰感では無いのだが、少し麺香は控えたのかも知れない。 チャーシューは可成厚目のバラ肉だが、小生の様なシニアには、油身の部分が怖い。 焦がし葱の香ばしさが、スープと麺を盛り立てて居るようで、好印象だ。
Baku
posted by claris1 at 01:36| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凪@渋谷 其の154

EMONEの液晶を割ってしまい、修理の間はW53CAの出番が増えて居る。 ブログの記事も片手族だし、PCサイトビューワーも大活躍。 で、親指の付け根が痛む…
そんな状況で、久し振りに渋谷に遣って来た。 翌日からは真冬の気温と云う予報だが、未だ暖かい中を登坂して凪に到着。 1席残して満席状態で、大いに賑わって居る。
「凪醤」も悪く無いのだが、来る頻度が下がると、定番が懐かしく為る。 で、バンタムさんに凪豚骨を御願いした。 立川は博多味へのシフト宣言が出て居るが、渋谷はこのライトカラーを維持して呉れるようで有り難い。 キチンと豚骨の旨味を出し乍、アッサリと云う凪豚骨の真髄を再発見するような味わい。 唐辛子のタレを加えて、少しだけ辛味を調整するのだが、此も楽しみの内だ。 久留米麺では無いが、其れと遜色無いテイストと喰感の立川製麺を固目に茹でて頂く。 此でスープとは、抜群の相性。 多少、解れ難いのは、固目の所為だね。 細身の葱と相俟って、此は美味い! 堪らずに替玉を御願いしてしまった… ま、良いかぁ。 黒烏龍茶でアジャスト出来るかなって、其れは油分だけだよね。
Baku
posted by claris1 at 00:31| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

PC関連のトラブル顛末

自宅のメインPCで有るデスクトップPCの電源が入らなく為った。 単純な電源の故障と云う感じだが、電源ケーブルを抜き差ししても、叩いても直らない(笑)。 勿論、データは外部ディスクに保管して有るし、サブのノートPCも有るが、使えないソフトが有るのが痛い。 修理期間はセンドバックして10日程だろうが、恐らくはディスクには何の問題も無い筈。
其処迄見込んで、悪知恵が湧いて来た。 電源が入らないと云う症状は「奥さんでも判る故障」だ。 で、此れを言い訳に新しいPCの購入を申請。 「5万円以上は自己負担」の制限付で決済を得たので、ネットで新しいPCの金額を見積もって見た。 ゲームやCAD等は無縁だし、外観もどうでも良いので、矢鱈と安く構成出来た。 初めての Vista マシンなので、Core 2 Duo にして、メモリは2GB、ディスクは500GB積んだ。 DVD2層R/Wのドライブにカードリーダーを付けても6万円とUMPC並みのプライス。 オフィスの環境も近々 Vista に為るので、自宅のXPの卒業を考えて居たので、丁度良いって事にしよう。
10日程待って、矢鱈とデカイ箱が届いた。 チープなタワー型だが、身長がラックの高さにギリギリ。 サイズもチェックしないで買ったので、冷や汗が出たが、ラッキーな事にピッタリ収まった。 故障したPCをラックから取り出して、念の為に梱包する前にもう一度電源を入れると、なんと、あっさり電源が入る。 ま、此れもラッキーで、この小型PCはラックの見え難い処に隠し、奥さん対策。 だが、此等で運を使い果たしたとは、気付かなかったのだ… 此れ以上のディスプレイを置く場所も無いので、ディスプレイやキーボード等を2台のPCでシェアする為の切替機が必要だ。 日曜日、「渦」に伺う前にパソコン屋を物色。 広い売場が「売り」の駅前の量販店には、「PC切替機」なんて物迄、沢山置いて有る。 オーディオも切り替えられるタイプで2500円弱は有り難い。 序に特価販売して居たUSBとLANの両方でアクセス出来ると云う便利なHDDを買ってしまった。 ポイント還元を考慮すれば、ネットショップの最安値の185円プラスだから、相当に安い。 1TBの軽さと値段には呆れる程だが、此れでHDDは1台に纏められる筈だ。 だが、データバックアップをちゃんと考えて置かないと酷い目に合いそうだが。
小生が渦で「カレー和えそば」を堪能して居る間は、機械はコインロッカーで、雨宿り。 悲劇は其の後に勃発した。 駅からのタクシー代をケチッて、バスで帰宅。 機械は大事に足元に置いたのだが、鞄は良い加減に椅子の脇に置いた。 運ちゃんのハンドル捌きは中々ラフで、交差点で鞄が倒れる。 で、不精した小生は、身体を肘掛に押し付けて左手を伸ばし、鞄を拾う。
この肘掛に靠れた姿勢がいけなかった。 胸のポケットに入れて居た EMONE の液晶が無残な事に… 此れで2週間程は、EMONE 無しの生活が待って居る。 修理代はどれ位に為るのだろう… 奥さんを謀ろうとした報いなんだろうな、やっぱし。 正直に生きる事が出来ない小生で有る。
同時に、ドライヤーと加湿器も壊れた… なんてぇこったい!
Baku
posted by claris1 at 21:30| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

