2008年05月14日

今日のワイン 其の196

ルチェンテ ルーチェ・デッラ・ヴィーテ
Lucente Luce della Vite 2005

めじろ川崎のユウタ店長に藤沢迄足労を願って飲んだ1本。 場所は藤沢での喰事に良く伺うポルタヴィーノ。 居酒屋さんで話して居たのだが、余りに煩くて移動して来た。 最近の若者はどうしてあんなに大きな声で話すのだろう。 耳の遠く為った私の方が逃げ出すと云うのは、可笑しな話だ。 ポルタヴィーノ(ワインの港と云う意味だが)には、イタリアのワインがそこそこ揃って居る。 ワインリストからピックアップしたのは、「ルチェンテ」。 そう、あのルーチェのセカンドラベルだ。 横浜の REAL で頂いた99年のルーチェは旨かった。 でも、ワイン友のTG氏の97年ヴィンテージ評は辛口だったな。 然う々ルーチェなんか飲んで居られる身分では無いので、責めてセカンドをと云う訳だが、良い御値段。 ネットプライスの丁度、倍かな。 でも、この店の雰囲気は好きだ。
リストのヴィンテージは2004年。 スタッフが随分セラーを漁って、出て来たのは2005年だった。 こう云う状況での選択肢は、3つ。 「断る」、「受け入れる」、そしてもうひとつは、「値切る」だ。 小生のキャラでは3番目は無いので、この夜は丁寧な御兄さんに敬意を表して、アクセプト。
ルーチェ・デッラ・ヴィータ社、ランベルト・フレスコバルディとティモシー・モンダヴィの話は前回散々書いたので、パス。 (先日、衛星放送でもモンダヴィーノを流して居た) 何れにせよ、ルチェンテの2005年だ。 此処のボトルは所謂、スーパートスカンだが、サンジョヴェーゼで高名なブルネッロ・ディ・モンタルチーノでメルロを栽培して合わせた事で知られる。 2005年はメルローの比率が50%で、サンジョヴェーゼ35%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%だ。 他のヴィンテージよりもカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を上げて居るようだ。 其の心は?
テイスティングすると流石に硬い印象で、デキャンタージュを御願いする。 紫掛かった色合いはややくすみを感じるが麗しい。 少し時間を掛けた方が良さそうだ。 ソフトな果実味が売りの筈だが、大分印象が違う。 スパイシーでタンニンもややキツメだし、ザラつく感じさえ有る。 チェリーやブルーベリーのテイストも青くて、如何せん若い。 恐らくは2004年でも余り変わらなかったろうが、少し後悔。 此れは熟成タイプだったよねぇ。 若くして散らした小生が間違って居たと大反省。 居酒屋で呑んだ壱岐っ娘で判断が鈍ったよねぇ。
尚、トスカーナのヴィンテージ情報として、「2005年は、イタリアにとって可也複雑なヴィンテージで、トスカーナ地方でも収獲が例年よりも遅れたものの、申し分のないブドウが収獲されました。」との事、微妙〜。
Baku


posted by claris1 at 23:31| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のめじろ 其の399

