2008年06月30日

今日の渦 其の174

ハワイに英語とダンスの研修?に行くと云う奥さんを見送った後、渦に向かう。
週末の昼の連荘だが、昨日は麺を頂かないで失礼したので、改めて遣って来た。 もう、閉店時刻(この日から日曜日は昼営業だけに為った)に10分と迫る時刻、本降りの雨の道を急ぐ。 流石にこの雨なので、先客2名。 車で来たのでビールはパスして、即らぁめんを御願いする。 芳実店主に御勧めを伺って見ると、随分テイストを変えたと云う「塩」を挙げて呉れたので、是非。
「変わるなら劇的に」と云うコピーマシンか何かのキャッチが有ったが、当にそんな感じだ。 先ず、スープが黄金色(是非、「こがねいろ」と読んで頂きたい)で実に美しいカラーをして居り、透明感と云うかクリアの度合いが違う。 其の味わいは、洋喰屋さんのスープのようで、小生の好みにピンポイントで迫って来る。 ブイヨンに細かく刻んだオニオン、其れに多くは無い大蒜。 此等がこの卓越したスープを構成するのだが、何と云っても特筆すべきなのは、鶏油(チー油)だ。 黄金色のスープも鶏油由来。 冷蔵庫から取り出した固まった鶏油を見せて頂いたが、檸檬シャーベットかと見紛う程に美しい。 合わせる麺は新たに取引を開始した製麺屋さんの極細麺。 この日は26番(相当細い)だが、いずれは24番を使おうかな、と芳実店主。 細身な分、風味のボリューム感は多少薄いのだが、このスープには強い風味の麺よりも、大人しい位の感じで良いのかもしれない。 未だスープにも改善の余地が有りそうとの事なので、何処迄も楽しみな事だ。 チャーシュウは特製のハーブチャーシュウで、チャーシュウ其物のテイストも然る事乍、其の香り「がスープに溶け込んで、更に清涼感を増す効果が有る。 この塩らぁめんは大層な作品に仕上がった。 暫くは渦で、此ればかり頼んでしまうかもしれない。 雨の上がった道を爽快な気分で駅に向かう。
Baku


posted by claris1 at 00:40| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

今日の渦 其の173

土曜日の午後に伺う事が定番化して居る渦だが、この日も昼の閉店時刻に30分と云うタイミングで顔を出す。
なんと御待ちの方がいらっしゃる状況で、10分程暖簾の手前で待機。 カウンターでビールとヒナダレを頂いて、何を主麺にすべきか思案。
恐らくは小生の到着直前に多くの方が一度に来店されたようだ。 こう云う「集団」の最後に為ってしまった御客様が、渦に不慣れな方だと「待たされ気分」が昂じてしまう。 芳実店主の調理は丁寧故に一度に其程の数を熟せない。 だから、上記のタイミングに為ると「平均的なラーメン屋さんの待時間」よりは御待ち頂く事に為る。
そんな(余計な)心配を背中でし乍、ビールは2杯目。 ヒナダレは柔らかいし、タレは美味いし、だ。 此れは、「金メジ」で御目に掛かったI 御所様が絶賛された「焦がしちゃーしゅーご飯」のタレだ。
昼の閉店時刻に為っても芳実店主の調理の手は休まらず、ついついビールグラスを重ねる。 店が落ち着いた頃には、4杯目(!)と云う為体(ていたらく)。 片付けの足は引張れないし、御腹も大分膨らんで、と云う事で寸胴の火は落として貰う。 で、賄いのカレー(筋肉入りのタレが施されて居り、大層美味)を結局、一杯頂いて、御迷惑の掛け捲りの上、漸くの辞去。 大変失礼致しました。
Baku
posted by claris1 at 00:24| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

今日のめじろ 其の417

3週間振りに「金メジ」に遣って来た。
此処の処、金曜日の夜には毎週予定が入ってしまって居たのだが、この夜は是非にと顔を出す。 19時過ぎに到着すると、既に店外に簡易テーブルと椅子が出て居り、メンバーは此方へ、と云う具合だ。 Kさん、H君に加えて、この夜はKenちゃんも店員姿。 日曜日の創作ラーメンの準備なのかな? 其のKenちゃんが、外野席のサポートを担当? 何かと面倒を見て呉れる。 早速、ビールを外野席に運んで頂いた。
御所様初めメンバーが到着すると乾杯が繰り返されるが、この日はメンバーの人数が普段より少ない。 でも、御一人、超久し振りの御嬢さんが… 昨年の慰安旅行以来のMさん。 (あ、通名しか知らなかった…) 彼女はオヤジさんや奥様と旧交を温めると同時に持ち前のサービス精神で周りを笑いに巻き込んで居る。 モンテスを開けて、改めて乾杯。
Baku
posted by claris1 at 01:02| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凪@渋谷 其の127

