2008年05月31日

無限庵@神田 5回目

この日の昼喰は此方へ遣って来た。 前評判の高い「玄流」では有るが、其程何時も賑わって居ると云った感じはしない。 其処で、色々と梃入を図って居るようだ。 「瓦版」の発行もそのひとつだが、其れには沢山の新メニューが掲載されて居る。
「つけ麺祭り」も其のひとつだが、3種類の麺と6種類のつけダレの組み合わせは、18通りと云う事だね。 特に麺の欄には「負死鳥カラスプロデュースの特製麺」の文字が躍る。 730円の喰券を購入して組み合わせたのは、極太麺と鶏白湯(醤油味)。 スープに関しては、初心貫徹なので有る。 極太麺の茹で時間は8分! 幅の有る平打麺は丸で棊子麺だが、密度が高い。 相当な腰が有り、喉越しを楽しんで居ると消化不良に為りそうだ。 ワシワシ、ムシャムシャが正しいかもしれない。 其分、風味がダイレクトに伝わって来る。 中々、旨い麺だ。 矢張、山葵が添えられて居るのを良い事に1/3程は、タレを付けずに皿から直接、喰べる、喰べる。 スタッフを驚かせてしまったかな? 刻み海苔は接着効果が出るので別皿が良いなぁ、とは思うが、極太麺なので細麺より状況はマシだ。 ボリュームは300g以上との事なので、御腹に余裕が有る時に御勧めだ。
扨、醤油の鶏白湯スープだが、中々美味しい。 極太麺なので、アッサリ味のスープが向かないのは当然にしても、濃厚と雖も結構なスッキリテイスト。 鶏も醤油も良い感じでバランスが取れて居る。 鶏は本宮烏骨鶏と云う貴重な鶏らしい。 難しい話は判らないが、確かに良い鶏風味は感じられる。 少し焦げたチャーシュウ片が入って居るのも嬉しい。 白胡麻に加えて水菜と貝割が浮いて居る。 麺の1/3はスープを付けないで頂いたので、スープは結構残ったが、美味しく飲み進める事が出来た。 今回の鶏白湯スープは、初めて玄さんの腕の確かさを感じ取る事が出来たような気がした。 本人は御不在でしたが…
Baku


posted by claris1 at 19:12| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のめじろ 其の407

暫くオヤジさんの顔を見て居ない様な気がした。
前週の金メジは早退してしまったし… で、週中の夜に、居るか居ないか判らないオヤジさんを訪ねて代々木に伺う。 カウンターの奥でポツネンとグラスを傾けるオヤジさんの隣に滑り込む。 でも、何だか元気が無い、ね。 聞こし召して居るせいかなぁ? 取り敢えず、乾杯した処に珍客登場。 K青年だ。 以前に渦を手伝って居た事も有る彼も留年せずに大学2年生。 速いものだ。 改めて、3人でグラスを上げる。 ま、こう為れば、財布は小生の任、何でも喰えや、で有る。 小生はジャーマンポテトを、K青年は、「辛いよ」、「ネギ玉子焼」等。 2杯目のビアグラスを空にして、キープして有った壱岐っ娘にシフト。 直ぐに空に為って、ニューボトルって、呑み過ぎだべ。 其れに小生の悪い癖、摘みは摂らずにグビグビ、ロックで行っちゃう。 御疲れのオヤジさんを見送って、暫くK青年と旧交を温める。
K青年と別れた後、黄色い電車に乗ったのが失敗。 …此処は何処だ? 本八幡! 豪い回り道で漸く終電の1本前をキャッチ。 危なかった。 我乍、馬鹿じゃなかろうか、Sigh...
Baku
posted by claris1 at 18:56| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20080528 昼_山頭火@神田

