2008年07月31日

今日のワイン 其の210

ファットリーア・ディ・フェルシーナ/フォンタローロ
Fattoria di Felsina/Fontalloro 1998
久し振りに都合を合わせて、ワイン友との待ち合わせ。 この夜、氏が用意して下さった2本の内の最初のボトルが此れ。 小生の好みだろうと目星を付けて下さっての1本。 テスタマッサのビービー・グラーツが目標として来たサンジョヴェーゼの大御所、フランコ・ベルナベイのフェルシーナ。 トレヴィッキエーリ云々を持ち出す迄も無く、其のフォンタローロをスーパートスカンと呼ばずに何をそう呼ぼうや。 今でこそ、サンジョヴェーゼのソエルセパージュも珍しく無いが、此れは其の草分け的な存在。 1983年の所謂、「キャンティ革命」の立役者でも有る。 氏の説明に依ると、バリック熟成との事だ。
濃いヴァイオレットに染まりそうなルビーカラーは、色気たっぷり。 スワーリングするとブルーベリーの芳甘香が立ち上がり、期待にときめく。 押し付けがましい強さでは無く、云わずとも知れる迫力に満ちた液体だ。 デリケートなテイスト乍、有無を言わせぬ芯の強さに驚かされる。 分厚い柔らかさ、滑らかさは、タンニン由来。 どう表現すべきなのかな、このサンジョヴェーゼらしからぬ独特の味わいは。 渋いでは無く、苦いでも無く、甘いとさえ云いたく為る程だ。 其処へサンジョヴェーゼ特有の酸味が被り、華やかさが加わる。
うん、98年は飲み頃。 今宵の為に10年、待って居て呉れたのね。 こう云うワインを飲んで居れば、其の余韻と共に幸福感も深く、長く…だ。
尚、4月にべラルデンガ キャンティ・クラシコを金メジで開けて居るが、余り評価して居ない様子だ。
Baku


posted by claris1 at 00:02| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

待宵草の芽

先日待宵草の種を蒔いたプランターから、何か生えて来た。
矢鱈と延びるのが早い双葉が、フォト(久し振りに E100RS にマクロコンバージョンレンズを付けて撮影)右側の1本。 双葉の葉渡り(2枚分)が1センチ以上に為って居て、本葉も見えて居る。 双葉の下の茎が3センチも伸びて居るのは、太陽光線を探して居るのだろう。 こいつだけは本葉も出て移植の時期に来て居るので、吾身を蚊の餌にし乍ポリポットに移した。 この日は軽く水遣りして日陰で休ませる。 世界で一番大事にされて居る待宵草なので有る。 左上の双葉は形が他と違うので、別な草かもしれない。 左下は微小サイズで1枚の葉のサイズが1ミリ一寸。
こんな時期に播種して良かったのかなぁ。 でも、この時期に待宵草の種は自然に地面に落ちて行くのだがら、問題無いと考えて居るのだが、この先のメンテナンスの方法も判らない… 
Baku
posted by claris1 at 19:06| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

要らないのに欲しい物

「要らないのに欲しい物」が何時も有る、と云うのは異常な事では無いと思うのだが、下記のふたつは欲しい程度が高い。
先ず、ASUSの Eee PC 901-X。(¥59,500 程) 最近流行りの小型で安いPCの草分的メーカーの第2弾。 実は第1弾は慌てて買ったので、安く買えなかったと云う反省が有る。 其れに最初のモデルだった事も有り、制限事項が沢山。 承知で購入したのだが、特に画面の解像度の低さとSSDの容量の少なさは酷く、真艫にエクセルさえ導入出来ない程だ。 (だから、誰にも勧めなかった) だが、其れを彼れ此れ工夫して何とかするのも「楽しみ」で、今は其也に役に立って居る。 EMONE をモデムにすれば、紐付(USB)では有るが、ネット接続にも問題は無い。(遅いけれど) だから、セカンドモデルの Eee PC 901-X が、直ぐに必要な訳では無いのだが、初代の欠点を改善し、6万円を切る新製品は矢張欲しい。 有難い事に?、殆どの店で品切、入荷未定状態なのだが、秋葉原を歩き回って居ると、一店だけ15台もの在庫が有る店を見つけた。 物欲しげに眺めて居る小生の前で、一人の御兄さんが嬉しそうに買って行かれた。 うーん、危なかった… もう少しで、クレジットカードを取り出しそうに為ってしまった。 既に競合マシンも登場して居るし、此処2,3ヶ月の間に同様のモデルが更に発売される。 良く吟味して、此れを買うにしても4万円台でゲットしたいものだ。 ゼェハー、ゼェハー…
次に足を向けた秋葉原のヨドバシカメラの入口で、店員さんの合唱が聞こえて来た。「iPhone 3G 全機種、緊急入荷しています」 わぁ… あわわわ… 此処でも踏み止まるのは大変だった。 iPhone には、フェリカが搭載されて居ない。 出来る事は一杯有るが、出来ない事も実は少なく無い。 でも、欲しいのだ! EMONE と W53CA の組み合わせで有れば、操作性は兎も角、iPhone が無くても何も不自由は無い。 でも、欲しいのだ! どうせなら、「入荷未定」の貼紙を見て帰りたかったなぁ。
Baku
posted by claris1 at 00:51| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