奥さんのダンスの発表会に来て下さった友人一家と会喰の後、娘と二人で川崎に「戻る」。 昼にユウタ店長の物言いたげな様子が気に為って居たからだ。 ユウタ店長も小生が再び遣って来る事を予知?して居たようだが…
先ずは、チャーシュウやメンマを摘みに一杯頂くが、小生は富の宝山で、娘は壱岐っ娘。 娘は小生が昼にパスした「冷やし塩煮干」も御願いしたようだ。 ガラスのボール状の丼は涼しげだが、サイドから見るとスープ中の麺の様子が見えるのが奇妙な気分にさせる。 冷水で締める分、麺は相当に固く為る。 御嬢さんの印象では、もう少し柔らかくても…との事だ。 小生的には此れでもギリOKだ。 スープの底には煮干等の残滓が沢山有るが、思った程には煮干を感じない。 焦がし葱で飾った白髪葱が乗るが、冷たいスープの場合は、白髪葱が麺と分離しがちなので、量は此れより増やさない方が良いと思う。 白胡麻の風味やメンマのテイストも充分で、冷たいスープにも充分に対応が出来て居る。 一方で、このチャーシュウは、冷えたスープには合わない。 脂分が多く其れが固まるので、実際以上に脂・油してしまう。 味玉に就いては頂かなかったので、コメント不如意。
と、娘のグラス丼から摘喰をして居ると、ユウタ店長がもう一杯提饗して呉れた。 其れが、「冷やし味噌濃厚バージョン」?だ。 どうしても喰わせたいらいしいねぇ。(笑) 麺の量を少なくして、スープ主体に試喰させて頂いた次第。 色々の方から、料金を支払わずに試喰した場合には特に正直なコメントを出す、と伺った。 小生も何時も大体(苦笑)正直に書いて居るつもりだが、よりストレートな表現をして見ると、此方のスープは「重い」。 歳のせいで若者が感じる以上にそう感じるのだろうとは思うが、胃に落とし込む途中で食道に引っ掛かる感じと云うと流石に大袈裟だが… 赤ワインやパルメザンチーズと云うアイデアは面白いと思うが、どうにも「詰込過ぎ」で、濃厚さが求められる「冷やし味噌」でも、元々甘味辛味が深い味噌のスープなので、もう少しライト仕立てでも良いのでは無いだろうか?
Baku
posted by claris1 at 00:16| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

今日のめじろ 其の398

奥さんのダンス発表会の前に川崎に寄る。
日曜日、如何にも混みそうな13時30分。 券売機の前には10人程の行列が出来て居る。 思わず他店の行列に目を遣ると、なんつっていさんには敵わないものの、他の店とは勝ち負けに為って居るようだ。 10分程で丁度カウンターの中程に案内される。 この日は4人体制だが、ユウタ店長と一番若いスタッフのMZさんのコンビネイションが良いのが直ぐに判る。 とても忙しいオペレーションでは有るが、良い意味で楽しそうだ。 其の雰囲気が店内に広がり、イメージアップに繋がって居る。 何時ものように溌剌とした声が響くが、この日は二重唱だね。
「塩煮干の冷やし」や「冷たい味噌の濃厚仕立」が有るとの事だが、寒いし、煮干とか濃厚味噌と云う気分では無かったので、折角の御申し出を御断りして、焦がし葱ラーメンを頂く。 いや、変わったタレが気に為って居たのだ。 この日の作品には出汁に工夫が感じられ、前週の昼に本店で頂いた強い醤油の風味に抑制が掛かって居る。 上手く出汁がタレに歩み寄った印象だが、其れでも尚、以前のテイストに想いが馳せる。 勿論、事情や意図が有ったのだろうが、小生は前の味の方が好みだと云うのが、正直な処で有る。 麺は相変わらず、独自の喰感のオリジナリティが充分。 ま、此は此で宜しいと云う事だ。 チャーシュウとメンマは何時ものように充分な旨味が溢れて居る。 焦がし葱は、焦がし具合がギリギリと云う処で、もう少し焦がしの程度を抑えても良いんじゃないかと思う。
非常に好印象の店内だが、ユウタ店長には常にストレスが掛かって居るようだ。 悩みや吐きたい想いは山程、かな。
Baku
posted by claris1 at 00:28| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