此処のラーメンが御好きと仰る方とのミーティングが昼前に終わり、御付き合いする事に。 随分前の話だが、柔らかいチャーシュウと梅干を乗せたラーメンで評判を取った店が、恵比寿駅近くのマンションの1階に有った。 一度、伺ったのは何時の頃だったろうか? 最近では「山頭火に似て居る」と云う表現を散見するので、今でも高名な御店が其処に有ると思って居た。 只、チェーン店の「一蘭」と並び称される事に多少の疑問も感じては居たのだが、この日、御一緒した店で疑問氷解。 「山頭火」も厳然たるチェーン展開して居たのね。 ショップカードには、米国の4店を含めた51店舗!も記載されて居る。 何時の間にこんなに増殖して居たのだろう。 「10年一昔」以上の話だ。 もう、あの恵比寿の味等、記憶の片隅にも有りはしないが、多くのラーメンブログに書かれて居る通りの味わいで、思わず苦笑い。
頂いたのは、特製とろ肉ラーメンの醤油味。 なぁんと、1200円だ。 朝倉啓太先生も庶民の昼飯は1000円でも高いと仰る。 況してや、ラーメンが1200円。 記憶の中に有る、柔らかいチャーシュウが旨かった店でも、「トロ肉」と呼ばれて居たのを思い出しての選択だ。 トロ肉だけでなく、薬味の葱、メンマ、海苔、鳴門の全ての具が別皿で饗される。 丼に浮かぶ麺の上には、白胡麻だけが乗る。 スープを啜ると豚骨醤油。 醤油以外には塩、味噌のタレが用意されて居るようだ。 成程、一蘭と比べられるのも宜為る哉。 不味くは無いが、如何にもFC系の味でコクが足りない。 比較的ライトに仕上げて有り、豚骨の臭み等は無く楽に頂ける。 だが、豚骨で名を成した独立店と比べられるレベルではなく、淡白、単調な味わい。
一方、麺はやや粉っぽい風味に共感出来なくも無いが、スープ同様に珍香も焚かず、屁も放らず(失礼)と云うイメージ。 繰り返すが、不味いとは云わないが、如何にも、如何にもFC店の味だ。 トロ肉は、確かに美味しい。 少し嘘臭いのは、化学調味料の味かもしれないが、テイスト自体は悪くない、いや、好きなテイストだった。 スープに浸しても当てで頂いても宜しいんじゃないかな。 良かった、メインのとろ肉が美味しかったので、1200円に然程の後悔は無かった。
Baku
posted by claris1 at 10:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海鳴@鎌倉 其の79 / 湘南ワインセラー

日曜日に行われる予定の渦の開店2周年記念のイベント用に、過日の花見にも用意して好評だった「RN13」を調達に鎌倉へ遣って来た。 鎌倉なら海鳴に来るし、と云う事で送料をケチった次第。 一度、御伺いして見たかった「湘南ワインセラー」は、材木座海岸に面して居ると云っても良い程に海に近い爽快なロケーション。 此処はネット販売をメインにするワインショップだ。 材木座を「湘南」と呼ぶのが妥当かどうかの議論はさて置き、鎌倉駅からは徒歩では30分程掛かる。 流石にバスを利用したが、バス停からは30秒。 だが、知らなければ誰にも気付かれない路地の奥だ。 広くは無い店内には、所狭しとセラーやボトルが並ぶ。 ネット販売の拠点も此処なのだろう。 奥様はPCにしがみついていらっしゃる。 取り置きして頂いて居たRN13を3本ラッピングして頂いて居る間に在庫を拝見する。 カジュアルなものから値の張るボトル迄、中々の品揃えだ。 イタリアのワインも数を置いているようだが、セラールームのショーウィンドウで見つけたのが、「PERTIMARI」。 ブルネッロだが、エチケットのヴィンテージに目が届かず、奥様に伺うと、即座に「2001年です」との御答。 ほぅ、記憶されて居るのですか… 折角、遙々遣って来たのだから、記念に此れを頂いた。 (後で知ったのだが、ワイン友のTG氏が次回に購入しようと考えていらっしゃったのがこのボトルだった、とは。) 販売プライスがもっと安いネットショップは幾らでも見つかりそうだが、遣って来たからには多少の事は気にしないのだ。 流石に4本は重い。 以前なら欧州から7本も抱えて帰国したものだが、腰痛持ちに為ると材木座から駅迄も歩けない。 予め調べておいたバスの時刻に合わせて店を出ると、ほぼ定刻にバスは来た。 入れて下さったのは丈夫な袋なのだが、握りの部分が細く、指が痛む。 ま、此処にバスで来るカスタマーは、そうは居ないのだろうが、一考を御願いしたいものだ。
駅のひとつ手前のバス停で降りて、海鳴に向かう。 海鳴の位置は駅とこのバス停の中間なので、駅近辺の渋滞を考えると此れが賢いし、料金も20円安い。 そう、ワインの送料をケチると云う目的にも適った行動なので有る。