ガストフロント

前日に「ダウンバースト」の記事を書いたが、敦賀市で突風により10メートル四方、高さ5.3メートルの大型テントが飛ばされて死者が出たとのニュースが有った。 繋がった4張りのテントに300キロの錘が合計で16個付いて居たのが、吹き飛ばされたと云うから、45m/sにも為ろうかと云う瞬間風速だったに違いない。 (会場は海沿いだったので、公式観測値29.7m/sよりも強い最大瞬間風速だったろう) 此れもダウンバーストの仕業と思って居たら、毎日新聞のネット版が以下のように報じて居る。

突風 ガストフロント発生の可能性…福井の10人死傷事故 (7月28日11時34分配信 毎日新聞)
福井県敦賀市のイベント会場で27日、大型テントが突風に飛ばされ10人が死傷した事故は、積乱雲の発達に伴って生ずる「ガストフロント」と呼ばれる現象が原因だった可能性が高いことが福井地方気象台の現地調査で分かった。一方、福井県警敦賀署は28日朝から実況見分を始め、テントの設置方法に問題がなかったかなどを調べている。
「ガストフロント」は、積乱雲から噴出した冷たい下降気流が地表付近で水平に広がり暖かい空気と衝突して前線を作り、突風を引き起こす現象。気象台は27日、調査官4人を現地に派遣して調査し、風向きがほぼ一定であることや、気温の急降下と気圧の急上昇が観測されたことなどから判断した。
一方で、積乱雲からの激しい下降気流が直接地面に吹きつけ、さらに強い突風となる「ダウンバースト」の可能性もあるという。 竜巻の可能性はないとみられる。【酒造唯】


ダウンバーストも知らない人の方が多いだろうが、「ガストフロント」と為ると「天気オタク」でも無いと、聞いた事すら無いだろう。 ガストフロントの発生メカニズムは、ダウンバーストと同じだ。 積乱雲から降って来る冷たい下降気流自体が強烈で、降り落ちて来た風力や其れが地面にぶつかって発散する際の突風(冷気外出流)で被害が出るのが、ダウンバーストだ。 其れに対して、下降気流や冷気外出流が周囲の空気と衝突する部分(線)をガストフロントと云う。 ( Gust と云うのは「突風」と云う意味) 強いガストフロントに竜巻が発生し易い事は良く知られて居るが、ガストフロント自体は(突風の程度にも拠るが)そんなに珍しい現象では無く、以前は「突風前線」とか「陣風前線」とも呼ばれて居た。 でも、やっぱり、誰も知らないって…
前日のダウンバーストの記事では省略したのだが、雲の上方から落ちて来た冷たい空気は雲の底に集まり、其の部分の温度が下がって行く。 すると、低温に為った雲の底面は部分的に相対気圧が高い状態と為る。 下降気流が齎す低温に依って、気圧の高く為った雲の部分をメソ・ハイ(メソスケールの高気圧)と呼ぶ。 此処から地上に向けてこの冷たい空気が流れ出して行く。 この時に周囲の相対的に暖かい空気とぶつかると、冷たい空気が暖かい空気の下に潜り込むように為る。(上のフォト参照) 此れは寒冷前線と同じメカニズムで、この前線こそがガストフロントなので有る。 「入道雲の下で、激しい雨が数分続いた後に強い風が吹いて雨脚が弱く為る」と云う経験をした人は少なく無いと思うが、此れがガストフロントに拠る現象。
今回の惨事のような50m/sに近い突風と為ると、ダウンバーストと考えてしまいがちだが、ガストフロントが遮る物の無い海から会場を襲ったと為ると此位の風速の突風と為るのかもしれない。
世界には決定的瞬間を捉えたフォトが沢山有るが、この2枚も実におどろおどろしい。
Baku
posted by claris1 at 20:28| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