F1 2008 トルコGP 決勝

フェラーリはソフト、マクラーレンはハードと云う最初のタイヤ選択。
PPから先行、逃切を狙うフェリペのスタートは良かった。 透かさずルイスが放されまいと必死に喰らい付く。 更に躙り寄りコンマ7秒迄迫って、16周目にPI。 給油少な目で、3ストップ!だ。 この間、フェリペは確り飛ばしてPI、再びソフトタイヤを穿いて、ルイスの前に戻る。 一方、ヘイッキはキミとの接触に依るタイヤのトラブルで早々のPIで後方に沈む。 キミは余り良いスタートでは無かったし、ライン取りの妙も有って、ロバートばかりかフェルナンドにも先に行かれてしまう。 立ち上がりの良いソフトタイヤが奏功して、フェルナンドをパスするものの、4番手の儘。 だが、PIで3番手に上がる。 セカンドスティントでも、ルイスがフェリペを猛追する状況は続き、24周目に軽いルイスが720mのストレートエンドでインから差す。 フェリペは3ストップのルイスに10秒以上放されてはイケナイ。 32周目にルイスは2回目のPI。 戻ったのキミの3秒後ろ。 此れでPI要件は3車同条件。 此れで、キミをルイスとの間に挟むフェリペは安泰。 最後のPIを済ませて、3連覇への御膳立てが整う。 フェラーリのワンツーかと思いきや、45周目でルイスが最後のPIでキミの前に戻る。 マクラーレンの3ストップ作戦が成功したと評価出来る。
フェリペの3連覇は立派、ローンチコントロールやTCが無いマシンでも勝って見せて、雀共の口を封じた。 トロフィーを大統領から受け取って、御機嫌。
Baku
posted by claris1 at 01:14| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

F1 2008 トルコGP 予選

此処は譲らない、其処迄の意地は感じられなかったが、フェリペが然程の苦労を感じさせずにPPを獲得。
名物の8ターンからの走りも一番スムーズだったし、好きなコースなんだろう。 一方、2番手はヘイッキ。 最新のセイフティ技術と神の手に守られた彼は、女神の手も携えてのファーストロウ。 気が付けば、ルイスが3番手。
国際映像のリプレイシーンの表示にミス。 フェルナンドに閊えたのがキミとの表示で、解説諸兄は此れがキミのタイムダウンの原因と喧しいが、この赤い車はアウトラップのフェリペだろう。 計量場でフェリペがフェルナンドと妙に親しげに話して居たのは、この件か?? で、其の後同じシーンを少し手前の別カメラで捕らえた映像が流され、其の表示は正しく、フェリペと出た。 但し、直後にもう一度、最初のカメラの映像が再び流されたが、其れにはパイロット名の表示が無かった。 国際映像のミスでは有るが、御粗末なのは解説の皆さん。 状況が判らずに混乱。 後刻、キミは自分のドライビングミスとコメントしたが、何れにせよ彼らしく無いタイムでインタビューの対象から外れる。
Baku
posted by claris1 at 12:27| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の渦 其の166