梅雨の中休み。 前日の涼しさに比べると暑いが、未だヾ30度にも為らない程度で音を上げてはいけない。 だが、丁度、満席だったようで、入口の先で5分程待つ間は真夏日だ(笑)。 此れでは、厨房で調理する方は堪らないだろうな。 この日は西尾さんが其処の担当。 そんな状況でも小生に気を遣って話し掛けて下さる。 暑いだけでなく、超忙しいのに… フロアはバンちゃん。 二人合わせて、500%位働いて居るのではないだろうか。 いやはや、凄まじい状況だ。
御願いしたのは、「白いつけ麺」。 もう、此れ! 此れを狙って遣って来た。 前回頂いてから、何日経ったのだろう。 禁断症状に苛まれて、渋谷の坂を駆け上がって?来たのだ。 玉子の事を亦云い忘れたのだが、ちゃんと抜いて呉れて居た。 嬉しいね、覚えて居て下さる事は。 前回学んだ事は、麺と一緒に鶏のそぼろ肉を積極的にスープに落として頂く事だ。 どうしても、麺が先に無く為りがちだからだ。 麺も旨いし、喰感も上々。 麺を盛った皿に微妙に少しスープなのか液体を残して有るので祭らないし、とても良い。 そして、薬味葱を不断に浮かべた鶏白湯スープは、ひっ常に美味しい。 前回よりもレベルが更にアップして居る。 麺との相性も200%! 鶏の香りに麺に塗した黒胡椒が良く合う。 勿論、スープは鶏味だけでは無いのだが、何が潜んで居るのかは良く判らない。 でも、飛切り美味な事は良く判る。 そう単純じゃないって事。 久し振りに、喰べ終わるのが寂しいと云う気持にすら為った。 最後に鶏そぼろをスープに落として啜って、締める。 いや、最高以上だ。
御客様が引きも切らずで、忙しい西尾さんに感想を伝えられ無かったのだけが、残念だ。
Baku
posted by claris1 at 00:54| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

海鳴@鎌倉 其の82

日が長いせいだろう。 未だヾ、傘を差した観光客の方が紫陽花巡りが出来る時刻。 2週間振りに海鳴を訪ねると繁盛の様子が有り々だ。 今井さんも忙しくて、話なんてして居られないって様子。 らーナビのコメント等を見ても、湘南イチの掛声がアップされて居た。
扨、そんな中、他の御客様の人数に因って席を変え乍、御願いしたのは塩つけ麺。 この日は細麺で2玉。 ビールを頂かなかったので、2玉なのだ。 添えられて居る叉焼が非常に美味。 肉の旨さと薄味のタレのコンビネイションが炙る事に因って、更にレベルアップする。 うーん、ビールが欲しく為るけれど、我慢。 スープは熱々で饗じられるのだが、其れに麺を突っ込んで温度を下げて行く。 其れに従って、微妙に味のムードが変転して行く様子が楽しい。 塩以上の塩スープとでも云おうか、卓越した味わいには柚子が適切に貢献して居る。 其処へ僅かな辛味が潜み、誠に巧みな味捌き。 一方、麺なのだが、テイストは宜しい。 細麺は以前と変わらず、かじや製麺さんのものだろうが、やや喰感にダルな印象が出て居る。 其れと2玉を細麺で御願いしたせいなのだろうが、下に盛られた麺は可也固まってしまって、解れない。 此れは折角のトータルイメージにネガティブなインパクトを呉れて居る。 つけ麺の麺が固まる、特に細麺に顕著なこの症状は普遍的な問題なのだが、何とかして欲しい処で有る。 麺を飾る緑は、水菜と葱に小松菜だが、此等の野菜がイマイチスープにしっくり来ないように感じるのは小生だけだろうか? 少し味の青さが強かったり、水菜や葱は喰感がパリパリし過ぎて居るように思えてしまった。 次回は太麺でトライしてみようかな。
Baku
posted by claris1 at 00:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