いけ麺@神田 5回目

午前中の会議が長引き、亦しても昼喰時間が削られてしまった。 だが、無限庵は暫く伺わない事にしたので、消去法で「いけ麺」に走る。 「あの事件」以来、蟠りは有るのだが、此処のつけ麺のスープのテイストは結構好みなのだ。 昼休みで此れ位は賑わって居ないと厳しいだろうが、行列は無い。 最初の訪問時に書いたように、昼休みにこの店に並ぼうと云う背広族は少ない。 満席なら他へ…、と云う具合だ。 其故だろうか、店を覗く人に「直ぐに空きます」と奥様の声が掛かる。 昼休みを過ぎると急激に客足が遠のくのは、この界隈では何処も同じだろうが、客単価の低いラーメン屋さんだと「回転」を重ねる事に汲々とするのもまぁ、止むを得ないか。 だが、其の台詞は、店内には「早く出て行け」と響かない事も無い。
この日は狭いテーブル席に着いて、「つけ麺」を御願いした。 前述のような事を思い乍、不景気を喧伝するTV(麻生さん為らずとも、マスコミの度の過ぎた「煽り」は感心しない)を観て居ると、御店主が、早くも丼を運んで来て下さった。 オーダーを入れたタイミングが良かったようで、順番を間違ったかと思う程の速さだ。 だが、何と云うか、雑な造りに見えてしまう。 スープの葱にしても、丼の蘖にしても、もう少し「見栄え」を繕う…暇なんて無いのかな、屹度。 其れでも、このスープはオイリーな点に目を瞑れば(瞑ってはいけない)、小生の好みなのだ。 香草の様な匂いが炒飯のスープっぽくて、中々宜しい。 好い加減に盛られた丼から、麺と蘖を掴んでスープに落として、口に運ぶ。 麺香が多少物足りないのだが、まぁ悪く無い。 2枚入って居るチャーシュウやメンマは、特に良くは無いが、悪い訳でも無い。
無限庵があんな味に、いや、小生の好みでは無く為ってしまったので、此方に来る頻度が少し高まりそうな悪寒、否、予感。
Baku
posted by claris1 at 00:36| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

今日の渦 其の190

駅前の量販店で買ったPC切替機と1TBのHDDをコインロッカーに預けて、シャッターポールで「渦」のドアの前に到着。 雨が降ったり止んだりと云う状況の中、11時45分を待つ。
寒いと云う程では無く、安心してビールを御願いする。 「ひなだれ」も芳実オーナーにリクエスト。 柔らかい肉にタップリのタレが滲みて、極上品。 止められません… そうゆっくりもして居られない「後の事情」も有り、ビールは一杯だけにして、麺を頂く。 残念乍、「つけ麺」は出来ない日だったので、「カレー和えそば」を御願いした。 「玉子抜きですよね」と前日の弟君と同じ確認をして頂く、有難う御座居ます。
玉子を入れ無い分、工夫を凝らして呉れたようで、水菜とチャーシュウで整えたこんな体裁の一杯が饗される。 エスニックな風味の渦のカレーは、和えそばにぴったりマッチするように計算されて居る。 味は辛いと云うよりも美味さに辛味を絡めるような、そんな印象。 そして、麺は… 変わったよね。 芳実オーナーに依れば、より喰感を高めた麺に為ったとの事だが、確かにムギュっとした歯応えが楽しめる。 其れにこの麺は「やや平打ち」と云うか、断面が矩形なのだ。 この麺は中々面白いし、喰感だけで無く、然程強くは無い風味だが、ちゃんと香って来る。 こう云う感じが、「カレー和えそば」に良くマッチして居る。 上手に造るものだと感心した一杯。
「WE WILL BE THE VORTEX OF YOUR LIFE!!」と云うメッセージの入った新しい渦のTシャツが出来ました!
Baku
posted by claris1 at 00:23| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