海鳴には、新しいスタッフの御嬢さんがいらっしゃった。 そう云えば、前週は顔を出さなかったな。 彼女にビールだけを御願いして、今井さんには叉焼を3枚炙って頂く。 夏日が続くように為ると、海鳴のビールと今井さんの叉焼の組み合わせに恋焦がれる日々と云う事だ。 うーん、この叉焼は小生には至高の作品だ。 タレが有るも良し、つけ麺に添えられたタレ無し(或いは薄い?)も亦、非常に美味。 そう、添えて有る叉焼は、スープには浸さないで頂く方が好みなので有る。 と、云う事で、この夜の主麺は塩つけ麺、細麺で御願いした。 かじや製麺さんの麺は小生の好みなのだが、特に海鳴の細麺、太麺共に訴えるものを感じる。 今井さんの茹で方も巧みなんだろうと思うが、喰感も風味も上々で、つい、スープに浸さないでパクパクと口に運ぶ。 スープも少し辛くて、塩がサポートに廻って、柚子が品性を醸して… 後は、何を入れて居るのかねぇ… 水菜や葱とのマッチングも良くて、実に旨く出来たスープだ。 出汁で割らずに完飲。 喰の安全に配慮して、穂先メンマを使わなく為って久しいが、小生としては復活を期待。 でも、安全、安心な品で御願いしたいのは云う迄も無い。
ワイン4本を提げて、辞去。 内装やメニューなど、翌月には一新するとの御話なので、亦、伺うのが楽しみだ。
Baku
posted by claris1 at 10:23| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 27回目

久し振りにとても旨かった。
「ますたに」の事で有る。 2週間程伺わなかったのは、無限庵を選んで居たからだ。 この日は、何故かとっても「ますたに」の味が恋しく為って、日本橋に足が向かう。 ホール係が一新して居て知らないスタッフばかりだが、「麺固1分、後は普通で、御飯は要りません」でOK。 麺だが、1分にしては少し緩いような気がするけど…、ま、大丈夫。 パキっとして居て美味しい。 葱を意識して麺に絡めて頂くのが、好きだ。 次回は40秒って云ってみようかとも思ったりして。 スープは、充分に濃くて味わいも文句の無い、ますたにの其れ。 禁断症状が出て遣って来たので、そう感じたんだろうなぁ。 丼を持ち上げ、息を吹き掛けて、背脂を追い遣ってから、スープを啜る。 中々、丼を下ろせなくて、結構、イってしまったな。 この日は上々の味に感じたが、ま、小生の味覚なんてそんなモンでしょう。 見事な「騙され風味」に満足して、店を出る。 次回はどう感じるんだろう。 怖いような、楽しみなような、である。
Baku
posted by claris1 at 10:10| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

今日のワイン 其の200

シャトー グロリア サン ジュリアン
Chateau Gloria St. Julien 1979
200本目と云う区切りのワインアーティクルに相応しいボトルは、ワイン友のTG氏とシェアしたもう1本。 2008年の元旦に2003年を開けて、早過ぎたかと一寸、後悔したシャトー グロリア。 今回は79年ヴィンテージ。 娘より年上のワインは久し振りだが、TG氏と御互いの79年を語り合う。 ワインを挟んでの御楽しみはこんな処にも有る。 格付けされて居ないにも関わらず、シャトーグロリアは、最近人気が高い。 況してや、79年だ。 実は先に抜栓だけはしておいたのだが、コルクに付着した酒石酸結晶が、丸でクリスタルのように美しい。 ワインの色がバックなので、紫水晶其物のようだ。

グラスを透かして見ると、褐色にシフトしたカラーが良く判る。 サン・ジュリアンらしい濃い目のブーケが上がるが、口に含むと甘い果実香が有る。 甘みはタンニンが後退して居るせいで、そう感じさせるのかもしれない。 濃縮感では無い熟成が非常に心地良く、柔らかい。 このワインが醸造されて、私の口に入る迄の29年。 私は何をどう過ごして来たのかなぁ…
エチケットのフォトは、TG氏に依る。

http://blog.auone.jp/baku893/entry/detail/?EP=21259639

Baku
posted by claris1 at 00:25| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

今日のワイン 其の199

ジャン・モニエ・エ・フィス/ポマール・エプノ・クロ・ドゥ・シトー
DM. Jean Monnier & Fils/Pommard-Epenots Clos de Citeaux 1er Cru Monopole 1996
ワイン友のTG氏から良いボトルが…と御誘いのメールを頂き、勇んで氏の御用達のワインレストランへ向かう。 中々珍しい1本ですよ、と仰り乍取り出されたのが、此れ。 クロ・ドゥ・シトーと云うからには、エプノでもシトー派修道院絡みの畑なんだろうな。 氏の解説に依ると、其処のフラッグシップとの事だから、ポマールの代表選手みたいなイメージだ。 96年ヴィンテージなので、最近のポマールの価格高騰を思うと小生には勿体無いかもしれない。
グラスに注ぐと優しそうなカラーでエッジに透明感が出る感じが珍しい。 ストロベリーのような甘い芳香が漂って来るが、テイストにも甘さが確かに感じる。 勿論、悪い甘さでは無く淑やかなものだ。 最初は酸味の尖りも感じるが、予想を裏切らないで直ぐに落ち着いて柔らかい印象が出て来る。 この頃に為るとタンニンの存在も感じられるように為り、甘さとのバランスに秀でて居る事に気付かされる。
何時も乍、氏の審美眼に適ったボトルは麗しい。 エチケットのフォトは氏が巧みに剥がしてスキャンしたものを借用。 ボトルの方は、ヴィンテージラベルが白飛…
Baku
posted by claris1 at 23:45| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