奥さんは舞台稽古とかで朝から不在なので、凪同様に連休以来御無沙汰だった渦に向かおうと傘を広げる。 F1の中継を観終えると空腹を覚えて、肌寒い本降りの雨の中を本鵠沼へ、と云う次第。 この雨の中、其れも22時と云うのにカウンターは満席で、テーブル席に滑り込むような状況。
この夜は芳実店主とお母さんの二人体制で、一寸大変そうだ。 先ずは勢いでビールを一杯。 久し振りの訪問なら、ヒナダレは当然。 渦のチャーシュウは、タレが美味しい。 いや、こんな表現をすると亦、芳実店主からクレームが来るが、肉の旨味と柔らかい喰感にとても合ったタレが施されて居るし、盛付の美は何処にも負けない。 久し振りに伺ったのでワインを所望して、最後の1本の赤を出して頂く。 そんなタイミングでカウンターに空きが出来て、常連の枕に「超」の付く先輩の御隣で、ポテトサラダを摘みにテッレ・デル・グリコを頂く。 とても細いダンディなボトルは、如何にも店主の趣味心を擽りそうなデザインだ。 前回も書いたように、葡萄の種類こそ日本では馴染みの少ない物だが、味わいは日本人にはアクセプトし易いタイプと思われる。 お母さんのポテトサラダとも仲が良さそうだ。 主麺は「冷やしつけ麺」が有ると云うので、有り難く頂く。 だが、…そうだった、渦のつけ麺系の麺の量は多かったのを忘れて居た。 勿論、つけ麺だけ頂くので有れば、300gでも胃の腑に収まるのは、燦燦斗で証明済みだが、此程頂いた後ではこの麺量は無理。 で、初めて麺を残してしまった…ゴメンネ。 次回からは必ず小盛で御願いする事を忘れないようにしよう。 前回はちゃんとそう御願いしたのに、この夜は酔っ払っていました、かね。 茗荷と白胡麻の浮く冷たい醤油ベースのスープは、何と云うか、香草風味が漂う独特のテイスト。 其れに平打麺が良くフィットして居る。 この夜は2ヶ月も季節が戻ったような気温だったが、此れからはこのキレの良いスープの冷たいつけ麺がヒットしそうだ。
で、喰べ終わったのはラストオーダーを小一時間も廻ってしまった頃。 クタクタの筈なのに芳実店主は厨房のクリーアップを欠かさない。 其れも普通の感覚なら「中掃除」位には匹敵しそうな徹底振りだ。 この普段の努力が清潔でクリーンな店を維持して居る。 そして其れは間違い無く、渦の人気の一端を支えて居る。
遅く来ての長居、そうでなくても御疲れの二人の足を引張ったと反省してタクシーに乗り込む。
Baku
posted by claris1 at 09:37| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のワイン 其の195

カステッロ・バンフィ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ・ポッジョ・アッローロ
Castello Banfi/Brunello Di Montalcino Riserva Poggio All'Oro 1999
TG氏が洒落たワインバッグから取り出した2本目。 氏は小生の嗜好を良く御存知だ。 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、最近、小生が一番良く口にするのはサンジョヴェーゼに為ったかもしれない。 で、バンフィで有る。 モンタルチーノで知らぬ者は無い規模の葡萄畑は800haだそうで、先日のサン・ポリーノの400倍!の広さと云う計算に為る。 アメリカンドリームの象徴と云われる事も有るようだが、規模のデカさやUSと云う語感から来る、大雑把(失礼)なイメージとは全く違う味わいの1本。
グラスに注いだだけで、幸福感に溢れる香りが棚引く。 パワフルでも有り、淑女の嗜みでも有る、秀でたサンジョヴェーゼだけの世界が其処に揺れる。 味わいも其の世界にドップリで、甘く酸っぱく、優しくて頑固、上品だが御転婆。 深い凝縮感の中に相反する要素を沢山有して、そして其のバランスの際で構成される。 そしてブルネッロならではのやや太めの糸を引くようなアフターが幸せの時間を延長して呉れる。 此れに酔わずして何を語ろう。 当にポッジョ・アッローロ、金の丘から来た1本。
Baku
posted by claris1 at 01:20| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のワイン 其の194

プリューレ・ロック/ニュイ・サン・ジョルジュ・クロ・デ・コルヴェ・プルミエ・クリュ・モノポール
DM. Prieure Roch/Nuits-St-Georges Cols Des Corvees Premier Cru Monopole 1999
中々御一緒出来るタイミングが合わなかった、ワイン友のTG氏と氏の行き付けのワインバーで待ち合わせ。 何時も氏が其の時々に合わせたボトルを提供して下さるので、其れを楽しみに伺う。 この夜の1本目は、プリューレ・ロック。 ニュイ・サン・ジョルジュのビオワインとして名を馳せて居る。 尤も「ロマネ・コンティ社の共同経営者」と云う肩書?の方が更に知れ渡って居るのかも。
グラスの中の液体には非常に細かい粒子が泳ぎ、ピノ特有のルビーの色を乳化させて居るようにも見える。 ブーケにはとっても不思議な独特の還元香が有る。 此れこそがビオの証かしらん? ビオと聞かされなければ、そんな風には思わないのだろうが… ミネラル分の高さとベリーや紅茶の味わいだが、其の数字以上にアルコールの濃度を感じる。 変転の少ないタイプかと思いきや、随分の変化を楽しめる。 酸味が抑えられて、少し土っぽいイメージさえもエレガントで、タンニンに依る芯の強さは流石である。
今回のエチケットのフォトは氏が丁寧に剥がしてスキャンしたものを拝借したのだが、何とも幅広で… 左端の象形は「木・人・神・葡萄を表す」と氏が宣ふ。 21世紀のヴィンテージから、エチケットのデザインが変わったようだが、此方の方がずっと素敵で有る。 だが、このブログの仕様でこの幅に為ると解像度が落ちる。 (不満) 処で、このボトルって、高価なんじゃないでしょうか。
Baku
posted by claris1 at 01:15| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