ダウンバースト

関東北部では夏特有の夕立が続く日々だ。 昨年、白河に W53CA を求めに行った時の雷雨も其れは物凄い物だった。 在来線が運転を見合わせる中、新幹線は落雷豪雨を物ともせず、1分の遅れも出さずに粛々と走るのに感心したものだ。 あの時の豪雨も凄まじかったが、2,3日前に館林市で1時間に83.5ミリと云う猛烈な雨を記録した際に、「気流」に語呂を合わせた訳では無いのだろうが、近くの桐生市で風害が発生した。 恐らくは竜巻かと思って居たが、竜巻とダウンバーストの複合災害との報道を耳にした。
前者は実際に経験した事が無い人にも、其れがどのような物なのかが良く知られて居る。 一方、ダウンバーストに就いてはどうだろうか? 小生がこの言葉を覚えたのは、夏至の日のストックホルムで小さなこの現象に遭遇した時だ。 極小規模では有ったが、天から爆風が押し寄せて来て、身体が石壁に押し付けられ、小石が礫のように飛んで来て、目を開けて居る事は疎か、息も出来ない程だった。 壁が無ければ何メートルも吹き飛ばされたろう。 実際に何人もの人が転がった。 ホテルに戻った後に地元のTVニュースで「ダウンバースト」と云う単語を聞き取った。
ダウンバーストは、発生した水平方向の長さが4Kmより大きい場合を「マクロバースト」、其れ以下の物を「マイクロバースト」と分けて呼ぶ。 (ドップラーレーダーの観測結果をベースにした気象学的詳細分類も有る) 何れにせよ、ダウンバーストとは積乱雲や積雲等から冷えて重たく為った空気が降って来る非常に強い下降気流の事で有り、其の風速は90m/sに達するケースも有り、航空機の大敵として名前が挙がる事が多い。 ダウンバーストは地面にぶつかると激しく発散するが、小生を壁に押し付けたのはこの発散する風だったようだ。
ダウンバーストの起こるメカニズムは、重力と気化熱が主役。 竜巻の発生原因の時に良く説明されるように、積乱雲の中では、沢山の水滴が落下して行く。 其の水滴の自重や摩擦により雲中の空気も一緒に落下をして行く。 雲の中の湿度は実は一定では無く、乾いた空気の層が存在して居り、水滴が其処を通過する際には、急激な蒸発が起きる。 其の際に奪われる気化熱に因って水滴の温度が下がるので、水滴本体と周囲の空気の密度が増す事に為り、降下速度が速く為る。 若し水滴では無く、雹や霰だった場合には昇華熱が奪われる事に為るので、降下速度は更に勢いを増す。 フォトはダウンバーストを可視的に捕らえた貴重で有名な1枚。 凄さが良く伝わって来る。
ダウンバーストが海上で発生した場合には「白い嵐」(White Squall)と呼ばれ、通常のレーダーでは発見し難い局地的なストームとして恐れられて居り、実話を基にしたリドリー・スコット監督の同名の映画は、96年の製作。(泣けました…)
Baku
posted by claris1 at 09:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

改めて WOODBRIDGE

オフィスの後輩に頼まれたプレゼンの添削。
海外でのデビュープレゼンと云うなら、少しは気合を入れて手を入れたいのだが、其れは自宅で遣る方が御互いの為だ。 で、すっかり週末の夜も更けてしまった。 この時刻から小麦粉を入れてはいけないだろうと自重。 で、代わりにポリフェノールを入れる事にした。 ワイン友のTG氏の御誘いを叶えられなかった翌日で、些か氏に後ろめたい気分で手にしたのは、キンキンに冷やした WOODBRIDGE 。 冷蔵庫に1本隠して置いたと云う確信犯。 元々、小生と娘のデイリーワインは、このボトル。 娘が一人暮らしを始めて以来、初めての大量購入。 其の単価820円。 スクリューキャップを捻り、脚の長いグラスが揺れる程の勢いでドボドボと流し込む。 美味いと云うよりは好きな、大好きなワインで有る。 作法もマナーも擲って頂く背徳の愉悦に浸るのは、至高の時間と為る。 過日、鬼籍に入られたロバート・モンダヴィ氏に献杯。
Baku
posted by claris1 at 23:36| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