今日のワイン 其の198

セラーセレクション・シャルドネ / シレニ
2007 CELLAR SELECTION CHARDONNAY / SILENI
渦のカクテルナイトで皆で飲んだ1本。 前回迄は2006年だったが、2007年モノが早くも登場だ。 元々、CPには定評の有るボトル、と云うよりも大手のリカーショップが戦略的に仕掛けた「評価」とも云えなくも無い。 2007年は流石に御嬢さんと云うよりは、おじょうちゃんの雰囲気だ。 日本人受けしそうな、フルーティで少しスパイシーで、と云う造り。 爽やかな一杯を御求めの場合には、御勧めって処だ。
Baku
posted by claris1 at 00:10| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

燦燦斗@東十条 其の15

週始めに東十条へ。 赤羽から湘南新宿ラインを使えば、帰宅に然程の不便は無いのだが、遠い事には変わりない。 最高気温は28度にも達しようかと云う夏日。 そろそろ、ラーメンの季節では無く為ったかな。
頂いたのは自分で決めた順番に従い、つけ麺。 極太麺は何時も乍、凄い。 グニグニと噛み締めて喰べる気分だ。 でも、非常に風味が高く、麺だけでも楽しめる。 二口が三口に… と、麺だけでもスルスルと入る。 だが、燦燦斗はスープも亦絶品なので、ヤッパリ、トプっと漬けて頂くのが嬉しい喰べ方だ。 鰹節の香る豚骨醤油だが、奥の深さは特筆ものだ。 この不思議で偉大な両者が組み合わさる一杯は、無双の味わいだ。 そして、忘れては為らないロースト風のチャーシュウ! 此が、亦…なので有る。 だから、家路が遠くても遣って来るのだ。
いや、満足感一杯だねぇ。
御隣の御兄さんが、大盛のつけ麺をオーダーされたが、500gの極太麺って、凄まじい! 300gを喰べ終わったタイミングで見たので、尚更だったのだろうが、声も出ない、息も出来ない?
Baku
posted by claris1 at 21:28| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の渦 其の168

月末日曜日の渦は、Mさんのカクテルナイト。
漸く上がった雨の向こうには夕焼空が垣間見える。 前月のカクテルナイトの時と同様にNちゃんとシャッターポールで馳せ参じる。 定刻には席の数と同じ人数が並ぶ。 最近は芳実店主とお母さんの二人のオペレーションの事も有るが、Mさんに助っ人に入って貰うと段違いだ。 Mさんもカクテルだけで無く、八面六臂の大活躍。
一頻、皆さんの御注文を熟したタイミングで、ビールを御願いして乾杯。 更に、Mさんの手が空くのを待つ事、暫し。 で、モスコミュールをドライで頂く。 摘みには「蚕豆の鞘焼」。 此れも前月と同じだが、鞘の分厚い蚕豆は茹でるよりも、焼いた方が風味が損なわれずにより美味しく頂ける。 もう一皿、黒板から選択したのが、「色々野菜の素焼」。 山芋、茗荷、茄子、パプリカ、人参等をシンプルに焼いた処を塩で頂く。 新鮮な野菜だけに素材の旨さが直に感じられて、ホッとする。
忙しいMさんを更に煩わせて、セラー?から持って来て頂いたのは、SILENI のシャルドネ。 偶々居合わせた、ワイン友のTG氏始め、常連の皆さんに飲んで頂く。 珍しく奥さんも顔を出して、更に賑やか?に… 鶏唐とポテトフライのミックスを頂く。 久し振りだが、お母さんの鶏唐は相変わらずフックラと揚がって美味しい、ね。 檸檬で頂くと至福。 でも、此れで麺無い千鳥が決定。 何だか最近彼方此方で、この為体(ていたらく)だ。
上りの最終電車に合わせて、Mさん・Nちゃん御夫妻と4人で芳実店主に手を振る。 いや、皆さんに御迷惑三昧だったようで、奥さんに叱られたが、楽しい週末を下さった皆さんに多謝。
Baku
posted by claris1 at 00:00| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。