盛@千田/江東区 「盛」で4回目

久し振りに住吉駅で降りて、「盛」に伺う。
半年も来なかったら、メニューさえ見つけられない。 メニューの裏には昼のサービスに就いて大きく書かれて居るのだが、裏が見えて居ると表がメニューとは気が付かなかった。 漸く、昔良く頼んだ「中間」を思い出して御願いする。 先ず気が付いた事は、あの薄くて丸いチャーシュウが1枚に為った。 何だか、見た目は寂しい印象だ。 彼も此も値上がりしたので、価格維持は大変だよね。 麺もスープも「がんこ」とは、似て非なる印象。 がんこを卒業して久しいので、其れが悪いなんて事は無いが、スープはこのイメージでしょっぱく無いと少し拍子抜けしてしまう。 黄色い細目の縮麺ももっと、「あの味」が付いて居ないと面白く無いね。 以前は、ライトながんこを喰べたくて遣って来て居たのだが、物足りなく感じるように為ってしまった。
Baku
posted by claris1 at 01:22| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凪@新宿 其の126

この夜は無沙汰解消に鎌倉に向かって居た。 だが、娘からゴールデン街へ誘(いざな)うメールが入り、Uターン。 新しい看板の灯が映える20時半頃に到着。 伝声管で呼び掛けるも反応が無く、急な階段をよいしょと登ると、生田氏奮闘中。 ま、同じ方向からラジオが流れて居れば、伝声管の音声は掻き消されがちだ。
ビールで乾杯の後に生田氏に御願いしたのは、チャーシュウ盛と鶏皮ポン酢。 チャーシュウ盛には、濃くてピリ辛のタレが掛かり、ワイルドな旨さが有る。 葱やキャベツが配われて居るし、メンマや味玉も添えられて居て、御得感がタップリ。 濃厚な味付けの為されたメンマは焼酎にもピッタリ。 で、麦焼酎を御願いした。 銘柄は「どぎゃん」、なんと扱いはメルシャンだが、淡麗系で円やかな味わい、かも。 前回同様に此処では伝票は自己記録制。 ビールや焼酎は、自ら「正」の字を書いて対応。 でも、酔うと判らなく為りそうだ。(知らないよぉ) 鶏皮には、今回も塩を付けて頂いた。 少しピンク掛かった塩と白い塩をブレンドしたものに付けると一層美味。 試作品の麺を色々と頂く。 海苔を練り込んだものやコーヒーとか、何とか… うむぅ、面白いものだな、製麺と云うのも。
つけ麺も出来るように為って、メニューから小生の直筆が消えたのは残念だ。 でも、この夜も主麺は「らぁめん」。 海苔を練り込んだ太縮麺は少し平たくて、若干ウェイビー。 相変わらずの歯応えで確りして居る。 ま、スープも強面(こわもて)の儘なので、此れ位で無いとパートナーは務まらない。 其のスープは、濃い。 濃くて、魚介が強い醤油味。 少しハーブと云うか薬草の香もするが、此れは煮干の変化かな。 何れにせよ、生田氏らしい力強い一杯。 次回はつけ麺を御願いしたいな。 丁度、御待ちの御客様が現れたタイミングで、伝票を締めて(暗算は怪しい?)階段を下る。
娘と別れて、湘南新宿ラインの最終に乗り、携帯のタイマーをセットして… なんて事が、出来る時はタイマーに頼らずとも乗り越さないものなのだ。
Baku
posted by claris1 at 00:05| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

めん屋そら@神田 7回目位だろう

昼休みにみどりの窓口へ。 駅に一番近い評判店は屹度、「そら」。
で、久し振りに束ねたカーテンのような暖簾を擦り抜ける。 この週のつけ麺は「ごまつけ麺」との事で、余り迷わずに此れを御願いした。 スープと別皿に盛られた具が先に登場。 具とは、葱、水菜、メンマだが、メンマの貧弱さが歴然なので、別皿にするのは如何なもんだろうか。 あ、其れに固茹の味玉が半分。 固茹玉子なんて昨今は珍しく嬉しかったのだが、此れは取り立ててどうって事は無かったな。 少し橙色した胡麻色のスープは可也甘いものの、結構美味しい。 ま、胡麻スープってそうそう不味くは為らないものだが… 合わせる麺は妙に白い300gのやや太目、やや平打って感じでウェイブは少々。 余り特徴の無い麺で、其儘頂いても良くも悪くも無いって感じで、なんとコメントしよう。 喰感も普通、だ。 だが、スープとの相性は流石に宜しいようで、胡麻とのコンビネーションで救われる感じだが、まぁ、そりゃあ、一緒に喰うモンだから、其れで文句は無いんだが… そう云えば、思い出した。 何時も、不味くは無いんだけど、何と無く中途半端で満たされない気分に為るので、余り足が向かないんだった。
Baku
posted by claris1 at 00:30| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