今日のめじろ 其の436

前週に欠席し、翌週も多分来られない。 そんな状況なので、金曜日の他の御誘いを御断りして遣って来た「金メジ」。 19時を少し廻った頃、I 御所様を初めとして、4,5人の常連さんがオヤジさんを挟んで賑やかにラーメン話に大輪の花を咲かせて居る。
祐貴社長にビールを御願いして、先ずは一息入れる。 この日の昼に燦燦斗で300gを投入された胃は、やや御疲れの様子。 常連の御一人のアイルトン(仮称:笑)さんの頼まれたこの夜のスペシャルを覗くと、220gの麺にタップリの具が配らわれて居る。 で、摘みを控えて其れに備える。 僅かに残って居た壱岐っ娘を空けて、ニューボトルでオヤジさんと乾杯。 余りグラスを重ねる前に其のスペシャルを御願いする。 「カレーつけ麺」と云う風情だが、麺の下には然程多くは無いが、タレが敷かれて居て、「まぜそば」風の仕立てに為って居る。 タレにも辛味味が付けられて居て、小生のような麺直喰いを得意とする者には、この儘頂いても結構風雅で有る。 麺にはそぼろや刻んだ筍がタップリ掛かって居るので、一層美味しく頂ける。 香菜(パクチー:二日酔に効果が有るそうだ)も乗せられて居るので、タイ風味と云う気分が増す。 麺は平打で太さは、まぁ普通の範囲。 タレとの絡み具合も問題ない。 R店長の力作と云う訳だ。 社長と店長のコンビネイションは良さそうだね。
本来なら此処には玉子が落とされるのだが、祐貴社長が「玉子抜きますよね?」と確認を入れて呉れた。 嬉しい配慮、感謝です。 だから、本来はもっとマイルドな味わいに為るのだろうし、麺の祭りを防ぐ事にも為る筈だ。 おっと、カレー風味の漬け汁も味わうのを忘れてはイケナイ。 カレースープは確かに基本的には和風らしいのだが、タイ風味に合わせるようにナントカをカントカすると、エスニックな味わいが醸し出されると社長が解説して呉れた。 いや、守秘義務が有る訳ではなくて、2回も説明して貰ったのに覚えて居ないのだ。(汗) 其の少しエスニックなスープのテイストだが、渦の「カレー和えソバ」のエスニック風味とも随分違う。 結構大胆に拵えた印象で、新しい味の方向性を打ち出して居る。 少し辛味を強めて居るそうだが、最近は少し昔の耐性が蘇ったのか、将又、鈍く為ったのか、辛さに強く為って来たので、余り汗も掻かずに美味しく全部頂けた。 実は「タイ風味」と伺った時に酸っぱいのではないかと案じたのだが、其れは皆無でした。 万歳!
Baku
posted by claris1 at 21:45| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燦燦斗@東十条 其の25

燦燦斗に伺うチャンスが中々見付けられなく為ってしまった。 漸くオフィスの移動のタイミングを昼休みに重ねて、遣って来た。 珍しく大きなノートPCを携えて来たので、余り歩きたくなかったと云う事情も有る。 この日迄は穏やかな晴天が続くと云うので、コート無しでも快適な天気だ。 最近は「本田」の人気が高いようだが、燦燦斗の賑わいも相変わらずで、昼休みと云うタイミングでも有り、丁度満席。 少し待ってから、店内へ。 この日は「つけ麺」を御願いした。 少し調理時間が掛かるのは承知の上だが、丁寧な仕事振りは相変わらずだ。
スープに漬ける前に先ずは、この極太麺を直に味わう。 風味豊かで、ムギュっとした喰感が当てで頂くと際立つ。 結構な量を直喰いしてしまった。 スープも何時もの様に、節が効いた豚骨醤油だが、ヤッパリ美味い。 このコクが有るのに、執拗さを感じさせないのが、素晴らしいよね。 勿論、麺をスープに落として頂くとコラボレーションの巧さが知れる。 つけ麺で頂くと尚更、其れを強く感じる。 あのローストポーク風のチャーシュウも健在で、此が亦、楽しみの源だ。 300gも直ぐに完喰で、頗る満足。 スープ割りを頂くと更に魚介の香りが増すようだ。 元がコクの有るスープなので、割って頂くと飲み易く、事の他イケますね。 伺った事を御所様に報告しなくちゃ。
Baku
posted by claris1 at 00:33| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。