憮然

小生が日本語に長けて居る訳では無いが、ず〜っと気に為って居る誤用言葉の筆頭が此れ。 正しく使われて居るのを聞いたり、読んだりした事が無いと云って良い程の誤用っぷりだ。 この日もサッカーで怪我をした川口GKの様子を伝える記事で見掛けたので、一言。
99%のケースで「不愉快さを示す態度」と云う意味で使われて居る。 「ぶすっと剥れる」と云う気分を表そうとして、「ぶすっと」の「ぶ」が、憮(ブ)の音を連想させるからかもしれない。 「憮」の意味は「がっかりする/失望する/驚き呆れる」で有り、失意の形容に使われ「自分の力に余ると云う表情で、溜息を吐く様子」と辞書には有る。 「然」は状態を表して居るので、「憮然」の本来の意味は「思い通りに為らなくて不満な様」/「落胆する様」/「事の意外さに驚いたり、ぼんやりする様」の3つ。 類語では暗然(黯然/闇然)辺りだろう。 最初の意味だと「不愉快さを示す態度」に繋がらなくも無いが、不満と不愉快には共通項は有っても矢張、異なる感情だ。 或いは、音が似て居る「憤然(忿然)」との混用も考えられなくも無い。
尤も99%が誤用と為れば、正しい使い方をする方が異端と為り、意図が通じ無く為る。 世に連れて変化して行く定めとは云え、釈然としないものだな。
Baku
posted by claris1 at 22:24| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

狂い咲き

3番電車でオフィスに向かう機会が増えた。 オフィスの都合も勿論だが、少しでも涼しい内に、多少でも空いた電車にと云う気持も充分。 一月前に比べると15分程日の出の時刻が遅く為ったが、朝日に照らされて駅へ急ぐ…と暑く為るので、適当な速度で歩く。 裏道に小さな郵便ポストが有る。 小生が子供の頃から立って居るのだが、如何にも心(うら)ぶれた感じで本当に集配に来るのか、妖怪ポストでは無いのかと案じられる程だ。 でも、此処に投じた郵便物が遅配に為った事は無いので、まぁ、生きて居るらしい。 其のポストに藤の枝が掛かって居る。 立派な木と云う訳では無く、御手入れもそこそこで、気儘な樹生を楽しんで居るようだ。 ゴールデンウィークの頃には、其也に紫色の花房を垂らし、「今年は早いの、遅いの」と気にして居る1本だ。 この日、気が付くと紫色の花房がひとつ、季節外れに咲き、暑そうにして居る。 そう云えば、この藤は好き勝手に生きて居るようで、時々、変なタイミングに花を付けて居る。 所謂、「狂い咲き」とか「返り咲き」等と呼ばれる現象だ。 桜の狂い咲きは時にニュースに為るが、藤も狂い咲きし易いように感じる。 で、調べて見た。
藤や桜のような落葉樹の場合、開花時期を過ぎると葉で「成長抑制ホルモン」が作られ、此れが花芽に移動する。 この為に其後、気温が上がっても再び開花する事は無い。 そして、冬に為ると「成長抑制ホルモン」は壊れ、気温が上昇すると開花すると云う次第だ。 処が塩害や食害(虫害)、或いは人間が剪定する等の理由で、ホルモンが花芽に移る前に葉が取られてしまい、更に気温の異常な上昇が起きると、再び花が咲いてしまう。 此れが「狂い咲き」のメカニズムだ。
今年は塩害を齎すような台風や嵐は無かったし、この藤の葉は生茂って居る。 咲いて居るのは一房だけなので、この花芽にだけ、何故かホルモンが行き渡らなかったのだろうか? 何れにせよ、気温が異常な上昇をした事は事実で、彼方此方で7月の史上最高気温を塗り替えて居る。 湘南では、未だ其程の暑さでは無いのだが、梅雨の時期からは「急上昇」と云える程の上昇率だったのだろう。 1ヶ月予報でも「猛暑」の御託宣なので、この先が思い遣られる。
一方、園芸マニュアルには、藤は7,8月に返り咲きし易いと有る。 藤の花芽が出来るのは6月中旬から7月だそうで、7月にたっぷり陽を浴びると、先端の花芽だけがフライング開花してしまうのだそうだ。 今回のケースはホルモン云々よりも、此れに該当するようだ。 亦、前述したホルモンの理由で、9月に藤の葉を剪定すると狂い咲きし易いとも書いて有るので、「不時(藤)開花」し易い花で有ることは、間違い無さそうだ。
Baku
posted by claris1 at 20:37| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