今日のめじろ 其の398

金メジ、早い時刻に代々木に到着。
店の前で出勤して来たオヤジさんとバッタリと云うタイミング。 夜はK君とH君の二人体制。 金曜日の夜とは云え、オヤジさんが厨房に立つ事は無い。 この日から摘みが改定。 値下げ!した手羽先に加えて、ネギ玉、ジャーマンポテト、其れに「辛いよ」(決して「つらいよ」と読んではいけない)だ。 ビールを御願いして、オヤジさんの御勧めに従って、ネギ玉を頂く。 此は葱とチャーシュウを厚焼玉子に収めたものだ。 玉子の旨さは云うに及ばず。 チャーシュウも勿論だが、タップリの葱が「めじろ仕様」で美味しい。 此はオヤジさんの監修かな? 馬鈴薯好きな小生としては、ジャーマンポテトもトライしない訳には行かない。 カットサイズと粉吹具合、其れにしっとり感はジャーマンポテトと云うよりも「肉じゃが」だ。 豚肉では無くベーコンなのが、其れっぽいかな。 ま、ジャガイモは好きなので…OK。
前夜のワインが効いて居るので、セラーのモンテスはパスして、久し振りに壱岐っ娘のボトルを手にする。 店内が一般の御客様を含めて、満席に為ったタイミングで外のベンチに移動して、オヤジさんと呑む。 やや冷たい風だが、気持ち良い季節に為った。 常連さん、一般の方が次々に来られて、120%程度の混雑状態が続くので、中々店内に戻れない。 外の席を他の常連さんに交代して頂いて店内に戻るも、既に終電の時間が迫り、FILE さんに途中迄帰路を付き合って頂き、引き上げる。
この夜の金メジスペシャルは、K君の天津麺だったが、この日はパス、と云う事で…
Baku
posted by claris1 at 01:18| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

凪@渋谷 其の113

GWの後半は、凪も連休して居たので、随分と御無沙汰をしてしまった。
其処でこの日はオフィスを移動する際に渋谷を廻った。 此処2、3日の夏の陽気は収まったが、何時の間にか坂を登ると額に汗が滲む季節に為った。 西尾さん、バンタムさん、気付かぬ内に夏さんも厨房に。 頂いたのは、凪つけ麺。 前夜にワインを沢山頂いて居たので、優しい一杯を欲して来た。 久し振りの凪のつけ麺だが、スープが凪豚骨なのが嬉しくて安心。 不断(ふんだん)に葱が振る舞われて居り、この風味がスープにも麺にもマッチする。 このスープには鰹節もタップリ効いて居るのだが、嫌な癖が出て居らず、豚骨風味と良いコンビネイションだ。 麺は太めの腰が確りしたタイプ。 此も久留米の麺じゃなかったかな。 風味が高くて喰感も良く、つけ麺に適した麺だ。 チャーシュウも其れ程、脂身では無く、シニアにも充分にOK。
いやぁ、やっぱり凪のつけ麺は良いなぁ。 満足、満足。
生田さんの新宿ゴールデン街の店も準備が整いつつ有るようで、其れも亦、楽しみな事だ。
Baku
posted by claris1 at 23:58| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。