麺処きせき@茗荷谷 其の2

雨の月曜日。 このコンディションだと Hideki 君の「麺処きせき」が気に為る。 御茶ノ水経由では無く、大手町経由で茗荷谷へ。 湯立坂を下って、右に曲がると一際明るい照明が誘蛾灯の様に見えて来る。 10年前の藤沢時代の「めじろ」を思い出させるような印象だ。 何だか妙に懐かしい…
前客2、後客も2だ。 最初に瓶ビールを御願いする。 此処でビールを呑むのは初めてだ。 御負と称する御摘は、メンマとチャーシュウ。 御勧めを Hideki 君に問うと冷やし、亦はつけ麺との事。 未だ暑くは無い気温を考慮して、つけ麺を御願いする。 醤油スープにカレーのオプションで、100円を追加。 スープは透明感が高く、つけ麺のスープにしては然程に濃くは無い。 如何にも Hideki 君のスープと云う印象。 でも、濃くは無い処に豊富な具材が詰め込まれて居り、そんな単純な味には為って居ない。 其処にカレーのオプションを少しづつ溶かして行く。 Hideki 君の自信作のカレー味噌は、其儘頂いても充分に美味しいが、スープと出逢うと更に価値を発揮する。 葱と大蒜と… 何かな? 醤油つけ麺のスープに合わせるのは、相当にイケる。 スープ用のカレーと云う訳だ。 一方の麺は、浅草開化楼の平打太縮麺。 恐らくは無限庵が、鶏白湯に使って居るのと同じだ。 凪渋谷でも鶏白湯にはこの麺を使うそうだが、小生の印象からすると、つけ麺により適して居ると思う。 ジェントルな Hideki 君のスープだと、ちぃ麺等を使うと麺が目立ち過ぎるようになってしまうそうで、これ位が適正らしい。 確かにスープの持ち上げ方も充分だ。 無限庵で鶏白湯を頂いた時には、此でも未だ麺が幅を利かせて居る印象だったのだが…
Hideki 君の塩スープは凪の頃から、評判が良いので、次回は塩つけ麺を頂いてみたいものだ。
Baku
posted by claris1 at 23:55| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無限庵@神田 7回目

最近、妙に忙しく、アーティクルがバックデートアップデートばかりだ。 「17時」のビフォーもアフターも慌しいのだが、アフターの方は自業自得。 アーティクルは時間を見つけて EMONE で書くのだが、帰宅すると朝が早いせいも有って、何もしないで寝てしまう。 …ってか、帰り遅過。
この日の昼喰は、無限庵。 朝、NHKTVで凪の西尾さんの緊張した寸劇を拝見したので、渋谷に伺いたかったのだが、そんな訳にも行かず、だ。 この日は鶏白湯と決めて来た。 最近、彼方此方で鶏白湯のスープを頂くので、玄さんの其れももう一度味わっておこうと云う次第。 昼休みのサービスのサラダと云う名のレタスと貝割をボールに盛る。 御飯は頂かないが、このサービスは嬉しいかも。
スープは中々嫋(たお)やかで優しさを感じ、其中に適度なインパクトの鶏風味がドリフトする。 糸唐辛子は兎も角、水菜・蘖、葱等の野菜の風味がスープのテイストとしっくり来ないように思える。 水菜よりも前回の菠薐草の方がベターだ。 チャーシュウは些か時代掛かった風味だが、嫌いじゃないテイスト。 麺なのだが、前回もこの平打太縮面だったっけ?? この麺の喰感とか風味自体は悪く無いのだが、鶏白湯スープにマッチして居るのだろうか? 何だかスープが麺に押されてしまうようなそんなイメージなのだ。 前回はそんな事は少しも感じなかったのだが、この日は小生の体調がイマイチ(前夜に大幅乗越)だったので、其のせいかな? 丼の中の纏まりに?が付いてしまった。
相変わらず、御店のオペレーションからは不慣れな印象を拭えない。 この日に至っても、喰券をカウンターにどのように並べるか…なんて、議論をして居る。 もう、開店して3ヶ月近いのに、ね。
Baku
posted by claris1 at 23:44| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。