岩牡蠣

…と、或る御鮨屋さんで頂いた岩牡蠣。 実はもっともっと凄い「竜宮の遣い」(深海魚では無く岩牡蠣)が登場する事も有る類稀な御店。 小生も此処では滅多にカメラを構えないので、ブログにも殆ど書いた事がない。
この御店では此れ位は極普通のネタだが、前年は入荷の無かった(余程良いネタで無いと仕入れない)愛知県の佐久島の岩牡蠣だったので、つい1枚撮った。 このサイズだと12年位だそうだが、貝殻の厚さが凄い。 フォトでは判り難いが底面の平らな貝は実入りが良いそうだ。 クリーミィな濃厚さが売りなのに、スルっと口で踊り、爽やかとさえ云いたく為るような高貴さが有る。 小生に取っては筆舌に尽くし難いテイストで、表現し得ない自分の文才が擬(もど)かしい限りだ。
海のミルクと云われるのは「真牡蠣」で、コイツは「海のチーズ」と称される。 真牡蠣が冬の風物で、殆どが養殖モノなのに対して、岩牡蠣は今が将に旬の天然モノ。 グリコーゲンタップリな上に「夜中にラーメン…」の本でもアドバンテージが説明されて居るように、アミノ酸やビタミン等に加えて、抗酸化系のミネラルで有る亜鉛が豊富に含まれて居る。 亜鉛は摂取が難しいので、こう云う機会が貴重なのだ。 スタミナドリンクで有名に為ったタウリンも不断(ふんだん)に摂れるそうだ。
この店で頂くと更に美味い理由は、ポン酢が卓越して居るからだ。 この世界一のポン酢との組み合わせで、唯一無二の味の完成。 初中(しょっちゅう)来られる身分では無いが、偶には贅沢に栄養を摂ろう、ね。
Baku
posted by claris1 at 00:46| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

F1 2008 ドイツGP 決勝

ドイツは5名ものパイロットに加え、メルセデス/BMWの本拠地が有り、F1開催もこのホッケンハイムとニュルブルリンクの2ヶ所で行われて来た。 前年のニュルブルリンクは「ヨーロッパGP」の名称で開催されたのだが、今後の開催に就いては政治的な御話が天こ盛で、赤字開催(ドイツなのに!)と云う事情も絡み?大層面倒な事に為って居る。 ま、其の話題は事情通の諸兄に御任せして… 兎も角、2年振りにホッケンハイムで開かれるF1GP。
絶好調のルイスの為のGP。 あわや、と思わせて置いて勧善懲悪。 水戸黄門や暴れん坊将軍も顔負けの週末だった。 プラクティスから好調のルイスが順当にPPを獲得し、フェリペ、ヘイッキ、ヤルノの順のスターティンググリッド。 ヤルノが遅れた程度のオープニングラップだが、ルイスの速さが半端じゃなく、3周で既にフェリペを2.5秒突き放す。 そして、10秒以上の大差を付けて、17周目にPI。
暫くは小刻みな順位変動に終始し、TVの前は眠く為って来た処でアクシデント。 PIの綾で3番手に上がり、ジモッチーを湧かせて居たティモが最終コーナーで派手にウォールに激突。 本人は無事だが、当然のSC。 PLオープンで各マシンがPIするも、何故かルイスはコース上に留まる。 何故、どうして? 後日、ロンが回顧したように明らかな作戦ミス。 結果、ルイスはPIしてもトップに留まる為に「7周で23秒詰めろ」と云う無茶苦茶な指示を貰う羽目に為る。 41周目にSCアウト。 既にルイスのアドバンテージは霧散。 2番手にはニック。 3番手にはネルソン、フェリペは4番手。 10番手のキミのオーバーテイクショーは見応えが有り、10番手から7番手に上がる。(最終順位は6番)
ルイスの2回目のPIは51周目。 如何にルイスでも、そんなマージンを作れた筈も無く、ヘイッキの後に戻るが、彼にコースを譲って貰って4番手に上がる。 ニックがPIした56周目には、PIのタイミングが上手かったネルソンがトップに! フェリペの後にルイスが続く。 2周後のヘアピンの立ち上がりでフェリペを交わし、更に2周後の同じ6コーナーでネルソンを抜いて(フォト)、トップに返り咲く。 神掛かったルイスの後塵を拝したとは云え、ネルソンの2位は立派。 フェリペは何と無くの3位で終わり、まぁまぁと云う処だ。
Baku
posted by claris1 at 00:13| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。